勝利のロジック(三菱電機名古屋#2朝山 正悟選手)

三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋#2朝山 正悟選手

三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋#2朝山 正悟選手

「本当に今は楽しいですね」
笑顔でそう連発するのは、今シーズンから三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋へ移籍した朝山 正悟だ。
話を聞いたのは、2013年11月14日(木)に行われたつくばロボッツ戦に、三菱電機名古屋が83-65で勝利した後のこと。
「メンバーもベテランから若手までバランスが良く、なかなか他のチームには無いほど揃っていると思っています」と朝山が胸を張るほど三菱名古屋のロスターは確かに粒ぞろいである。しかし、NBLウエスタンカンファレンスでは11月17日現在3位。アイシンシーホース三河以外はJBL2から上がって来たチームと新規チームゆえに、もっと余裕で勝っていても良いのではないかとさえ思ってしまう。
「新規チームに負けてはいけない雰囲気があり、周りからもそのように言われることもあります。でも、同じ舞台に立ってるチームですし、相手も必死。なかなか思うようにはいかないです」

5チームを渡り歩いた経験

日立サンロッカーズ(現日立サンロッカーズ東京)から朝山のキャリアはスタートした。1チームを全うする選手も少なくなく、あっても1〜2度の移籍程度で現役を全うするのが大多数の日本人選手だが、朝山は今シーズンやって来た三菱電機名古屋ですでに5チーム目。
多くのチームで様々な経験を積んで来た朝山の加入に対し、シーズン前、チームメイトの鵜澤 潤はこんな話をしていた。
「優勝回数も多く、いろんなチームを見てきた朝山とは同期ということもあり、話す時間は長いです。彼が経験したことは僕が知らないことも多く、その中には辛いことも良いこともあり、このチームに何が必要なのかをキャプテンである僕に伝えてくれます。彼が入って来たことは僕にとって、ものすごく大きな存在です」

mit131121b常勝軍団アイシン三河から、最下位争いを続けて来た三菱電機名古屋へ移籍。
「アイシンは完成されたチームであり、より高い質を求めて、その地位を維持することだけを求められてきました。佐古(賢一)さんら先輩たちが何年間もかけて築き上げてきたものをベースにしながらも、後輩たちが同じように高い質を維持し、それがチームとして浸透していったものがあります。アイシンでは、その高い質のバスケが構築されたところに僕が行っただけのこと。でも今は、みんなでゼロから作り上げている楽しさがあります。僕は移籍も多かったので、これまで得た経験をこのチームに話したりすることもすごく楽しいですし、今はすごく良いですね」

32歳からの成長に対するワクワク感と上手くなれそうなウキウキ感

アイシン三河の時は我慢することもチームに対する貢献だと自分らしさを消すことも厭わなかった朝山。しかし、移籍したことでバスケの楽しさを再認識し始めている。
「やっぱり自分の特長を生かすプレイを出しながらチームを勝たせることを求めて行かないと、自分というモノが消えてしまうような気がしていました。だから今は、そのバランスを模索しているような状況です。我慢する時間帯と自分らしく行くところ、今はそのバランスを探しています。この年になって、それが新たなる成長につながると思うとワクワクさせられますし、それがすごく楽しい要因のひとつかもしれません。もう少しバスケットが上手くなれそうな感じがしており、ウキウキ感を持てていること自体がすごくうれしいんです」

アスリートにとっての楽しみは、己の成長とチームの勝利。まだまだ模索するところは多いが、目の前に立ち塞がる高い壁を一つひとつクリアしていくことにこそやり甲斐を感じるのは当然のことである。
優勝した時もあれば、レラカムイ北海道(現レバンガ北海道)のように勝てない時代も経験して来た。当時はどのような気持ちでプレイしていたのだろうか?
「あの時は僕自身がまだ若かったことと、“勝ち”を知らない選手でした。本当の勝ち方や勝つことの難しさも知らないのに、あの中に入って、このメンバーがいたらファイナルまで行けるというイメージがあった。でも、実際にそうではないという結果になって行ったことで、どんどんイメージが崩れて行き、立て直しが効かなかった自分がいました」

勝つことを学んだアイシン三河の強さとは?

その後、アイシン三河へ移籍し、勝つことに対して多くを学ぶこととなる。では、アイシン三河の強さとは何なのか?
「これは言ってもいいんですかね?」と躊躇する朝山をけしかけて、真相に迫ってもらった。
「それは勝ちに対する意識です。みんなが勝ち方を知ってるし、勝った先に何があるのかをチーム全員がしっかり分かって戦っています。あくまで僕がいた昨シーズンまでのアイシンの強さの秘密であって、今シーズンは分かりませんよ」

すごく当たり前の話に聞こえるが、最後まで勝ち続けられる選手はほんの一握り。経験者の話はさらに続く。
「そこがこのチームにはまだまだ足りないところです。どうしても、個人の力に気持ちも目線も行きがちであり、それがチームとして噛み合わない一つの理由でもあります。誰かのためにプレイすること。これは単にキレイごとを言ってるわけではないです。結局は、勝てばそれが絶対に自分のためになるんです。その差が分かるかどうか。本当に勝たなければダメなんです。勝ったからこそ分かることが多いんです」

勝たなければダメ。勝ったからこそ分かる。だからこそ負けた時の悔しさも尋常ではない。
「何度も優勝させてもらいましたが、同じように準優勝も多く経験しています。でも、あれほど最悪なことってないんですよ。あの瞬間はバスケを辞めたくなるほどです。準優勝だって本当はすごいはずなのに、すっごく悔しくて、こんな気持ちになるんだったらよっぽどプレイオフになんて出たくなかったって思うほどです。相手が喜びを爆発させている瞬間を生で、間近で見せられてるわけじゃないですか。準優勝した時は、悔しいということは経験になってるかもしれません。でも、その程度の思いしか出て来ないわけですから、結局は勝たなければ意味が無いんです。そこにしか答えが無い。そのことをみんなが分かってくれたら、すごいチームになると思いますよ」

mit131121c

勝った時こそ学べるチャンス!

開幕6連勝でスタートした三菱電機名古屋だが、和歌山トライアンズ、アイシン三河に連敗。敗れた時よりも、その次に勝った熊本ヴォルターズ戦後のミーティングで朝山はチームメイトに話をした。
「勝った時にこそ、何が良かったから勝てたのかを話し合うことが大事であり、そういう話をさせてもらいました。どうしても人間なので、負けるとグチも出て来てしまいます。だからこそ勝つことが大事であり、勝った時こそ学べるチャンス。そういう意識を植え付けるのもまだ始まったばかり。勝った時に選手同士でいろんな話ができるチームはすごい強いと思います。アイシンがそうでした」

負けた時に反省するのは当たり前のことだが、勝った時こそチャンスという朝山の勝利のロジックは、負け続けてきた三菱電機名古屋の選手たちにとってこれほど刺激的なことはないはずだ。そしてこの試合に勝ったことで一つの成長が見えた。
「このチームのカラーみたいなものが、ずっと探して来たものが、勝ち試合で少しずつ噛み合ってきたことで、僕の中でのチームの光が見えてきています。コーチもそれを感じていると思います。これから続く和歌山、そしてアイシン三河戦がすごく楽しみです」

今週末11月23日(土)24日(日)は愛知県体育館で和歌山と対戦。この試合は15:15から始まる三菱電機名古屋vs和歌山戦の前に、13:00からWJBL三菱電機vs日立ハイテク戦も行われ、男女三菱電機を一気に見られるチャンス。三菱電機コアラーズの櫻木千華にも勝つことこそが経験値を積むことに不可欠であると習ったばかりであった(経験を積むには勝利が不可欠/三菱電機#6櫻木 千華選手)。
また翌週にはアウェイながら同じホームタウンの愛知県内にある西尾市総合体育館でアイシン三河戦を迎える。
連敗を喫したこの2チームにリベンジするチャンス到来となる2週間。そして、この機会を逃すと交流戦が続くため次戦は来年4月まで待たねばならない。

三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋
NBL

文・泉 誠一