三菱電機ダイヤモンドドルフィンズの新戦力・石崎巧 「今までとは違う目線でアイデアを出していきたい」

12月5日、6日、NBL交流戦として行われた東芝ブレイブサンダースー三菱電機ダイヤモンドドルフィンズは、75-90で1戦目を落とした三菱電機が2戦目を97-85で勝ち取った。

左手の肘を故障している石崎巧は「強いコンタクトや曲げ方によってまだ痛みがある」と言うものの2戦目の第2Qに出場すると、しょっぱなの3Pから流れを呼び込み逆転勝利に貢献。今季からチームの指揮を執るスペイン出身のトリフォン・ボック・ロペスHCは新戦力・石崎について「シューティングガードもフォワードもできる彼がいることでチームの可能性が広がる」と語り、チーム全体のシステムを変えようとしている過程で「ヨーロッパでプレーした経験を持つ石崎は私がやろうとしているヨーロッパスタイルのプラス要素になる存在」と大きな期待を寄せている。

JBL時代の東芝からドイツに渡り、bjリーグ(島根スサノオマジック)を経て、ドイツ2部リーグ(BVケムニッツ99ers)、1部リーグ(MHPルートヴィヒスブルグ)を経験した石崎がこれから日本の舞台でどのような活躍を見せてくれるのか。今季もっとも注目を集めるプレーヤーに現在の心境を聞いた。

石崎 巧選手(左)と柏倉 秀徳選手(右)

石崎 巧選手(左)と柏倉 秀徳選手(右)

ー 4年ぶりに帰ってきたNBL(4年前はJBL)について

「今回対戦した東芝もかつて一緒にプレーしたのは宇田(康利)と山下(泰弘)だけですし、新しいチームになったなぁという感じがします。その中で僕もこのリーグがどんな舞台なのかをしっかり見極めて自分のプレーを出していきたいと思っています。
 今はリードされている場面だったりとか難しい状況で使われることが多いので、途中から流れを変えるような今までと違った役割を担っているという意識もあります。そういった意味でも今はいろいろ模索しながらやっている部分もありますね。
 でも、少しずつ味方の特徴もわかってきたし、このチームの生かし方も少しずつわかってきているので、今までよりさらにいい結果につながる仕事ができるという手ごたえはあります。(五十嵐)圭さんや柏倉(秀徳)さんとはまた違った持ち味でチームをリードしていければと思っています」

ー 三菱電機をどう牽引したいか?

「一番大切なのは、“いかに自分たちの良さを生かせるか„ということだと思うんですが、今はまだ日本のスタイルというか、日本で強いチームのスタイルみたいなものを意識し過ぎて通り一辺倒になっているような気がします。もっと違う方向からの試合の動かし方だったり、アドバンテージの造り方だったり、今までとは違う目線でアイデアを出してそれを生かせるようにすること、それをいかにうまくみんなに伝えて、いかにわかってもらえるかが自分の仕事だと思っています。それは決して今やっていることを否定することではなく、バリエーションを増やしていくということですね。アイデアを出して、それについて話し合っていくことでチームのポテンシャルも上がっていくと思うので。一試合ごとに対策をしっかり持って臨んでいけば(三菱電機は)トップレベルのチームになる力はあると思っています」

ー 司令塔という仕事について

「圭さんとは以前は違うチームだったし、代表でも同じポジションを争う相手だったので、多少ライバルという意識もあったかもしれませんが、今はチームが勝つためにいなくてはならない存在だと考えています。ボールさばき、シュート、時折見せるおしゃれなパスにもセンスが光るし、やっぱりうまいなと思いますね。中でも得点につながる(選手)という面ではリーグのトップクラスと言えるんじゃないでしょうか。その圭さんを気持ちよくプレーさせるというか、あの人を生かしたチーム作りをすることは自分の役割の1つだと思っています。僕は別に司令塔というポジションでなくても、仮に自分が2番ポジションで出ていてもコントロールという仕事はできると思っていますし、これは僕個人の考えですが、僕が1番で出て、圭さんが2番で出てもいいし、要はその状況に応じて、僕と圭さん、柏倉さん、また朝山さんが40分の中でそれぞれの役割を果たせればいいわけです。だから、今は司令塔という役割にこだわってはいません」

ー トリフォン・ボック・ロペスHCについて

「相手の特徴に対する自分たちの戦力をよく見て、そこを強調していこうという意識がすごく強いコーチだと思います。試合を見て、今どこが足りていないかということもしっかり指摘してくれるコーチでもありますし、加えてヨーロッパのスタイルというのは自分としてもなじみ深いものがありますから、やっていてやりやすいという印象は強いですね」

ー 現在の日本バスケットボール界が陥っている苦境について

「こういうふう(FIBAから制裁を受ける)になってしまったことは現実ですから逃げるわけにはいかない。今は自分に何ができるかを考え、できることに取り組んでいくしかないと思っています。自分がバスケットをやっていく上で1番大事なことは日本代表を勝たせることであり、それを目標としてやってきたわけですから、今はどんな状況であろうと、また国際大会で日本が戦える日が来るまでやれることを全力でやるしかありません。
 また、同じNBLのつくばロボッツの問題についても情報をチェックしながら、みんなでよく話し合ったりしています。明日は我が身じゃないですけど、この問題についてはみんな敏感に反応しているし、決して他人事ではないという思いは強いですね」

ー これからの自分について

「以前(東芝時代)はもっと得点することを意識していました。でも、今は『誰もがやらなくてはいけないのに、誰もができていないこと』を見つけてプレーすることを心がけています。いろいろなチーム状況に対応して、結果につながる仕事をするというのは自分の中のテーマでもあり、今は少しずつですがそれができるようになってきたかなという思いはあります。これからもそのテーマを追求して努力を重ねていくことに変わりはありません」

出番を待つ石崎 巧選手(左)と鵜澤 潤キャプテン

出番を待つ石崎 巧選手(左)と鵜澤 潤キャプテン

三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ
NBL

松原 貴実