名も無き選手がつかんだトップリーグ(つくば#9田中大地選手)

tkb131118a「JBL経験がある選手はキャプテンの中川(和之)選手だけ。あとのみんなは初めてトップリーグでプレイする選手ばかりです。NBLでは高校から全国の舞台で活躍してきている選手ばかりの中に、僕も含めて関東大会にも出られないような選手ばかりのチームです」
つくばロボッツのチーム事情を紹介してくれたのは#9田中 大地。練馬高校〜東京成徳大学出身、学生時代は全国大会とは無縁の選手。東京成徳大学も関東3部から2部に昇格させたが、卒業時には再び3部に降格。インカレ出場経験もない。

しかし、NBLの舞台に立てば過去の経歴は一切関係ない。田中とともに先発を務める#20河相 智志は思い切り良くゴールを狙い、これまで平均13.1得点。オンザコート1の時間帯に登場する#19中村友也はNBLオールスターゲームへの出場を決めた。対戦した三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋の選手たちも、「元JBLチームを倒せば、彼らにとっても成長や自信につながるので、そういう意味では相手はガムシャラに来ますし、僕たちも負けられない」と気を引き締めて迎え撃つ。
経歴や身長こそ見劣りはするが、ウォームアップ時にはどんどんダンクを決める身体能力の高さがあるつくば。185cmの田中も学生時代からダンクには定評がある。

Fのマッチアップは田中(185cm)×ウンバイ(206cm)

“仲間を信じ、チーム力で闘う”とは、つくばの今シーズンのスローガンだ。現状は実戦経験を積みながら、チーム全員で勝利を目指し、ガムシャラにコートの中で戦っていた。チーム名でもあるつくば市で初開催となった11月14日-15日の平日に行われたホームゲーム。三菱電機名古屋と対戦し、2連敗を喫したつくばはファンの前で勝利を飾ることはできなかった。
この試合、田中は身長差21cmある206cmのアマット・ウンバイをマーク。
「アメリカでもPFができるくらいのサイズがありながら、能力が高く、スピードもあり、さらにボールハンドリング良くボール運びもできます。そこで自由にやらせてしまうとリズムに乗り、手がつけられなくなってしまうから、なるべくボールを持たせないようにディナイしてがんばれという指示でした。やっぱりどうしてもミスマッチをつかれて、上からパスを通されてしまいました。横の幅でがんばっていても、どうしても上から打たれてしまったのは反省点です。明日は簡単にボールを持たせないようにもっとハードにディフェンスをしていきたいです」
ウンバイに24点を与えた初戦を終えた後のコメントだったが、翌日も23点を奪われる。ダンテ・ヒルHCにディフェンスを買われ、これまで16試合全てにおいて先発出場を果たす田中。身長差があるとはいえ、悔しい結果に終わった。

tkb131118b

「ディフェンスではしっかり声を出してチームを引っ張っていきたい気持ちは強いです。チームとしては、スタメン5人が2桁獲れるようなオフェンス面でのレベルアップが必要です。今はまだムラがあり、オレが15点獲ったら他の選手が2点しか獲れないこともあれば、オレが2点で他の選手が20点を獲るような試合が続いています。常に5人全員が2桁得点を挙げることができ、リバウンドもセンター陣だけに頼らずみんなで獲れるようにし、チームとしてバランス良く誰もが何でもできるようになれば、もっと強くなると思っています」

スマートな旧JBL勢に勝つためにプレイの原因を追及しながらバスケIQ向上中

昨シーズンはデイトリックつくばの一員として、JBL2でプレイ。そして今年から、チームが変わったつくばの一員として新リーグNBLへ参戦することとなった。
「1on1であれば自分にもできる自信はありますが、JBLを経験して来た選手たちは上手いですし、かしこいプレイをしています。今は無理せずに、周りをうまく使って自分もフリーになった時にしっかりシュートを打てるようなプレイを心がけています。相手のスマートなバスケットに対応していかないといけないというのが一番大きいです」
これが田中が感じている旧JBL勢との違いである。

バスケIQを高まるために、つくばではどのような取り組みをしているのだろうか?
「今シーズンの練習では、走ることよりもワンプレイワンプレイを止めながら、フリーの選手ができたときになぜフリーになってしまったのかなど、必ずそのプレイごとに何かしらの原因があります。それをビデオを見て確認したり、コーチから指示を受けながらみんなで成長している段階です。中川選手からも、マンツーマンの時の動き方なども細かく教えてもらっているので、個人的には練習で指摘されたことを意識しながら試合をしています」

tkb131118c試合中にも関わらず田中は、#33ラマー・サンダースと激しい口論を繰り広げていたのが目に付いた。
「ディフェンスのコミュニケーションミスで起きたことに対してちょっと言い合っていました。でも、チームの中ではお互いに言いたいことは言い合って行こうと話してもおり、ラマーともちゃんとあの場面で解決ができています。何も言わずそのまま流してしまうよりは、お互いしっかり指摘し合って解決する方がチームとして向上すると思っています。まぁ、その前にコミュニケーションミスから生じてしまったことではありますが…。でも、昨シーズンまではこのように言い合うこともできていなかったので、その点は成長している点だと思います」
“仲間を信じ、チーム力で闘う”つくばは、本当の意味で信じ合えるためにも意見を言い合い、その一つひとつがチーム力向上につながっていくはずだ。

田中大地=SOMECITYで活躍したマイケル

第8節を終えて3勝13敗、ウエスタンカンファレンス最下位。
しかし兵庫ストークス、熊本ヴォルターズも3勝止まりであり、上位4チームに与えられるプレーオフ圏内もまだまだ実現可能だ。本来は東日本にいるつくばが、あえてウエスタンカンファレンスに行ったのも、プレーオフを狙える可能性があるからであり、今後の努力次第では上昇できる位置にいる。

田中と紹介してきたが、SOMECITYを見ていた方々にとってはマイケルと書いた方が分かってもらえることだろう。SOMECITYではTEA☆TIMEやTOKYO BEASTの一員としてダンクを披露していたあのマイケルだ。NBL オールスターゲームではSOMECITYとともに3×3 UNPLUGGEDが開催される。すでにつくばのチームメイトである中川、そしてトヨタ自動車アルバルク東京の岡田優介が出場を決めたが、SOMECITY出身の田中もぜひこの舞台に立ってもらいたい。

最後にトップリーグに来た田中はバスケを楽しんでいるのだろうか?
「うーん、勝っていればすごい楽しんだろうなと思いますが、負けが先行している状況なので、楽しむことよりも勝たなければいけないという気持ちの方が強いです。逆に楽しんでバスケをしていれば、もっと良いプレイが出せると思うところもあります。試合前、コーチやラマーには『楽しんでバスケをやろうぜ!』と声をかけてくれており、確かにその通りなんですよね」
試合前のエンターテインメントが素晴らしいつくば。足を運んでいただいたお客様を楽しませるためにも、まずは自ら楽しめ!

つくばロボッツ
NBL

文・泉 誠一