bjリーグからNBLへの転身(千葉ジェッツ#9田中健介選手/レジー・ゲーリーHC)

bjリーグからNBL参戦に唯一手を挙げた千葉ジェッツ。迎えた新シーズンは日立サンロッカーズ東京、リンク栃木ブレックスを破り、開幕4連勝。昨シーズンまでトヨタ自動車アルバルク東京のベンチに甘んじていた小野龍猛や荒尾 岳、リンク栃木ブレックスへ移籍しプレイタイムが大幅に減った宮永雄太らが、千葉で息を吹き返した。
しかし、その4連勝はビギナーズラックに過ぎなかったとも言える。
5戦目以降は黒星が続き20連敗。交流戦で何とかウェスタンカンファレンスの下位チームから白星を奪ったが、気が付けばイースタンカンファレンス最下位が定位置となっていた。

千葉ジェッツの指揮官レジー・ゲーリーHC

千葉ジェッツの指揮官レジー・ゲーリーHC

赤ん坊からの成長を遂げ、歩き始めた千葉ジェッツ

指揮を執るのは昨シーズン、横浜ビー・コルセアーズを率いてbjリーグを制したレジー・ゲーリーHC。目指すべきスタイルに対し、シーズンを通して徹底させるコーチングには定評があり、尻上がりに調子を上げる印象が強い。外国人選手が離脱したり、ケガ人が出たり、選手が揃わない日々も多く厳しいファーストシーズンでもあった。それでもやるべきことを徹底し続けて来たゲーリーHCのチームらしく、シーズン終盤を迎えた今、離陸し始めている。
「私のコーチングフィロソフィーに対して、選手全員が理解を深めて来たことが一つ。そして2つ目に、練習は絶対に休みません。疲れてくるシーズン後半でも、ずっと変わらない練習を続けています。チーム終盤に一番ベストなバスケットができるという目標を当初から掲げていました。今でもそれに向かって、選手たちとともに毎日上達しようと努力を続けています」

昨シーズンから続けて千葉でプレイするのは佐藤博紀、一色翔太、田中健介の3人のみ。それ以外の選手は入れ替わり、ヘッドコーチらスタッフも新たに、心機一転のスタートを切った。その状況に対してゲーリーHCは、「新しい選手を迎えたばかりのシーズン当初は、チームとしてはまだ赤ん坊でした。今は次のステップへ移り、ようやく歩き始めたという状況です」と説明。
歩き出した千葉は交流戦を終えた後、日立東京に勝利を挙げ、当時3位だったレバンガ北海道に連勝し、3連勝で迎えた4月12日(土)、2位トヨタ自動車アルバルク東京戦。この試合からケガで戦列を離れていた小野が復帰。チームもディフェンスが機能し、トヨタ東京を相手に30-19とリードして前半を終えた。しかし、後半に入るとトヨタ東京#10岡田優介の3Pで点差を縮められ、開始5分で逆転される。さらにトヨタ東京に連続得点を許し、次第に点差は離れていき、54-66で敗れた。翌日の試合も前半は優っていたが、62-81で同じように後半に畳みかけられ2連敗。
それでも千葉は意地を見せた。それがこれまでと違うところとも言えよう。
「選手たちが本当に戦う姿勢を持ってこの試合に挑んでくれたことにすごく満足しています。最近はチームとしても調子も上げており、勝ちに行ったという選手たちの気持ちが伝わって来たことがうれしい」とゲーリーHCは評価していた。

千葉ジェッツ#9田中健介選手

千葉ジェッツ#9田中健介選手

2年前のオールジャパン敗戦後、もう一度JBLチームと戦いたい…

生え抜き選手の一人である田中健介。取材を行った4月12日のトヨタ東京戦は、途中から出場しプレイタイムは8’45、2得点。今シーズンの先発出場は1回きり。しかし昨シーズンは、プレイオフを含めて55試合中44試合で先発を務めて来た。今シーズンの先発PGは、元JBL選手である宮永が任されている。
「それは………しっかりと自分の中で受け止めています。まだまだ足りないものがあるのだと思うし、しっかりステップアップしていきたいと思います」
一瞬言葉を詰まらせた後、気を取りなすように前向きな言葉を並べた田中。自分でも意地の悪い質問だと思う。しかし、田中には内なる熱い思いがあるはずだ。

先発PGを務める千葉ジェッツ#7宮永 雄太選手

先発PGを務める千葉ジェッツ#7宮永 雄太選手

遡ること、2年前の正月。bjリーグとして初めてオールジャパンの舞台に立ち、公の場でJBLチームと対戦。しかし結果は、3回戦でのレバンガ北海道を相手に、59-97と大敗。先発出場した田中は人一倍悔しがっており、もう一度JBL選手と対戦したい気持ちが強い、という話を耳にしていた。
「元々持っていたイメージとして、同じポジションでありマッチアップするガード陣は僕から見てすごくレベルが高いと思っていました。もちろんbjリーグにも素晴らしい選手はいます。それでもフィジカルやバスケットボールIQ、ゲームの組み立て方に関しては、JBLにはレベルが高い選手が多いと感じていたので、戦いたいとずっと思っていました。また、そういった環境で揉まれて、さらにレベルアップしたいという気持ちも強かったです」

望んでいた挑むべき舞台に来たにも関わらず、思うようにプレイできない日々が続く。
「成長はできていると思いますが、まだ気持ちの部分に足り無さも感じています。モチベーションの部分で、少し今シーズンはつまずいてしまった時がありました」
ケガもあったが、それ以上に気持ちがついて行かずに、モチベーションを高く保つことができない時期があった。
しかし、今は違う。現状を受け止め、チームとともに前を向いたことが、千葉が離陸を始めた一つの要因とも取れる。
「まずはコーチが求めていること、チームとして役割を与えてくれていることを、しっかりと残る試合でしっかり出し切り、なおかつ自分のプレイを出していけたら良いと思います」

旧JBL選手との戦いを臨んでいた田中にとって今は楽しいか、という質問に対し、逆に「どう思います?」と聞き返された。
率直な意見として、今日の千葉の戦う姿勢は見ていて楽しかったことをまず挙げた。しかし、田中個人に関しては、もっとアグレッシブに点を獲りに行く姿勢が見たいと注文をつけた。ボブ・ヒルHCが率いていた最後の東京アパッチで、得点を獲るプレイスタイルのイメージがすごく強い。得点能力の高さが、田中の魅力とも感じていた。
「そうですね。まだ楽しめるところまで行けていないのが正直な気持ちです。もっと楽しめるようにがんばります。NBLの舞台でしっかり戦って行けば、成長できるという手応えはしっかり感じていますので、もっともっとがんばります」
コーチからの信頼をつかみ、本当の姿を見せてくれるのは時間の問題だと期待している。

「ディフェンスからチームを作らないと勝つチャンスはない」と言うゲーリーHC

「ディフェンスからチームを作らないと勝つチャンスはない」と言うゲーリーHC

歴史があり、長い時間をかけて作ってきたチームが多いNBL

話題を変え、bjリーグとの違いを聞いてみた。
「何だろうなぁー。ん〜違い……どっちも良いかな!」
そこは変わらず素っ気ない。同じ質問に対して、ゲーリーHCに饒舌に語ってもらおう。
「ルールなどたくさんの違いはありますが、一番大きな違いとして、歴史のあるチームが多いということです。長い間続けてきたことで、チームフィロソフィーが確立されてあり、選手全員の共通理解があります。ラン&ガンのようなスタイルのチームはなく、それぞれに確固たるシステムがあり、そこにフィロソフィーがしっかり備わっているのが大きな違いです。もちろん、bjリーグのことをすごくリスペクトしていますし、素晴らしい日本人選手もいます。それを踏まえつつ、bjリーグとは日本人選手のサイズの違いも感じています。オンザコート1の時間帯にその差は大きく感じており、サイズのある選手が多いです。特にトヨタ東京や東芝神奈川はサイズがあり、能力が高い選手が揃っています。でも、コーチとしてはそのようなタレントが揃ったチームに対して、向かって行けることはすごくうれしいチャレンジでもあります」

トヨタ東京に勝つことはできなかったが、今週末には首位・東芝ブレイブサンダース神奈川に挑むホーム最終戦が待っている。そして来週、プレイオフ争い真っ直中のリンク栃木ブレックスとの対戦が今シーズン最終戦。上向きつつある千葉にとっては大きなチャレンジであり、ゲーリーHCのモチベーションも高い。
「我々にとってもエキサイティングな時期であり、千葉にとってのプレイオフだという意識で戦っています。先々週の日立東京に対しての1勝、先週は北海道から2連勝を挙げられたことで、チームにとっても明るい光が見えて来ています。終盤を迎えた今だけではなく、この戦い方を来シーズンへしっかりつなげなければいけません。トヨタ東京戦も前半は良かったですが、後半はうまく行きませんでした。それをしっかり持続させ、結果につなげたい。チーム、選手、ファンの全てにとってもエキサイティングな展開で、シーズンが終われるように一生懸命戦って行くだけです」
歩き始めた千葉が、プレイオフチームと対戦する終盤。大人のチームへと成長する瞬間が見られるかもしれない。

  • 4月19日(土)18:00 千葉 vs 東芝神奈川@船橋アリーナ
  • 4月20日(日)14:00 千葉 vs 東芝神奈川@船橋アリーナ
  • 4月26日(土)18:00 リンク栃木 vs 千葉@宇都宮市清原体育館
  • 4月27日(日)15:00 リンク栃木 vs 千葉@宇都宮市清原体育館

千葉ジェッツ
NBL

泉 誠一