祝開幕!NBAで働く日本人:吉田 修久氏(サンアントニオ・スパーズ)

今年のNBAは例年通りに開幕した。
昨年はロックアウトのため、キャンプやプレシーズンゲームも行われないまま秋が訪れた。何とかオーナーと選手間での交渉がまとまり、ようやく開幕を迎えたのはクリスマスシーズン真っ直中だった。
NBA挑戦を目指す並里 成(沖縄)をはじめ、ロックアウトのせいでアピールする場を失った選手も多かったことだろう。しかし、開幕が遅れたことでチャンスをつかんだ人もいる。

サンアントニオ・スパーズ
ストレングス&コンディショニングコーチ 吉田 修久氏(INSPIRE ATHLETICS代表)

  • スパーズで働くことになったきっかけは?

121101_01.jpg

  • 吉田氏:昨シーズン、フロリダ大学時代のボス(マット・ヒーリング氏)がスパーズに引き抜かれました。ロックアウトが解ける少し前、12月に入るか入らないかくらいの時期に、ボスから連絡をもらい「手伝って欲しいのだが、いつからだったらこっちに来られる?」と、まず聞かれました。昨シーズンはたまたまロックアウトがあったため、開始時期がずれたことも僕としてはタイミングが良かったです。大学院生でもあったので、「ギリギリ12月10日前後には行けます」と応え、そこからはもうバタバタでした。ペーパー提出も人に頼みながら、終わり次第、朝一で飛行機に飛び乗りました。そしてサンアントニオに到着するや否や、トレーニングキャンプのサポートを行い、そうこうしているうちにチームの方から「今シーズンの契約をしましょう」と言う話しになり正式にスタートしました。引っ越しの準備をするため、すぐにフロリダに戻ってUHAUL(アメリカの引っ越し専用レンタルトラック)を借りて、クリスマスの日に家財道具一式を詰め込み、17時間かけてサンアントニオまでドライブ。深夜に着いて新居に荷物を下ろし、翌朝にはゲームがあったので、そのままチームと合流し、開幕を迎えました。
  • 本当にチャンスが転がって来たというのが、その慌ただしさからも感じられます。昨シーズンからインターンではなく、正式契約できたのですか?
  • 吉田氏:最初はペイド・インターンと言って、インターン扱いではありますがお金はキチンと支払われます。もともとサンアントニオには、インターンしかストレングスコーチのポジションはありませんでした。もう一人のインターンは以前から働いている人ですが、新しく来たボスのスタイルがまだ把握できていません。そこで、教えなくてもできるような即戦力が必要だという話になり、ずっとボスの下でやって来た僕に連絡をくれたわけです。昨シーズンは遠征には帯同せずホームゲームだけのサポートでしたが、チームが遠征中もケガ等で残っている選手をケアする役割を行っていました。そして晴れて、今年の7月から正式にフルタイムで働くアシスタント・ストレングスコーチとして契約できました。正式名称は、アスレティックパフォーマンスコーチという分野になります。

ケガしないような体作りから栄養管理まで。ゲータレードの好みも熟知

  • おめでとうございます。その役割とは?
  • 吉田氏:基本的にNBAはシーズンが長くゲームが多いので、疲労回復や選手の状態を把握し、その間にできるだけケガをしないようにケアします。簡単に言えば、筋肉が固くなるとケガにつながりますので、ケガをしないような体作りをするアプローチをします。あとは、良いパフォーマンスを発揮させるためにも、できない動きをできるようにサポートしています。
    オフシーズンであれば、筋力を上げることもできますが、シーズン中はなかなか時間も取れません。筋肉痛になると選手も嫌がりますし、パフォーマンスも良くなくなります。どちらかというと選手の動きを直すこと、コレクティブエクササイズと言われていますが、良い動きと悪い動きがあって、悪い動きになると体は言うことを効かなくなります。そのため、パフォーマンスを上げながらケガのリスクを下げるアプローチを、練習中や移動中に行います。また、練習前や試合前のアップメニューを作ったりもしています。試合中は、選手たちの水分の補給状況を管理し、水をあげたり、電解質のドリンクをあげたりしながら、足が痙ったり、熱中症になるのを防ぎます。
    選手の栄養管理もしています。チームで出される食事を見て、良いものと悪いもので分けたり、できるだけ良いものを出すようにメニューを考えたりしています。また、試合前後で食べるものを考えたり、栄養面でトレーニング後のシェイクやサプリメントなどを紹介したり、実際に与えたりします。運動面だけではなく、栄養面なども含めて体の管理をするのが僕の仕事です。
    例えば、どの選手がどの味のゲータレードが好きかなども全て把握しています。
  • ちなみにダンカン選手たちはどの味のゲータレードが好きなんですか?
  • 吉田氏:アメリカにはいろんな色のゲータレードがありますが、(ティム・)ダンカンはパープルが好きで、G2というカロリーの低いタイプを飲んでいます。(マヌ・)ジノビリは日本でも売ってるオレンジが好きですね。練習場では、バイタミンウォーターを飲む選手もいます。(トニー・)パーカーはそういうドリンクではなく、冷たくない常温の水を飲んでます。(ボリス・)ディアウもそうですね。フランス人2人は常温の水です。ゲータレードも冷たいのが良いと言う選手もいれば、常温が良いという選手もおり、選手によってそれぞれです。
  • 冷たいのと常温では摂取時に何か違いはあるのでしょうか?
  • 吉田氏:よく言われるのは、ある程度冷たい方が吸収は早いと言われています。恐らく…。
  • 練習や試合中において、水分補給時のワンポイントアドバイスは?
  • 吉田氏:少ない分量をこまめに飲むことが必要です。練習が長くなると、エネルギーが枯渇していきますので、ある程度エネルギーを補えるスポーツドリンクを飲んだ方が良いでしょう。一気に甘いものを摂るとインシュリンというのがいきなり上がって、すぐに急降下してしまいパフォーマンスが下がってしまいます。よく言われるように、ポカリスエットを2倍に薄めて飲むことは良いと思います。運動し始めの時は、筋肉を破壊するエネルギーが抑制されますので、とくに練習1時間前にある程度のエネルギーを入れておくことが必要です。あとは絶対値として日本人はエネルギー摂取量が少ないです。練習量に対してのエネルギー摂取の比率が低く、練習をがんばることでどんどん体が細くなってしまいます。ほとんどの日本人選手は、体重を上げることを考えた方が良いでしょう。軽い方が走れたとしても、走っただけではバスケットは勝てません。もう少し、体を大きくすることも大事になります。全体的に2kgプラスするだけでもチームとして良くなると思います。
  • 日本の選手が海外の選手と対戦すると体を当ててくる回数が明らかに違うそうで、それだけで体力を消耗すると言う話しを聞いたことがあります。
  • 吉田氏:そうですね。もちろん慣れもあるとは思います。練習中や試合中からキチンとボディコンタクトをしていれば、それこそ良いトレーニングになります。そういう環境は日本に入れた方が良いですし、そのためにも体作りが重要となります。

NBAの試合前のウォームアップ方法とは?

  • 日本での試合前、当たり前のようにフットワークからのアップを見せられますが(笑)、NBAでは少しシューティングしている程度しか見たという記憶がありません。アップメニューも仕事の一つということですが、実際、どのタイミングでどのようなアップをしてるのでしょうか?
  • 吉田氏:NBAは基本的に個人任せなので、チームでどうこうするというのがあまり無いです。なので、ウォームアップのメニューも個人で行うケースが多いです。
    試合前に行っていることを大まかに言うと、開場前にそれぞれのスキルドリルを行って一汗かいて、テーピングを巻いたりします。
    スパーズのホームであるAT&Tセンターはメインアリーナしかないので、若手から入って、最後にダンカンやパーカーらベテランが来て、それぞれアップしています。また、ウエイトルームでは、体に刺激を与えるような軽めのトレーニングをします。ルーキーはビデオセッションがあり、チームの動きを把握する時間もあります。試合時間が近づくとチームミーティングを行って、選手が入場があり、レイアップを少しやって体を温めます。その後はまた個人任せに戻り、ストレッチする選手、シューティングする選手などそれぞれが準備しながら、ウォームアップは完了。実は試合前も結構な時間をかけて、選手たちは動いてます。
  • チームとして選手のパフォーマンスを向上するために具体的な指示はあるのでしょうか?
  • 吉田氏:ある程度、最低限な要求はありますが、もっとスピードを上げてくれとか、体重を増やしてくれ、というような具体的な要求はありません。一番大切なのは、しっかりと体をフィットして、NBAで戦える体を作ることです。
  • 体が資本のNBAにおいて、スパーズはベテラン選手も多いですが、長く現役を続けられている秘訣とは?
  • 吉田氏:やっぱりケアはしっかりしています。スタッフも、コーチも、ベテラン選手自身も体を管理する意識は高いです。大学生とか若い選手はまだまだやらされている感がありますが、ベテランは試合日程を考えて体を調整しているのを見ると、やっぱりプロだなと感じます。スパーズはGMも含めてケアを意識しているチームですので、僕の立場としてはとてもやりやすいです。
  • NBA選手を見ていると年月が経つにつれて、ルーキーシーズンの面影が無くなるほど体が大きくなりますが、そのルーキーたちとコンディショニング面ではどのように取り組みはじめるのでしょうか?
  • 吉田氏:まずは体の正しい使い方を目標に取り組んでいます。股関節が固い選手はケガのリスクが高くなりやすいので、そこを改善するアプローチをします。しかし、強制しても選手たちは嫌がりますので、トレーニングをしながら少しずつ変わるようなメニューを与えながら、選手一人一人の状態を見てアプローチしています。

NBAで通用する体作りの基準値とプレイヤー経験があることのメリット

  • NBAで活躍するためにはこのくらいの体作りができないと通用しない、という基準のようなものは、すでに吉田さんの頭の中で想定されているのでしょうか?
  • 吉田氏:プレイを実際に見て、その選手がどのレベルにあり、どんなプレイができているのか、どこをもう少し伸ばせばさらに良くなるか、ということは僕の中にはあります。実際、コーチや選手の考えもありますので、押しつけがましくならないようにしながら、良い方向へ導けるようにしています。最低限これくらいのことはできないといけないという基準は一応、自分の中にあります。
    しかしNBA選手は、ある一つのことが突出してるタイプも多いです。そういう選手は、長所を生かしながら、さらに伸びる点を探しています。また、ケガなどで制限される選手もいますので、そういう場合はケガを考慮したプログラムにします。
    よくプロならば、これぐらいのスクワットを上げなければいけない、これぐらいのスピードで走らなければいけないという話があります。しかし、その目標値を掲げて実際にクリアしたからと言って、日本人がNBA選手になれるわけではありません。実際にはさほど出来無いNBA選手もいます。目標として持つことは良いですが、それができたら先につながるというのは分からないわけで、それぞれのパフォーマンスが一番評価される点なのです。
  • 日本リーグ時代の所沢ブロンコス(現bjリーグ埼玉ブロンコス)でプレイした経験もあり、プレイヤーからストレングスコーチへ転身したわけですが、プレイヤーだった経験をどう生かしていますか?
  • 吉田氏:やっぱりバスケットボールに必要な動きを見た時の判断がしやすいです。股関節のこの部分が使えないからこの動きができないなど、すごく判断がしやすいです。単純にリサーチをベースにして、筋力をこれくらいプラスしましょうではなく、実際にパフォーマンスから考えてブレイクダウンするので逆算できます。ディフェンスが苦手な選手がいたとしたら、その動きを分解していって、どこに動きの原因があるかを見つけることができます。バスケットをやっていた分、感覚として分かりやすいというのはありますね。客観的に見られるという点では、バスケ選手ではない方が良いのかもしれませんが、ただ選手たちの要望を深く聞き入れるのは理解しやすいです。
  • 逆にフロリダ大学の時はバスケ以外のスポーツ選手も見てたわけですが、難しい面もありましたか?
  • 吉田氏:基本的な動きは同じなので問題は無いのですが、最終的な感覚や伝え方の部分で、実際に使う動きや使わない動きが自分一人では判断できなかったです。今ではある程度できますが、当初は実際に選手たちに動き方を聞いてから判断していました。動き自体が分かれば、どの競技でもサポートできます。バスケに関しては、自分が経験してる分、聞かなくてもできるのが大きな違いです。

日本のバスケットを良い方向へ導けるようにアメリカでネットワーク拡大中

121101_02.jpg

  • スパーズと正式契約しましたが現在の立場はアシスタント。今後の目標は?
  • 吉田氏:それが難しいところで…。
    NBAに残るのも一つですし、アメリカの大学に行くのも一つ、日本に戻ってビジネスとして広げることなどいろいろ考えています。あとは、教授になるために博士号を取る道も選択肢にあります。自分で信じるやりたいことを突き詰めていくならば、起業してトレーニングの事業を興していかなければいけません。
    NBAは一つの目標ではありましたが、だからと言ってNBAに固執したいかというとそうでもないです。経験を積むには最高の場所ですが、自分のやりたいことができるわけではありません。ただ、日本のバスケットのことを考えると、日本人がNBAの中にいてネットワークを広げていくことは、日本のためにも絶対にそっちの方が良いのかなと思います。そう考えると、NBAで働くことにもメリットがあるのかな、と。
  • NBAでのネットワークを作ることにより、将来的にはNBAを目指す選手もサポートできるということでしょうか?
  • 吉田氏:NBAというルートが見えてくるかもしれませんし、それができれば大きいですよね。日本人がNBA選手になるために何をすれば良いか、体の面から個人技術をサポートすることはできます。もし、本当にNBAや海外を目指す若い選手、高校生や中学生がいて、NBAの仕組みや実際に同じトレーニングを体験してもらいながら、まずは選手たちの興味を海外に向けることは一つ大事な点です。もちろん、興味を持ったからと言って何も保証はありません。
    NBAを目指すに当たり、どの程度の体の使い方ができないといけないかという情報を与えることと、そのために体を作っていくサポートは僕にもできます。例えば、アメリカで行われているピック&ロールをするためにも股関節の動きが絶対に重要だから、実際の動き方を指導したり、情報は伝えられます。そういうことを今後はやっていきたいですね。
  • 起業と言いましたが、すでにインスパイア・アスレティックスがあるではないですか?
  • 吉田氏:今は動かしていないです。前からやりたいと思っていることの一つとして、情報を発信できるような仕組みを構築したいです。アメリカにいながら情報を発信しつつ、帰国した時にクリニックやセミナーをしながら伝えていく。興味を持っていただいた企業のサポートを受けながら、少しずつ種まきをしておいて、日本でしっかりできる体制を作りながら、少しずつ大きな事業にしていきたいです。
    バスケに限らず、スポーツや健康、美容も合わせてできます。今ある環境を日本にどうつなげるかを理念の一つにしたいです。もっと新しい情報を日本に入れていく仕組みを作っていきたいです。トレーニングがもちろん、バスケのコーチングや他のスポーツ、美容・健康などの情報をどんどん発信していきたい。

アメリカに行かなければアメリカのバスケは体験できない

  • あらためて、高校卒業後にアメリカに渡ったのはどのような思いがあったのでしょうか?
  • 吉田氏:高校卒業後、僕自身がプレイヤーとしてアメリカのバスケットを知りたかったのが理由のひとつです。そして、どうせやるならばトップレベルに行って学ばないと意味はないという意識がありました。昨年まで行っていたフロリダ大学も同じ理由です。良い環境であり、バスケと言えばアメリカなのでアメリカに行きたいと思いましたし、体に興味があったので、その分野に関しても最先端を行っていたのがアメリカだったこともあり、ならば行かないといけないなと思ったわけです。
  • トップレベルに行きたいということ自体は何がきっかけだったのでしょうか?
  • 吉田氏:バスケットを始めたきっかけがバルセロナオリンピック(1992年)のドリームチーム(マイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、ラリー・バードらスター選手が集結したアメリカ代表であり、初めてプロ選手が参加できたオリンピックチーム)でした。世界にはこんなすごい選手がいるんだと思いましたし、最高のレベルがきっかけだったというのもあると思います。それと、昔からあまり日本と海外の差が大きな感じはせず、行けばなんとかなるだろうとも思っていました。
  • 渡米した時の英語力は?
  • 吉田氏:全然できていませんでしたし、英語はきらいでした。今でも英語は得意ではなく、そこが一番つらいところです。英語を話せるという意識がまだ自分にはないですね。コミュニケーションは取れますが、だからと言って自分が本当に伝えたいことを100%スムーズに伝えられるレベルではありません。まだ英語を話していてもストレスを感じます。でも、やりたいことをやるためには必要なことなので、だから英語を勉強し話しているだけです。
  • 意欲を持って海外志向が出てくると日本のバスケも変わってくると思いますが、吉田さんのようにトップレベルで活躍する日本人が増えることで、日本にいてもレベルアップできる環境も今後はできてくるのでは?
  • 吉田氏:体作りに関しては、僕をはじめ日本人でもアメリカで活躍している方も多いので、そういう方に指導してもらう機会が増えれば情報として変わってくるかもしれません。しかしバスケットに関しては、アメリカに行かなければアメリカのバスケットを体験できないし、そこでプレイすることは絶対にできないです。日本とアメリカのバスケットは基本的に違います。
  • 今夏、オリンピックで世界のチームを見て、例えばスペインのバスケが良いと思ったら、スペインに行かないと得るものはないということでしょうか?
  • 吉田氏:絶対にそうです。行って実際に体験しないと何も分からないです。でも結局は、日本にいても、海外に行っても、プレイタイムを勝ち取るための努力は変わりません。同じ努力をするならば、高いレベルの環境でその土地のバスケットに慣れた方が、夢は実現しやすいでしょう。パッシングバスケットをずっとやっている日本とピック&ロールをどううまく使うかが主流となっている世界のバスケットでは、その時点で大きな違いであり、いくらパスがうまくてもピック&ロールが使えなければ話にならない。ジェレミー・リンが活躍できているのも、ピック&ロールがうまく使えているのが理由としてありますし、彼自身アメリカのバスケットをずっとやって来たバックグラウンドがあるからです。

バスケに関して、金稼ぎのための仕事には興味が無い。全ては日本バスケのために!

  • ジェレミー・リンが出て来たことで、台湾や中国、韓国も含めたアジア人でも、本気でNBAを目指そうとする意識が変わってきています。アメリカで実績を重ねた後、吉田さんの活躍の場はアジア圏も考えられるのでは?
  • 吉田氏:日本よりは、中国や台湾の方がもしかするとチャンスがあるかもしれません。でも、僕が興味があるのは、日本のバスケットをどうにかしたいということです。日本のためになるのであれば、中国や台湾に仕事の場を求めることあるでしょうが、ただ単にお金を稼ぐためだけならば、全く興味がないです。
  • アメリカにいること、NBAで仕事をすることも将来の日本のためということですか?
  • 吉田氏:それが一番大きいですね。そのために、できる限りのネットワークやコミュニケーションを広げています。僕は日本の中から変えていくというのは、外側の人間なのでできません。しかし、外側でいろんな環境を用意することはできますので、それを日本の選手やコーチ、協会やリーグ、チームなどの方に使ってもらえる状態を作れれば良いと思っています。というか、それくらいしか僕にはできないです。
  • バスケ以外のスポーツであれば、ビジネスとして成功するのではないですか?笑
  • 吉田氏:フロリダ大学ではバスケ以外も見ていましたので、どんなスポーツでも対応できます。また、そのネットワークもあるのでスタッフをご紹介することもできます。もちろん他のスポーツであれば、海外でもサポートします。これに関してはビジネスとして考えますが、ことバスケに関してはそれ以上に大きな気持ちで取り組んでいます。

NBAシーズンが開幕し、吉田さんの本格的なNBAでの仕事もスタートした。スパーズの試合を現地やテレビ、ネットで観戦される際は、ぜひともベンチにも注目して欲しい。吉田さんがゲータレードを渡すシーンが映るかもしれない。
同時に、吉田さん自身、日本バスケの未来ある選手のために、NBAを目指す選手のために、情報を伝えたいという意志もある。今は開幕して忙しい時期ではあるが、強い意志のある選手は何かしらの形で連絡し、その答えを待つのもひとつの手段。
チャンスは転がっているものだが、拾いに行かなければ手にすることはできない。