アジア選手権直前:渡嘉敷来 夢選手コメント

渡嘉敷来夢選手

渡嘉敷来夢選手

10月27日からタイ・バンコクで「第25回FIBAアジア女子バスケットボール選手権大会(以下、アジア選手権)」が開催される。この大会は来年9月末に開幕する「第17回FIBA女子バスケットボール世界選手権大会」の予選も兼ねていて、上位3位までに入れば世界選手権の出場権を得られる。
 大会を目前に控えたヘッドコーチ、選手のコメントを紹介する5 回目は渡嘉敷来夢。これまでずっとケガに泣かされ続け、もうひとつ輝きを放てなかった日本の逸材が、ついに万全の調子でアジアに挑む。アジア選手権に向けて、渡嘉敷は今何を思うのか。

――まずは東アジア競技大会を振り返っていただけますか?
渡嘉敷 自分の調子としてはまぁまぁだったと思います。楽しみにしていた大会でもあったので、負けたゲームもありましたが変にネガティブに考えず、自分にとってはプラスになった部分もあったので、良い大会だったと思います。

――プラスになった点?
渡嘉敷 若手とはいえ、中国に競り勝つガマンのバスケットができたことと、負けたゲームからはもうちょっと自分が積極的に得点を獲りにいったり、フリースローをしっかり決めていれば、もう少し楽な展開にできたなと。そういった課題も見つかったことは自分にとってはプラスでした。

――ほかの選手は東アジア競技大会に関して、迷いや動きの統一性に不安を感じていたようですが…
渡嘉敷 相手にアジャストされて動きが止まってしまったり、チームとしてのプレイを出し切れたかといえば、みんなが思うとおり、あまりよくなかったのは確かです。でも自分は東アジア競技大会でそれが出て良かったなと思っているんです。ポジティブに考えていいのかはわかりませんが、もう終わった大会ですし、自分は変にネガティブにならず、ダメだったところを修正していけば、アジア選手権は大丈夫だと思っています。

――渡嘉敷選手は大村でのアジア選手権にも出場していますが、本格的なアジアデビューは今大会になります。どのようにしてアジアのセンターたちと対峙しますか?
渡嘉敷 自分はボールを持ったときにすぐ味方を探すと調子が出なくなってしまいます。だからまずは自分から攻めることを意識したいと思います。相手のサイズが自分より大きかったり、同じくらいということは日本ではなかなか得られない機会ですし、東アジア競技大会で自分の何が通用して、何か通用しないのかが、なんとなくわかったので、アジア選手権ではそれを出すだけだと思っています。

――東アジア競技大会が楽しみな大会だったと言っていましたが、それ以上にタフな戦いとなるアジア選手権を迎えるワクワク感は?
渡嘉敷 今は本当に楽しみでしかたがないんです。いろんな国のトップ選手と対戦できるのは自分にとってすごくプラスになりますから。2年に1回しかない大きなチャンスだし、そこで自分を出せないとダメだと思うし、すごく楽しみです。

――この大会で3位以内に入れば世界選手権です。渡嘉敷選手はまだ世界と対戦したことがありませんが、そういった意味でも世界は意識していますか?
渡嘉敷 今はアジア選手権で優勝することしか考えていません。それこそ今年が初めての日本代表だというくらいの新鮮な気持ちでやっているので、何がなんでも勝ちたいです。「勝ちたいならばお前がやれ!」と自分に言い聞かせています。

――以前、「今は日々のバスケの楽しい」とおっしゃっていましたが、今もそれは更新中ですか?
渡嘉敷 実際のところチャイニーズ・タイペイ戦は本当に勝たなければいけない試合でした。でも、だからといって負けて落ち込むよりも、なぜ勝てなかったのかと思う気持ちのほうが強かったです。自分がダメだったから負けたという気持ちもなく、次に対戦した時は絶対に負けないぞという気持ちでいます。アジア選手権で相手がアジャストしてきたら、さらに上回るプレイをして、この間とは違うところを見せたいし、今度は大差で勝ちたいです。大会も楽しみですし、今も練習が毎日楽しいです。今日の練習もダメなところが多かったけど、毎日バスケットができていることが楽しいんです。

131026b

サイズゆえに注目を浴び、プレイ面でも期待を一身に集める渡嘉敷だが、まだ22歳。上達の過程にある選手だ。だからこそ、万全で臨める今回のアジア選手権は、渡嘉敷のプレイを楽しみにしているファンだけではなく、渡嘉敷自身も楽しみにしている。自分の新たな才能、伸びしろを発見できるのかもしれないからだ。楽しむことは上達への近道である。このアジア選手権、渡嘉敷来夢は楽しみながらさらなる進化を遂げるかもしれない。必見である。

女子日本代表のアジア選手権・予選ラウンド対戦スケジュール

10月27日(日)14:00〜 対カザフスタン
10月28日(月)20:00〜 対チャイニーズ・タイペイ
10月29日(火)20:00〜 対韓国
10月30日(水)16:00〜 対インド
10月31日(木)16:00〜 対中国
11月2日(土)準決勝
11月3日(日)決勝
*すべてタイ時間。日本との時差:マイナス2時間。例)日本22時=タイ20時

JBA:第25回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会特設サイト
FIBA ASIA:第25回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会サイト(英語)
フジテレビNEXT:TV放送スケジュール

文・三上 太