NBA挑戦を決めた川村卓也と脱サラエージェント鴨志田 聡の覚悟

130606_01.jpgリンク栃木との契約が満了となった川村卓也が晴れてアメリカに渡り、NBAへの挑戦を決めた。
6月5日、出発を前に成田空港に現れた川村は、バッサリと髪を切り、晴れやかな表情で姿を現した。短いヘアスタイルは「ルーキーシーズン以来」と言う。

2005年、JBLでは希な高卒ルーキーとしてオーエスジー(現bj浜松)と契約し、トップレベルでのバスケキャリアをスタートさせる。その年の新人王に選ばれ、2006年に日本開催となったFIBA 世界選手権に日本代表として出場。当時、20歳を迎えた川村は、5試合全てに出場し、プレイタイムこそ少なかったがチャンスがあれば積極的にシュートを狙い、次世代スターとしての期待は膨れていった。しかし、2008-2009シーズンよりオーエスジーはbjリーグへ移転。そのためリンク栃木へ移籍し、そこから4シーズン連続JBL得点王となり、2009-2010シーズンには頂点に立った。優勝を決める年のオフシーズンとなった2009年、日本代表を辞退してアメリカへ渡り、NBAへ挑戦をしている。
今回で2度目の挑戦になるわけだが、4年前はメンタル面で打ちのめされていた。生意気やっていれば良かった血気盛んな22歳の前に立ち塞がったものとは──

ホームシックとイタリア セリエAでの誤算…4年前の経験を踏まえて挑む

「ホームシックです。ホテルにいる時も帰りたい気持ちが強く、その気持ちのままトレーニングに向かってしまっていました。土日なども出かけずに、軽い引きこもり状態にもなっていました。経験の無さと言うか、まだガキンチョだったと言うか、自分自身のことを分かっているようで分かっていませんでしたね。どこに対しても生意気をやっていれば良いと思っていたのが、実際にアメリカにポンと身を放り出してみたら、自分の小ささに気付かされました」と振り返る。それでも、NBAサマーリーグへの出場機会を得ることができ、その後、イタリア1部リーグ セリエAとの契約のため、イタリアへ渡っていた。そこまでの情報は入って来ていたが、実際イタリアの地で何が起きたのかを聞く機会が無かった。今回、NBAを目指すきっかけを与えたFIBA公認エージェントの鴨志田 聡氏に当時の話を伺った。
130606_02.jpg「アメリカのエージェントがセリエAのチームをセットアップはしていたのは事実です。ただ、川村くんが行くという詳細は伝わっておらず、イタリアへ川村くんが行ったにも関わらず、現地エージェントがいませんでした。話を聞けば、チーム側としっかりとしたコンタクトが取れておらず、バスケットができなかったり、試合に出られる話だったのに出られない。通訳も一緒に行ったのですが、(会場の)中まで入れない。段取りが全くなっていませんでした」というのが真相だ。横で聞く川村もまた、「キャンプに参加できるという話でイタリアに行ったのに、実際に行ったら練習場の中に入れませんと言われたり大変だったんですよ、マジで!」と声を張る。

海のものとも山のものともつかぬ日本人バスケ選手が海外リーグへチャレンジするにあたり、現地エージェントなどの話に用心は必要だ。だからこそ、「今回、川村くんのトレーニングをしてくれるトレーナーとのつながりもありますし、自分のパートナーとしてのつながりがあるエージェントがアメリカとヨーロッパにいます。今後の状況に応じていろんな人とコンタクトを取って、チームを探していきます。また、試合の映像を全部持って行くので、自分から直接チームにコンタクトすることもできますし、思うように事が進まなくても第3、第4の手段も用意しており、絶対にどこかのチームに入れるようにするつもりです」と、これまでの経験を踏まえた予防線を張って臨む。

エージェントとしての鴨志田氏の経験、そして4年前にNBA挑戦をした川村の経験が、今回は大きな優位点。知らないことこそ恐ろしいものはなく、それがホームシックになった原因でもある。
「こうしてチャンスを与えてもらえたので今やるしかないと思い、行動に移しました。日本でしっかり地を固めることも大切ですが、オレはまだやれる気がしています。NBAを見ていてもそう思うし、4年前にアメリカ挑戦した時もそう感じていました。今、NBAで活躍している選手の中で、前回アメリカに行った時に一緒にトレーニングした選手が何人かいます。そういう選手のゲームを見ると、オレもやれたのにな…と思ってしまうんです。そう思うことが大事なんです。あの時は相当メンタルをやられましたが、今はメンタルもそうですが、技術も多少なりともバリエーションは増えていると思います」

自分に変化をつけたい!川村卓也を取り戻すチャレンジ

アメリカに行きたい気持ちがあった川村に対し、今年の4月初旬、意思疎通するように連絡をした鴨志田氏。「川村くんに連絡するのは、本当に1年に1回程度」と言っていた鴨志田氏だが、待ってましたとばかりにその話に川村は乗り、そしてアメリカ行きを決めた。しかし、「自分に変化をつけたい」と、リンク栃木を去ることに関してはもう少し前に決断をしていたそうだ。
「昨シーズンのチームスタイルは、オレが20点を獲れば良いわけではなく、逆にそれは好まれない。チーム全員でボールをシェアするスタイルの中で、オレはどうすれば良いのかと悩みました。パス回しに徹してみたり、いつも通りシュートを打ったり、いろいろと試してみたものの結果的に黒星が続き、このスタイルがオレに合ってるのかなと思い始めたわけです。これまでオレは点数を獲ることだけを評価されて、JBLでの8シーズンがありました。オレから点数を獲ることを取ってしまったら何にも残らない。自分はそこを追いかけているから自分らしさも出せたわけで、パスを重点的にやってくれと言われても、即座に対応できなかったのはあります。それは見ている多くの方も感じていたと思います」
リンク栃木を去り、NBAへ挑戦することは、同時に失っていた川村卓也を取り戻すことでもある。
「昨シーズンを過ごして、忘れかけている自分がいます。何を武器としてここまでバスケットをして来たんだっけかな、と。やっぱり得点を獲る、常にゴールを目指すことが、バスケットを始めてからずっとやって来たことなんです。そこにさらにプラスアルファしていくことが、今回の挑戦です。自分が評価される点はシュートしかない。それは4年前もそうだったし、それ以外に強い部分は何もない。足りない部分があればトレーニングでコーチが指摘してくれます。それを逃げ場の無いアメリカでトライすることこそが一番意味のあることです」

130606_03.jpgその先に見えるNBAのコートに立つ自身のビジョンも明確だ。
「NBAに入ったとします。そこでのプレイタイムはたぶん5分程度しかない。きっとコーチから、お前はノーマークになると思うからシュートを打てと言われることはイメージしています。どうせオレなんて相手ディフェンスから切り捨てられて、”ど”フリーの状態になるとも思います。その時にしっかり確率良く決められる選手になることが、求められることでもあります。日本みたいに40分間コートに立って、ピック&ロールやって、パスさばいて、シュートを打ってというのは全く求められていない世界です。だからこそ、必要なことを必要以上に磨いて、足りない部分はアベレージまで引き上げることが大切になります。楽しみですね」

エージェント=マネージャー。覚悟と責任を備えた2人で挑むNBA

インタビュー中、”楽しみ”という言葉を川村は頻繁に使っていた。それだけ今回の渡米に対し、覚悟を決めていることがヒシヒシと伝わってくる。
「もう今のオレには何も無いからです。4年前は日本代表を辞退したり、チームとの契約もあって、気持ち良く日本を出ることができませんでした。全てオレが悪かったのですが、その経験も含めて今の自分が成長した部分です」と胸を張る。
覚悟を決めたのは川村だけではない。サラリーマンとして生活していた傍らでエージェント業を行って来た鴨志田氏は、今回の挑戦のために会社を辞めた。
「選手が本気でやるのであれば、自分も生半可な気持ちではダメだと思い、できるサポートは全部やろうと、そう考えたら会社を辞めて帯同しようとなったわけです」。エージェントの仕事は、契約面が一般的に知られているが、「マネージャー業に近い」と鴨志田氏は言う。
主な仕事として、「ひとつでも選手のストレスを軽減でき、ひとつでも代わりにできることがあれば手伝うし、バスケット以外に使うパワーは僕が行い、バスケットに100%専念させて少しでも良い結果をつかめるようにすることです。日本の環境であればそんなことをケアする必要もないですが、海外に行く場合は、食事や言葉など全てにおいての生活面が大きく変わって来ます。4年前の川村くんはホームシックになってしまったわけですが、それは必然的なことであり、一番ストレスが溜まる部分でもあります。それをケアすることが今回の僕の仕事であり、川村くんをフルサポートしようと思った一番のきっかけです」
鴨志田氏は、bjリーグの外国人選手のエージェントも行っている。日本に来る外国人は異国の地でプレイするわけであり、生活習慣など勝手が違う。今回の川村をサポートするのと同じように、外国人選手たちが日本で生活するための身の回りのケアなども行っており、それが鴨志田氏のエージェントとしてのスタンスでもある。

130606_04.jpg8月には結婚式を控えているという話を、一緒に二人を見送った鴨志田氏の奥様がしてくれた。それは奥様も泣くわけだ…。
しかし今では良き理解者となり、川村に大きな期待をかけて見送っていた。そして、川村にもまた家族がいる。
「嫁が背中を押してくれたから自分の中で決心がついた部分はありますし、レギュラーシーズンからずっとそうでした。あんたはもっと違う環境でやりなさい、と背中を押し続けてくれていました。自分の考え方も常にここ(日本やリンク栃木)だけじゃないというイメージを持っていられたのも、常日頃から言われて来たからだと思います」。2歳になる愛娘のことに話を向けると、「最近、練習に行くと言うと、寂しい表情を見せるようになったんです」と眼を細める。
それが今回のホームシックの原因になるのではないかという不安が過ぎる。「4年前はスカイプというものを知りませんでした。今は便利な世の中ですから、どうにかなるんです。もちろん実際に会えないのは寂しいですよ。これまで長く離れたこともなかったですし。成長時期に一緒にいられないのは親としては切ない部分もありますが、成功すれば6倍くらいになって帰って来られるわけですからね。がんばります」
守るべき人がいるからこそ夢中でがんばることができ、強くなれるものである。覚悟とともに責任もしっかりと備わっていた。

アダム・ウィルソンはコビー・ブライアントも頼りにする敏腕トレーナー

アメリカでのスケジュールは、「最初の2週間はバスケットボールスキルトレーナーとバスケットに特化したトレーニングを行います。まずは体作りをしながら、現地の環境に慣れるようにします。6月末から7月初旬にNBAのチーム関係者に個人トライアウトを行い、しっかり評価してもらって最低でもサマーリーグのロスターとして入れることが最初のミッションであり、そこは通過点です」と鴨志田氏。4年前と同じく、アダム・ウィルソン トレーナーが川村をしっかりサポートし、強化してくれる。
130606_05.jpg「アキレス腱を切ったコビー・ブライアントが、オフシーズンにトレーニングをする時はアダムのところでやるつもりだ。復帰するためにも彼の力が必要になる、と言うくらいのすごいトレーナーです。ガードの選手を中心に、ドリブルなどのスキルを教えるのが上手いですが、それ以上に選手の追い込み方がすごいです。メニューは激しいですが、選手がやらざるを得ない環境を作るんです。ヤダと言えないほど、選手たちはやってる時は夢中になっており、そして終わると尋常じゃないほど苦しいトレーニングです。あの追い込み方は本当に上手いです。川村くんはすでに体験していますが、端から見ていても辛い。bjの選手も何人か参加させたことがありますが、2日間くらいで筋肉が張りすぎてリタイアしました。ツーボールのドリブルとか…」とウィルソン トレーナーについて鴨志田氏に話を聞いていたら、川村が割って入ってきた。「ツーボールのドリブルが一番ヤバい。その後シュートが打てないほどです。ボールが飛ばないんですから。でも、それがパワーになるんです。そう考えると、やらなきゃいけないんですよ。辛い時にうまく力を抜くという常套手段があると思いますが、アダムの場合は一切抜けないです。マンツーマンですからね。辛いです。ドリブルだけでこんなキツいの?って思うほどすごいです」。日本人選手がNBAに行くためには、すでにNBAでプレイしている選手以上の努力は不可欠である。


アダム・ウィルソン トレーナーのトレーニング動画を発見

次に続く日本人NBA選手がいなかった寂しさを先駆者が吐露

日本人NBA選手の第一人者であるワッツ・ミサカさん。その後57年の時を経て、2005年に田臥勇太選手(リンク栃木)がNBAのコートに立った。あれから8年、未だに3番目の選手は現れず、今ではNBA選手を夢見る者もいないのかもしれない。そんな中、川村の挑戦を喜ぶのは、先駆者である田臥選手だ。「行って来いよ。お前ならばやれるよ、という後押しはありました。でも、なんかすごくうれしそうでしたね。4年前にチャレンジした時にロスで一緒にご飯を食べたのですが、その時にも、オレがチャレンジした後に、誰も続くヤツがいなかったのがすごく寂しい、と言ってたんですよ。そして、お前がこうしてアメリカに出て来てくれたことが本当にうれしい、とも言っていて、だからこそ次の日本人NBA選手が出て来て欲しいことを彼自身も望んでいるんだと思いますよ」
川村もまた、今回の挑戦へ向けて、「田臥勇太選手がやってくれた後に、間が空いてしまったことが日本のバスケ界にとっても足踏み状態になってしまったわけです。オレも4年前にチャレンジして、そこから時間が空いてしまいましたが、それなりに日本で経験を積みましたし、今、渡米して試す時期だと思って行動に移しました。川村ができるんだったらオレもやれるんじゃねぇの?と言うのをみんなにも分かって欲しいですね」とも話している。
後輩のため、日本のためとも取れる言葉を聞き、あらためて今回のNBA挑戦は誰のためであり、何のためなのだろうか?
「もちろん自分のキャリアのためもそうですし、バスケットボール選手としていられる時間も限られているので、そこをいかに有意義に過ごすか。そして、いかに自分が楽しんでバスケットボール選手を去る時を迎えられるかも、決めるのは自分自身。自分が成功することによって、日本のバスケ界に刺激を与えることもできるかもしれません。小さな刺激ではありますが、自分がトライすることで下の世代や同じプレイヤーたちのビジョンを広げられるようになれば良いと思っています」

リンク栃木を去ることを知らされたファンの反応は温かかったと言う。「最初は、辞めたらもうちょっと厳しいことを言われると思っていたんです。悪い方に考えていましたが、多くの人が声をかけてくれて、みんなが背中を押してくれて、すごいうれしかったです」

夢に向かった珍道中のはじまり、はじまり

130606_06.jpgすでにキャンプ地フェニックスに着いた鴨志田氏と川村の共同生活が始まった。バスケット以外でも新たなるチャレンジが待っている。自炊など身の回りのことも自分でやらなければいけない。「これまでのオレにそんなことする生活リズムが無かったわけじゃないですか。自分で何でもやらなければいけないということが無かった。その新しいことにチャレンジすることが楽しみです。鴨志田さんと一緒にスーパーに行くのが楽しみです。水から何から生活必需品を買うことからスタートします。もう楽しみでしかない!」
成田を発った翌朝、鴨志田氏から一通のメールが届いた。「家にはブライアン・クック(ワシントン・ウィザーズ)とアダム トレーナーを含めた4人での共同生活になりました。面白くなりそうです」と、初っぱなから想定外な事が起きている。4年前は、話す相手もいなかった川村にとって、これはうれしい誤算かもしれない。

楽しそうに炊飯器を抱えて日本を飛び立った川村に対し、月刊バスケットボールやすでに新聞報道に掲載された共同通信の記者、NBAを中継しているWOWOWなどメディアが駆けつけ、そして栃木から来たファンも一緒となり、彼らを見送った。bjリーグを制した横浜のレジー・ゲーリーHCも、たまたま同じ便で帰国する。その見送りに親友であり、リンク栃木でともに頂点を勝ち獲った戦友でもある山田 謙治選手も居合わせる偶然。
チャレンジを成功させるためには、運や人のつながりも大切な要素である。覚悟を決めた二人だからこそ、本気で手を差し伸べてくれる人はきっと現れるはずだ。そのためにも本気で打ち込み、もう日本に帰ってくるな、と激励する。そして、その先にあるジョーダンブランドとの契約やマイホームを建てる野望を叶えろ!

「楽しみ」と言う川村に対し、「もう不安しかない」と言う脱サラエージェント鴨志田氏。今後の生活のためにも、二人三脚で契約を勝ち取らねば明日はない!?
互いに方向音痴と言い合い、米ドルへの換金も出発直前に気付いて慌てる二人の珍道中が始まった。

鴨志田氏がエージェント業務を行う「ワールド・サービス・スポーツ」では、世界に挑戦する選手達へのスポンサードも募集している。資金の援助だけでなく、 サプリメント、食事、水などのスポーツ選手に必要不可欠な物品のサポートを募集中。
今年は川村選手一人に絞ったが、毎年夏にはアダム・ウィルソン トレーナーが行うキャンプには、プロを目指してスキルアップしたい選手にはその門戸を開いている。
お問合せはメールにて〈support@wssports.jp

text by IZUMI