ドリームチームと同じコートにいた1992年(リンク栃木ブレックス/ダリアス・ディマビシャス コーチ)

リンク栃木ブレックス/ダリアス・ディマビシャス アシスタントコーチ

(中央)リンク栃木ブレックス/ダリアス・ディマビシャス アシスタントコーチ

1992年、バルセロナオリンピック。
「今まで生きて来た中で一番幸せです」と、水泳200m平泳ぎで金メダルに獲った当時14歳の岩崎恭子選手の名言を思い出す。平成の三四郎こと古賀稔彦選手、そして後に格闘家としても活躍した吉田秀彦選手の金メダルに日本中が熱くなり、マラソン有森裕子選手のさわやかな銀メダルにも胸を打たれた。
一方、バスケは日本代表が出ていないにも関わらず、連日ワイドショーでも取り上げられるほどの異様な盛り上がり。
熱狂の主は“ドリームチーム”。
オリンピックで初めてプロ選手の出場が解禁となり、NBAが世界デビューを果たしたと同時に、歴史を開いた瞬間でもある。
ドリームチーム、マイケル・ジョーダンらスーパースターを擁するアメリカ代表の活躍にバスケに縁遠かった方々たちもすぐに魅了されていく。全試合100点ゲーム、30点差以上離して圧勝。次々と繰り広げられるスーパープレイに、多くの人たちが虜になった。
そして、日本にNBAブームが到来したのである。

ワンサイドゲームゆえに、試合内容は大味。NBA選手がオリンピックの舞台に出てることだけが話題を独占。ドリームチームの全12選手の名前はスラスラと出て来ても、対戦相手の記憶がない。強いてあげるならば初戦、アンゴラの選手たちが試合中にも関わらず写真を撮りまくってたなぁ〜。その程度。
しかし、ひょんなことから、1992年を思い出す機会がやって来た。

とある日のリンク栃木ブレックス戦の試合前、キャプテン竹田 謙選手と立ち話をしていた時のこと。アンタナス・シレイカHC体制となった2シーズン目のことや、今シーズンは英語も堪能なリトアニア人のダリアス・ディマビシャスAC(アシスタントコーチ)が来たことでさらに理解度も増しているのではないかという話をしていた。
「シレイカHCのバスケットは本当にハイレベルですごく勉強になるし、求められていることは難しいけど日々の練習から楽しい。昨シーズンからコーチと選手はうまくコミュニケーションは取れていた。そういえばダリウスは、リトアニア代表としてドリームチームと対戦してるんだよ」
このアシストがきっかけとなり、すぐさま1992年8月6日に行われた準決勝アメリカvsリトアニア戦を見直した。便利な世の中になったもので、FIBAサイトにはBOX SCOREがアーカイヴされている。
前回大会となるソウルオリンピックを制した旧ソビエト連邦の金メダリストを数多く擁するリトアニアだったが、結果は127-76でアメリカが快勝。途中からコートに入ってくる緑のユニフォームの7番をつけた若者が、ダリアス・ディマビシャスACだ。体の厚みが倍近くあるのではないかと思われるカール・マローンをマッチアップする姿が映される。当時24歳。まもなく4月8日に46歳の誕生日を迎えるディマビシャスACに、ドリームチームと同じコートに立った22年前を振り返っていただこう。

金メダリストを擁するリトアニアでも、最初からレベルの差は分かっていた

バルセロナオリンピック時のダリアス・ディマビシャスAC(YouTubeよりキャプチャ)

バルセロナオリンピック時のダリアス・ディマビシャスAC(YouTubeよりキャプチャ)

─ アメリカと対戦するチームは記念試合のように試合中に写真を撮ったりするような状況でしたが、実際に対戦したコート上はどんな感じでしたか?

ディマビシャスAC:当時はリトアニアに限らず、どのヨーロッパのチームもNBA選手と対戦するのが初めての経験でした。やはりアメリカ代表選手たちはテレビの向こう側にいた存在でしたので、みんなが興奮しているような雰囲気がありました。アメリカ戦は戦う前からレベルの差を全員が分かった上で迎える試合でした。参加することに意義があるのがオリンピックでもあります。NBA選手たちと試合ができること自体を光栄に思う雰囲気が全体的にありました。

ー 旧ソビエト連邦はソウル五輪で金メダル獲得し、アルビダス・サボニス(221cmの長身ながら3Pもある器用なビッグマン。当時、アメリカとは冷戦状態だったためにNBAにドラフトされても行けずに全盛期を過ごす。ようやく1995年にポートランド・トレイルブレイザーズでNBAキャリアをスタートさせ2003年までプレイ。現在はリトアニアバスケットボール協会会長を務める英雄)ら多くの旧ソビエト連邦の選手を擁するリトアニアとしては2連覇へ向けて強い意気込みがあったのかと思っていました。

ディマビシャスAC:1991年にソビエト連邦から独立し、初めてリトアニアとして出場したオリンピックでした。リトアニア代表の一人としてオリンピックの舞台に立てること自体が大きなモチベーションでした。また、パトリック・ユーイングやデビッド・ロビンソンなどスーパースターと同じコートに立てることもモチベーションになっていました。

ー 予選リーグの中国戦(11分/2得点/2リバウンド)と準決勝アメリカ戦(13分/2得点/1リバウンド)しか出場していませんが、当時はどのような立場だったのですか?

ディマビシャスAC:あの頃の私はまだ若く、サボニスをはじめとしたスーパースターがいっぱいいたので、なかなかプレイタイムをもらえるには難しい状況でした。

ー アメリカ戦ではワンサイドゲームになった後半に再び投入され、好き放題やられた試合となりましたが、どんな気持ちでコートに立っていましたか?

ディマビシャスAC:あれは忘れられません。30点以上離された状況でした。それでも、NBA選手とともにプレイすること自体がすごく楽しかったです。

日本にも世界で通用する可能性を感じる選手はいる

ー 銅メダルを獲得したバルセロナオリンピックでしたが、一番の思い出は?

ディマビシャスAC:料理が美味しかったことです(笑)
それは冗談ですが、全てが素晴らしい経験でした。オリンピックの空気、バスケに限らずアスリートのスーパースターたちが目の前におり、本当に貴重な経験をさせていただいたし、全てが良い思い出になっています。

ー 80年代、旧ソビエト連邦は親善試合のためによく来日しており、私も中学生の頃にサボニスを目の前で見たことは大切な思い出となっています。ディマビシャスACも現役時代に来日した経験はありますか?

リンク栃木ブレックス/ダリアス・ディマビシャス アシスタントコーチ

リンク栃木ブレックス/ダリアス・ディマビシャス アシスタントコーチ

ディマビシャスAC:日本はもとより、アジアに来たことが初めてです。

ー 日本のバスケットのレベルをどう感じていますか?

ディマビシャスAC:初めて日本に来ましたが驚かされることも多いです。もちろんまだ来たばかりであり、シーズンも途中なので全てを把握したわけではありませんが、何人かの可能性を感じる選手がいます。今すぐと言うよりも、将来的に良くなって行く可能性をすごく感じている国です。

ー 海外のリーグで活躍できそうな選手はいますか?

ディマビシャスAC:もちろん、世界でも通用する選手はいます。ただし、トップリーグですぐに活躍できるかと言えば、それは難しいと思います。まずは一つ下のリーグから始めた方が良いという前提はありますが、可能性ある選手はいます。日本と同じように主力としての起用方法ではないでしょうが、竹内兄弟(公輔選手/トヨタ自動車アルバルク東京、譲次選手/日立サンロッカーズ東京)はヨーロッパでプレイできる可能性を秘めています。ブレックスにも数名いますが、自分のチームなので個人名は控えさせていただきます。

バスケが国技であるリトアニア

リトアニアの人口は297万人。約200万人の栃木県より少し多い程度であり、レペゼン栃木の芸人・U字工事が敵対する茨城県と変わらない。
ディマビシャスACは「リトアニアは非常に人口が少ないので、全員が家族のような感覚があります」と笑っていた。そんなリトアニアにおいて、バスケは国技。2006年に日本で開催された世界選手権時も、緑色のサポーターの盛り上がりに、世界大会であることを肌で感じさせてもらった。
「人口が少ないリトアニアですが、みんながバスケを愛していますし、全ての人の生活に結びついてるような状態です。単なるスポーツの域を越えており、一言で言えば、宗教的な感覚に近いかもしれません」

母国リトアニアをはじめ、オーストリア、ポルトガル、ギリシャ、チェコ、スロバキアとヨーロッパ各国でプレイヤーとしてキャリアを重ねて来たディマビシャスAC。U-16やU-18リトアニア代表のヘッドコーチを務めたりしながらコーチとしても経験を積み、そして今、異国の地で名将シレイカHCの下でその力を発揮する。
1992年にリトアニア代表として、ドリームチームと対戦した経験を持つディマビシャスACが日本にいること自体、スゴイことではないか!

ブレックスがプレイオフに行けると信じている

4月5日現在、3位レバンガ北海道を追いかける4位ブレックス。ともにプロチーム同士によるプレイオフの残る1枠を争う熾烈な戦いは、リーグ戦の醍醐味でもある。上位を見れば東地区1位東芝ブレイブサンダース神奈川と2位トヨタ東京、西地区1位アイシンシーホース三河と2位和歌山トライアンズのいずれも、たった1ゲーム差の中で首位争いが続く。

ー ブレックスの印象は?

ディマビシャスAC:今シーズンから来たばかりなので私自身は比較できないですが、周りの多くの方から昨シーズンよりも良いチームになって来た、と聞いています。プレイオフを十分に狙える位置にいますし、私自身もプレイオフに行けるチームだと信じています。実際にプレイオフスポットを勝ち獲るために何をすべきか、それを日々、選手たちには伝えながらしっかりと良いチームを作って行けるようにするだけです。
あくまでプレイオフに行くのは第一歩であり、通過点。その先もしっかり見据えています。

ー シレイカHCとは以前もどこかで一緒のチームになったことはあるのでしょうか?

ディマビシャスAC:個人的には知っていましたが、一緒に仕事をするのは初めてです。シレイカHCはリトアニアでずっと行って来たシステムや練習方法を、ブレックスでもやっています。自分としてはシレイカHCのやることは理解していますし、やりやすいです。

プレイオフ争いにも終わりがあり、NBLレギュラーシーズンは4月27日に最終戦を迎える。残る試合数は各チーム7〜8試合(4月5日現在)。
ラストスパートをかける選手たちへ、ぜひ会場で声援を送り、勇気づけていただきたい。
そして少し目線を変えれば、ディマビシャスACのような輝かしいキャリアを持つ方が日本にいる。他にも、いよいよファイナル4を迎えるNCAAトーナメントやNBAを経験する選手も多い国内リーグ。
海の向こうやテレビの向こう側でスーパースターたちを輝かせた功労者たちが今、日本で光を放っているのだ。

(左)ダリアス・ディマビシャスACと(右)アンタナス・シレイカHC

(左)ダリアス・ディマビシャスACと(右)アンタナス・シレイカHC

  • 4月12日(土)15:00 リンク栃木 vs 日立東京@栃木県立県北体育館
  • 4月13日(日)15:00 リンク栃木 vs 日立東京@栃木県立県北体育館
  • 4月19日(土)16:00 北海道 vs リンク栃木@北海きたえーる
  • 4月20日(日)14:00 北海道 vs リンク栃木@北海きたえーる
  • 4月26日(土)18:00 リンク栃木 vs 千葉@清原体育館
  • 4月27日(日)15:00 リンク栃木 vs 千葉@清原体育館

リンク栃木ブレックス
NBL

泉 誠一