楽しみなチャレンジ!(大神雄子選手)

中国へ出発直前の大神雄子選手

中国へ出発直前の大神雄子選手

アジア選手権を制した女子日本代表チーム。あれから1週間が経った日曜日の朝。TBSサンデーモーニングではおなじみのご意見番から43年振りの快挙に“アッパレ”をいただいた。同じ週末、ハヤブサジャパンメンバーはWJBLの開幕を迎え、所属チームに戻ってレベルアップを図り始めた。アジアチャンピオンとなったが、個々のレベルアップはサッカー日本代表同様に課題となっており、選手たちは「レベルアップ」を合言葉に分かれ、来年の世界選手権を目指す。

11名の選手たちはすでに主戦場となるリーグへ復帰。12名いるハヤブサジャパンの残る1人、キャプテンの大神雄子は新たなる舞台へ挑戦するため、中国へと向かった。
今シーズン、WCBA(中国女子バスケットボールリーグ)の山西フレーム(SHANXI XING RUI FLAME)へ移籍を果たした大神。昨今のWCBAはアメリカWNBA選手も多く活躍しており、山西フレームにはWNBAを制したミネソタ・リンクスのマヤ・ムーア(WNBAファイナルMVP)がいる。NBAドラフトにかかるのではないか、と話題に挙がったダンクする女子選手ブリトニー・グライナーも中国でプレイ。また、山西フレームの指揮官は、今年のヨーロッパ選手権で優勝したスペイン代表のルーカス・モンデーロヘッドコーチであり、その他のチームにもアメリカ人スタッフが大勢おり、「本当にアメリカの環境をそのまま中国に持って来たという感じ」と話す大神。そんな環境に飛び出す今の心境を聞いた。
「代表でしか戦えなかった中国やその他の国の選手たちと、今度はチームメイトとして一緒にできるのはおもしろいことです。WNBA選手はアメリカ代表選手も多く、ヘッドコーチがスペイン代表のコーチでもあるので、世界で戦えるという感じがすごくあります。また、WNBA選手や他の国の代表レベルの選手が集まって来るアジアNo.1リーグ。世界でもヨーロッパに次ぐレベルに来ているし、それが身近にあるという中国は良い環境だと思います」

山西フレームはJX-ENEOSや日本代表のスタイルと似ていると大神は言う。
「昨シーズンのファイナルのビデオを見ましたが、結構走るし、アメリカ人選手もオールラウンダーであり、インサイドだけにこだわってる感じではなく、本当に速いバスケットができるんじゃないかな。一番好きなパターンです。自分がそこに行けば普通にフィットできると思うんですよね。本当に速いバスケットをするチームで、昨シーズンのファイナルでも80〜90点を獲っています。ワンパス、ツーパスでシュートまで持って行きますし、アタックが速い。もちろん私自身も点数はしっかり獲って来ます」

新天地に不安は無いかと聞けば、「楽しみの方が大きいんですよね」と即答した。それは大神自身がこれまでアメリカWNBAへ挑戦したり、そのために語学を習得するなどの努力と経験が今回の不安を払拭しているようだ。
「最初にアメリカに行った時は、メチャメチャ孤独感とか、英語を話せなかったので不安で仕方なかったです。今回も中国語を話せるかと言ったら、話せ無いんですけど全然違いますね。何なんでしょうね。知らないところに飛び込むのももう初めてじゃないですし。プレイだけではなく、気持ちの部分や精神的な部分でこれまで経験したことが大きいんだと思います」

バスケが上手くなりたい!これはプロ選手やトップにいる選手であれば、誰もが抱く欲求だ。
しかし、こうして一歩外へ踏み出してチャレンジする選手はなかなかいない。逆に言えば、それだけ日本のリーグは恵まれているとも言える。それは誇るべきではあるが、他の競技を見れば海外リーグに籍を置く選手が多いほど、日本代表の成績も高い。サッカーしかり、バレーボールしかり、である。
選手それぞれに覚悟はあり、信念を持ってプレイしていることだろう。だけど、海外に渡る選手が増えることで、日本にいる我々にとってもバスケットはもっと楽しくなれる。そう、大神が言う「世界で戦えるという感じ」を、応援する我々もいろんな選手を通じて体感したい。
大神の中国挑戦は、120%応援する価値がある。パイオニアとして様々な経験を積み、ぜひとも男女問わず日本人選手たちに還元してもらい、そしてその道をなぞる選手が現れることを楽しみにしよう。

大神雄子選手ツイッター

山西フレーム試合スケジュール

  • 2013/11/19  HOME  19:30  八一
  • 2013/11/23  HOME  19:30  遼寧
  • 2013/11/26  AWAY  –:–  浙江
  • 2013/11/30  AWAY  –:–  沈部
  • 2013/12/03  HOME  19:30  雲南
  • 2013/12/07  HOME  19:30  山東
  • 2013/12/10  AWAY  –:–  広東
  • 2013/12/14  AWAY  –:–  江蘇
  • 2013/12/17  HOME  19:30  北京
  • 2013/12/21  HOME  19:30  上海
  • 2013/12/24  AWAY  –:–  黒竜江
  • 2013/12/28  AWAY  –:–  八一
  • 2013/12/31  AWAY  –:–  遼寧
  • 2014/01/04  HOME  19:30  浙江
  • 2014/01/07  HOME  19:30  沈部
  • 2014/01/11  AWAY  –:–  雲南
  • 2014/01/14  AWAY  –:–  山東
  • 2014/01/18  HOME  19:30  広東
  • 2014/01/21  HOME  19:30  江蘇
  • 2014/01/25  AWAY  –:–  北京
  • 2014/01/28  AWAY  –:–  上海
  • 2014/02/04  HOME  19:30  黒龍江

※AWAYゲームの試合時間は未定

〔告知〕大神雄子選手の中国挑戦や日本代表への思いなどさらなるインタビューはライター三上 太氏によりすでに行われており、本誌創刊号でガッツリ特集します!

文・泉 誠一