ベテランたちがすべき、ムチャクチャなこと(延長戦2)「コーチとベテランの距離関係」

横浜ビー・コルセアーズの竹田謙選手(タケさん)と千葉ジェッツの伊藤俊亮選手(イートン)がクラブの枠を越えた友情対談。タケさんはWリーグのデンソー・アイリスでアシスタントコーチを経験した後の現役復帰。また、両チームのヘッドコーチは同世代ということもあり、コーチ談義に花を咲かせた。

女子の方が正確さは絶対に上だし、シンプルなプレイが上手い

ーー イートンはコーチを目指しているの?

伊藤:コーチライセンスは一応取りましたが、コーチは向いてないかなぁ。あまり自分がコーチしている姿が想像できないですね。

竹田:イートンは女子のコーチになればいいじゃん!今、みんなデカいから。小川(忠晴)さん(新潟)とか、古田(悟)さん(羽田)とか。あと、トム・ホーバス(JX-ENEOS)もいるし!

伊藤:いやいや、デカいから良いって話じゃないでしょ!

竹田:Wリーグのコーチ陣の平均身長は2mとかね。

伊藤:そっかぁ〜。いやいや、そっかぁ〜じゃないっ!

竹田:でも、女子はおもしろい。そんな偉そうに言ってはいけないけど、女子は女子で本当におもしろいよ。

伊藤:バスケに対するワンプレイの解釈が男子とは違うイメージがあるけど。

竹田:戦術も違うし、韓国の女子はまたスタイルが違って勉強になる。いろんなバスケットがあっておもしろいよ。

伊藤:実際にかみ砕いて男子でやろうとすると、どうやってんのかなって思うときがある。

竹田:やっぱり身長差や身体能力の部分での差があるから、100%同じようにははめ込めない。でも共通するところもあるし、男子よりすごいところも多い。正確さは絶対に上だし、シンプルなプレイが上手い。

食わず嫌いにならないように注意

ーー 選手としてヘッドコーチに求めることは?

竹田:僕はとりあえずそのコーチの求めることをやってみるだよね。

伊藤:それはいつも言ってるよね。やりきらないと合ってるかどうか、本当のところは分からない。

竹田:特にブレックスのときの(アンタナス)シレイカは、やってみたらメッチャ楽しかった。そう思わない選手もいたけど、それはもったいないなと思ってた。

伊藤:食わず嫌いにならないように注意してる。外国人コーチの場合、ある程度はそのお国柄を知ろうとするようにしてる。三菱(現・名古屋D)のときに来たスペイン人の(トリフォン・ポック)ロペズ ヘッドコーチも言葉の問題ですごく苦労していたので、メシの後に残って世間話をしてた。それだけで少しは違うのかなという感じもする。

ーー 現在、二人ともヘッドコーチは同世代となるが、どんな感じなの?

竹田:昨年は、僕もアシスタントコーチとして1年目で、(青木)勇人さんとも「お互いに大変だよね」という話はしており、その延長線上に今もいる感じ。なるべく自分が思ったことはどんどん言うようにしている。勇人さんからもそれを求められているし、みんなが思ってることを伝えるようにしてる。せっかく年齢も近いし、選手時代から感覚も近かったので、そこはプラスにしていきたい。

伊藤:ウチの大野(篤史)さんは名選手であり、若い頃にお世話になった先輩。細かい問題になりそうなところで、迷惑をかけないようにするスタンスでいます。

竹田:大野さんは厳しい?

伊藤:広島で(佐古)賢一さんと一緒のときから前に出て話している感じだったらしい。若いチームをこうやってこう作っていく感じ。分かります?こういう感じで!こうやってやるというよりは、方向的にこう……

竹田:ゴメン、全然わからない!

伊藤:綱を引っ張って方向性を出していくというよりは、モノをスッと…

竹田:全然違いが分からない。ついてこいってタイプでは無いわけね。やさしいんだね

伊藤:横浜とどっちのヘッドコーチがやさしいかは、そのコーチの下になってみないとは分からないけどね。

竹田:勇人さんはメッチャやさしいから。本当にやさしい。『ミスターやさしい』。そういう意味では、気を遣わさないようにしなければいけないって思ってる。とは言ってもヘッドコーチと選手だし、最終的に決めるのはヘッドコーチであり、その責任も負ってるわけだからね。そこの線を引くのは難しいかもしれないけど、僕としてはヘッドコーチの決断には100%従う。それまでに自分が思ったことはちゃんと伝えるようにして、そこから選んでもらい、自分はその決断に対して一生懸命やるだけです。

今週末(12月17日-18日)はどちらもホームゲーム開催。ムチャクチャがんばってるタケさんとイートンをぜひ会場で応援しよう!

(おしまい)

千葉ジェッツ
横浜ビー・コルセアーズ

文・泉 誠一 写真・羽田 寛幸