諦めたくない(熊本ヴォルターズ#6デボーン・ワシントン選手)

豪快なダンクを決めるデボーン・ワシントン選手

豪快なダンクを決めるデボーン・ワシントン選手

すでにプレイオフ進出が消滅したNBLウェスタンカンファレンスの3チーム。
兵庫ストークス、そしてチーム名と運営会社は変わったがつくばロボッツはJBL2から上がって来たチームである。和歌山トライアンズはその名の通り、昨シーズンで休部となったパナソニックトライアンズを継承し、半分は元パナソニックの選手たち。NBLの中で唯一、一から立ち上げた生粋の新規チームが熊本ヴォルターズだ。
熊本は、外国人選手の入れ替わりや今もケガ人が出たり、落ち着かない状況を強いられて来た。プレイオフ争いから脱落した今だからこそ、開き直ってチームをビルドアップできるチャンスでもある。
レギュラーシーズン残り12試合(3月18日現在)をどのようなモチベーションで臨むのか?
プロ選手として、チケットを買って会場に足を運んでいただくお客様のためにもおかしな試合はできない。

「諦めたくない。その気持ちで毎試合を臨んでいます。熊本でバスケをすることが自分の仕事でもあるので、諦めてしまったらここにいる意味もなくなってしまいます」

取材した3月15日のトヨタ自動車アルバルク東京戦。前半で60-30のダブルスコア。20分間で30点差をつけられた熊本であったが、諦めることなく力強いダンクをかましたデボーン・ワシントンが、大差で敗れた試合後に話を聞かせてくれた。

NCAAトーナメントでWダブルの活躍

バスケを生業とし、異国の地にやって来た以上、明確なビジョンがあったはずだ。
「自分の身体能力を生かしたプレイをしたいと思って来ました。今でもコーチはそれに合わせてチームを作ってくれていると思いますので、自分のやりたいバスケはできています」
ワシントンが生まれ育ったアメリカでは、まもなくNCAAトーナメントが始まる。オハイオ大学出身のワシントンも、2010年NCAAトーナメントに出場。1回戦は、3位ジョージタウン大学を相手に12得点/10リバウンドのWダブルをマーク。14位であったオハイオ大学がアップセットし、2回戦へと勝ち進む。続く6位テネシー大学には68-83で敗れたが、ワシントンは16得点/8リバウンドを挙げる活躍を見せた。
全米を熱狂させるビッグイベントを経験したワシントンだが、NBLとの違いをどう感じているのだろうか。
「カレッジ時代はファンがクレイジーなくらいに応援してくれましたし、ヨーロッパでも同じような熱狂がありました。でも、日本のファンの方々はとても静かだな、という印象を受けています」
大学卒業後は、トルコやオーストリアなどのプロリーグでプレイ。昨シーズンプレイしたオーストリアのライファイセン ウェルズはすごく小さな街にあったが、それでも会場は盛り上がっていたそうだ。それに比べて熊本は、「大きくも小さくも小さくもなく、ちょうど良い」という印象を持つワシントン。「焼き鳥が一番美味しい。あとは牛丼も好き」と話しており、日本の生活にもしっかり順応している。

熊本ヴォルターズ

熊本ヴォルターズ

毎日少しずつでも成長したい

世界各国のリーグを見ても、やはり活躍する選手の筆頭には必ずアメリカ人がいる。バスケ発祥の地・アメリカから来たワシントンに、NBLのレベルについて聞いてみた。
「NBLにはレベルの高い日本人選手もいますし、日本に来ている外国人選手たちも素晴らしい選手たちばかりです。(具体的にレベルの高いと思う日本人選手は?)アイシンの比江島選手です」
プレイでチームを引っ張るワシントンは、残る試合へ向けてやるべきことも分かっている。
「今あるこの環境を生かして、毎日少しずつでも成長できるようにしたいです。今の結果だけを見れば、諦めたくなるかもしれません。でも、しっかりと意思を持って、諦めずに残りの試合も戦っていきます」
チームを少しでも上向かせるため、真摯にバスケとゲームに向き合う日々。それはプロ選手として当然の仕事であり、来シーズンへ向けてより良いオファーを勝ち獲るためにも全力で臨まねばならない。

「選手として常に成長し続けることが今の目標です。徐々にレベルの高いリーグに移っていきたい」
3月29日に25歳を迎えるワシントンは、プロ選手としてのキャリアもスタートしたばかり。今後が楽しみな選手である。

西地区のプレイオフ進出を逃したプロ3チーム

残念ながらプレイオフ進出を逃したウェスタンカンファレンスの3チームは全てプロチーム。勝つことがスポーツに求められるゴールではあるが、プロチーム運営はそれだけではない。特にスタートしたばかりの熊本は認知度をさらに上げ、成長過程を示すことで地元ファンと共有できることも多いはずだ。
成長を目標に掲げるワシントンと同じように、チームとしても成長していくために何をすべきか?
『日本一誇りある、強いチームを創る』というチームビジョンを道しるべに、コート内外での戦いは続く。
54試合あるNBLのファーストシーズンは、まだまだ終わらない。

  • 3月22日(土)18:00 熊本 vs レバンガ北海道@益城町総合体育館
  • 3月23日(日)14:00 熊本 vs レバンガ北海道@益城町総合体育館
  • 3月29日(土)16:30 熊本 vs 和歌山トライアンズ@益城町総合体育館(☆ワシントン誕生日)
  • 3月30日(日)12:30 熊本 vs 和歌山トライアンズ@益城町総合体育館

熊本ヴォルターズ
NBL

泉 誠一