アーリーエントリーでコートに立ったルーキーズ(トヨタ東京#11宇都 直輝選手、#24田中 大貴選手、#88張本 天傑選手)

ベンチを盛り上げるルーキーズ

ベンチを盛り上げるルーキーズ

bjリーグ同様、NBLでも新卒選手がシーズン途中から公式戦に出られるアーリーエントリー制度が導入された。先陣を切り、トヨタ自動車アルバルク東京が3人のルーキーたちを迎えた。歴史に残る第1号アーリーエントリー選手として、2月1日の試合から出場したのは#11宇都 直輝(専修大学)。チームと契約したのも3人の中では一番早く、昨年9月には決めていたそうだ。エントリーできる2月1日に合わせ、その2週間前からチームに合流し、トヨタ東京の練習に早々に参加していた宇都。#24田中 大貴(東海大学)と#88張本 天傑(青山学院大学)は、テストやトヨタの一員として欠かせない(?)運転免許取得のために遅れ、2月4日(火)から練習をスタート。その4日後となる2月8日(土)、都内は積雪20cmを越える大雪に見舞われる中、3人揃ってホームコートデビューを果たした。

まさかのエアボールに「緊張しました」

#24田中 大貴選手

#24田中 大貴選手

2月1日にいち早くデビューしていた宇都にとっては、すでに3試合目を終え余裕の表情。
「先週の2試合は緊張しましたが、今日はそんなこともなく自分のやるべきことをやれたかなと思います。少しずつNBLにも慣れて来ています」
張本にこの日の出場機会は与えられなかったが、宇都とともにコートに入った田中。1月に行われたオールジャパンでは、イースタンカンファレンス首位に立つ東芝ブレイブサンダース神奈川を相手に17点を挙げ、堂々たるプレイを見せたばかり。
その一挙手一投足を見逃さないように追いかけていたが、デビュー戦ではまさかのエアボール。
「緊張しました」
すでに日本代表としても活躍し始めており、同世代の中では群を抜いた存在感を示してきた田中ではあるが、新人らしい姿を見せてくれたことで逆にホッとさせられた。
田中のコメントに宇都が乗っかってくる。
「僕もそんな緊張なんてしないと思っていたのですが、めちゃガチガチですごい緊張しました」
確かに宇都は、そんなタイプに見えないが、やはりデビュー戦は緊張するようだ。
残念ながら出番は無かったが、張本は率先してベンチを盛り上げた。
「とりあえずベンチを盛り上げることに専念していました。他の2人は全然乗ってくれなかったですけど…」
これにも宇都がすぐさま反応し、「ちょっと一緒に立ってたよね」と同意を求めた先にいる田中は黙って頷く。
クールな田中にとっては、立ち上がるだけでも精一杯の盛り上がりだったのだろうと助け船を渡すと、再びコックリと頷いていた。

面倒見が良いトヨタ東京の先輩たち

宇都と張本は同じ中部大第一高校出身であり、田中とともにもこの3人は仲が良い。まさかとは思うが、トヨタ東京入りは仲良し3人で一緒に入ろうと話し合ったのではないか?疑惑の目を向ける。
宇都「結構早い段階で、僕が最初に決まってました」
田中「次に僕が決めて、天傑は迷ってました」
張本「大貴が決めた後、ご飯に行こうって誘ってきた時に、一緒にやろうよと言われました。お前がそういうならば良いよ、みたいな話はしましたね」
田中「それは全くのウソです。相談は受けましたけど、最後は自分の行きたいチームに行くべきだというアドバイスをしました」
宇都「自分の進路は自分で決めるのが一番です!」
田中「ただ、同期がいないよりかは、いた方が良いとは思いました」
張本「俺だって他のチームに行って、同期一人だったら寂しいもん」
最終的には自分の意思で決めたということにしておきつつ、この会話で仲の良さは分かってもらえたことだろう。

#11宇都 直輝選手

#11宇都 直輝選手

強豪・トヨタ東京の一員となったわけだが、チームの印象について伺ってみた。
宇都「このチームに入って良かったと純粋に思いますよ。先輩たちも良い人たちばかりですし、練習中も声をかけてくれていろいろと教えてくれます。すごく面倒を見てくれます」
田中「大学の頃とは違うバスケットなので、新鮮で楽しいです」
張本「先輩たちが優しいので、分からないところがあれば声をかけてくれます。ただ、英語には苦労しています。ミーティング中は英語しか話していないです」
英語が飛び交うと張本が紹介してくれたが、ちょうど先日行われたドナルド・ベックHCによるコーチングセミナーを受講した際、伊藤 拓摩アシスタントコーチがそのことを紹介していた。
「1分しかタイムアウトが無い中で、通訳を介すとどうしても時間が無くなります。そこでHCが使う英語を単語レベルから、練習中は常に使うようにしています。だから練習中は僕も英語しか話さないですし、分からなかった時に選手が聞いてくる。今では竹内(公輔)選手や岡田(優介)選手も通訳いらずでヘッドコーチと会話ができています」

初めての外国人コーチとのコミュニケーションに苦戦する3人だが、ベックHCに対してはどのような印象を持ったのだろうか?
宇都「結構なんでも言う人だと思います。パスにしても、ドリブルにしても、シュートにしても、全てにおいていろんなことを指導しますので、そこは自分で判断しながら必要なことを吸収して上手くなっていきたいです」
張本「ベックHCとはまだ4日しか経っておらず、しっかり練習をしたのも2日間だけなのでまだよく分かりません。でも、厳しいところは厳しいですし、自分のバスケットというかポリシーを持って指導してくれるので、そこはすごく良いところです」
田中「僕も同じです…」
では、ベックHCは彼らをどう評価しているのだろうか?
「まだまだチームに合流して日が浅いので、全てはこれからです。3人とも能力の高い選手ですから、必ずチームの宝になると期待しています。ただし、急に成功できるわけではないので、しっかり時間をかけて育てていきたい」

「ファンは家族」by 天傑

#88張本 天傑選手

#88張本 天傑選手

すでにバスケを知っている方にとっては名の通った彼らではあるが、あらためて自己PRとファンの方々へのメッセージを寄せてもらおう。これまで口数の少なかった田中からコメントをもらうことにした。
田中「今日は最後に出るような感じでしたが、これからはチームのスタイルや外国人の体の当たりに慣れて行って、勝負を決める場面でも試合に出られるようにがんばります」
張本「まだ出番が無いのでまずはベンチを盛り上げて、見ている人にトヨタ東京の試合は楽しいと思われるように盛り上げていきたいです。自分はファンのことを家族だと思っています。家族からの応援は力になりますし、家族と一緒に今後も戦って行きたいです」
それでは一番最初にトヨタ東京入りを決めた宇都に締めてもらおう。
宇都「観客を楽しませるのが得意なので、そのようなパフォーマンスも大学時代と変わらずやって行きたいですし、そういうところも見ていただきたいです。ファンと一緒に戦う気持ちでプレイしますので、ぜひ会場に来て応援してください」
宇都と言えば、誰に言ってるのかわからないほど試合中によくしゃべるイメージがある。今日は静かだったと、今度は筆者の方から突っ込んでみた。
宇都「今はまだプレイすることで精一杯で余裕が無いので、まだそこは出せてません」
張本「今日の試合でちょっと言いそうだったよね。ハーフラインでファウル取られた時に…」
宇都「あれは大丈夫。俺ももう大人だから!」
コートに出た直後に犯したファウルに対し、宇都はすぐさまベックHCにベンチの傍まで呼ばれ、なにやら言われていた。
宇都「はい。落ち付けって言われました」

翌9日には張本もコートに立ち、アーリーエントリーの全員がデビューを果たした。
宇都は約1ヶ月、田中、張本も10日を経たことで少しは余裕を持ったプレイが見られるかもしれない今週末は、つくばロボッツを迎えて行われるホームゲーム。
しかし、前日となる2月14日、先週同様に東京都内は大雪に見舞われている。
誰だ?雪男は!

  • 2月15日(土)16:00 トヨタ東京 vs つくば@代々木第二体育館
  • 2月16日(日)15:00 トヨタ東京 vs つくば@代々木第二体育館
  • 2月22日(土)15:00 アイシン三河 vs トヨタ東京@ウィングアリーナ刈谷
  • 2月23日(日)15:00 アイシン三河 vs トヨタ東京@ウィングアリーナ刈谷
一日も早くチームに、NBLに慣れ、勝利を呼び込む活躍に期待が高まる。

一日も早くチームに、NBLに慣れ、勝利を呼び込む活躍に期待が高まる。

トヨタ自動車アルバルク東京
NBL

泉 誠一