アジア選手権直前:間宮 佑圭選手コメント

間宮 佑圭選手

間宮 佑圭選手

10月27日からタイ・バンコクで「第25回FIBAアジア女子バスケットボール選手権大会(以下、アジア選手権)」が開催される。この大会は来年9月末に開幕する「第17回FIBA女子バスケットボール世界選手権大会」の予選も兼ねていて、上位3位までに入れば世界選手権の出場権を得られる。

大会を目前に控えたヘッドコーチ、選手のコメントを紹介する4回目は間宮佑圭。右ヒザのケガから復帰し、9月からチームに合流。まだまだゲーム勘やチームメイトとのコンビネーションに不安は残るが、それでも昨シーズンのWリーグ・シーズンMVPであり、得点王の彼女が加入したことはチームにとっても、インサイド陣にとっても大きなプラス材料となるに違いない。

――9月から合流して、今はどのような状態ですか?
間宮 東アジア競技大会ではもう一つ自分のペースが掴みきれないところがありましたけど、良いクッションだと思って、変にマイナスに捉えず、最終合宿に入っています。プレイとしてはまだまだなところもありますが、メンタル的には落ち着いて練習ができています。

――今年のチームはインサイドが大きくなっていますが、それについてはどう感じていますか?
間宮 昨年度のOQT(オリンピック世界最終予選@トルコ)とは全く違って、心強さがあります。昨年までは40分間戦わなければいけない、ファウルはできないと思っていましたが、今年は王(朝新喜)さんとタク(渡嘉敷来夢)がいることで安心してプレイができます。ただしそのことに甘えず、言ってみればチーム内のライバルが増えたので、切磋琢磨しながら成長できればいいなと思っています。

japan131025b――サイズが大きくなったことで期待も大きくなりますが、インサイド陣がやらねばならないことは何でしょう?
間宮 やはりリバウンドだと思います。簡単にセカンドショットを打たれないようにするディフェンスは毎回課題には挙げていますが、まだそこの弱さはあると思います。もちろん調子が良いときはうまくいきますが、波に乗れないときにいかにそこを徹底するか。そこに弱さを感じているのでリバウンドを一番に挙げたいです。

――とはいえ、東アジア競技大会では中国戦、台湾戦ともに同じほどのリバウンド数が獲れていると内海知秀ヘッドコーチがおっしゃっていました。
間宮 リバウンドの数が同じでは試合に勝てないので、絶対に上回らないといけません。リバウンドの数で相手チームより上回ることが課題だと思っています。

――インサイドを強調する一方で、アウトサイドとの連動性も重要になってきます。その点についてはどう考えていますか?
間宮 先日の東アジア競技大会では、ポストにボールが入って、シュートが打てるのにアウトサイドにパスを出してしまったり、逆にパスを出せるのに自分で無理矢理シュートに持ち込んでしまったり、うまくバランスのとれていない場面がいくつかありました。そのようなときはチームも波に乗れていませんでした。今年はインサイド陣も強いし、アウトサイドシュートもすごく決まるチームです。そのバランスこそが一番の強みでもあるので、インサイドとしては何とか良い判断ができるようにしたいです。もちろん攻める気持ちは忘れてはいけないけど、だからといって気負わずに的確な判断ができるようにしたいと思います。

――間宮選手自身は一昨年のアジア選手権(大村)にも出場しましたが、躍進を遂げたのは昨年のOQTでした。今回のアジア選手権はどのように臨みますか?
間宮 大村のときと今ではチーム内の立場も、求められていることも全然違います。そういう意味では、初めてのアジア選手権だというくらいの気持ちで臨みたいですね。

――大きくなったインサイド陣を引っ張る立場です。
間宮 王さんやタクの存在は心強いけど、今はまだそれぞれに波が出てしまう脆さがあります。私としては上から目線でインサイド陣を引っ張るように積極的にならなければいけないし、それくらい強気なほうが自分らしいプレイができると思っています。少しくらいダメでも落ち込まずに、それでもチームを鼓舞できるように、プレイだけではなく精神面でも今までの経験を生かして貢献したいと思っています。

確かに今年の女子日本代表は間宮、渡嘉敷、王といったリーグを代表するインサイド陣が集結し、高さも当たりの強さもある。しかし精神的な強さはどうなのか。最後の言葉どおり、間宮がインサイドのリーダーとして精神面での貢献を果たしたとき、間宮自身も、日本のインサイド陣ももう一つ厚みを増し、チームの柱になりうる。

女子日本代表のアジア選手権・予選ラウンド対戦スケジュール

10月27日(日)14:00〜 対カザフスタン
10月28日(月)20:00〜 対チャイニーズ・タイペイ
10月29日(火)20:00〜 対韓国
10月30日(水)16:00〜 対インド
10月31日(木)16:00〜 対中国
11月2日(土)準決勝
11月3日(日)決勝
*すべてタイ時間。日本との時差:マイナス2時間。例)日本22時=タイ20時

JBA:第25回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会特設サイト
FIBA ASIA:第25回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会サイト(英語)
フジテレビNEXT:TV放送スケジュール

文・三上 太