2年目の自信、2年目の葛藤(東芝神奈川#22ニック・ファジーカス選手、#14辻 直人選手)

tos131114a

始まったばかりのNBLだが、昨シーズンのJBLラストシーズンから東芝ブレイブサンダース(現東芝ブレイブサンダース神奈川)に加入し、ファイナルへの原動力となった2年目の二人。
210cmのニック・ファジーカスは昨年JBLの得点王(平均21.55点)となり、今シーズンはさらにアベレージを上げ、これまで平均26.50点。さらにリバウンドは14.6本、ブロックは2.14本でそれぞれリーダーズの首位に立つ(11月10日現在)。NBAダラス・マーベリックスやLAクリッパーズでプレイした経歴を持ち、その後はベルギーやフランス、NBADリーグ、フィリピンなど各国プロリーグを経て、昨シーズンから日本にやって来た。見た目はベテランの風格が漂うがまだ28歳と若い。
もう一人は、JBL最後の新人王に輝き、今年は日本代表にも初選出された辻 直人。
2年目を迎えたこの二人だが、対照的な開幕からの1ヶ月間となった。

自信を持ってプレイし、スタッツを残せたことで余裕が生まれた

NBA月間MVPを受賞したファジーカスは、すでに挙げたように3つの部門でリーダーズのトップにおり、チームを首位に導く活躍を見せている。頭ひとつ抜け出す山のようなビッグマンだが、速攻では先頭を走り、シュートレンジが広く、リバウンドも強い。チームプレイを重んじるナイスガイは東芝神奈川の大黒柱であり、誰が呼んだが(?)“ニック・サンダー・マウンテン”としてそびえ立つ。

東芝神奈川#22ニック・ファジーカス選手

東芝神奈川#22ニック・ファジーカス選手

─ 2年目ということもあり、余裕を持ってプレイできているのでは?
ファジーカス「昨シーズンの途中からリーグやチームに慣れたことで、余裕を感じながらプレイすることができています。今の調子をこのままシーズンを通して発揮できるようにしていきたいです」

ー 昨シーズンの途中から慣れたということだがきっかけは?
ファジーカス「これまでいろんなチームでプレイして来ましたが、いつもチームに貢献できるという自信を持ってプレイするように心がけています。特に得点を獲ることに関しては自信を持っていました。それが数字として表れ始めたことで、昨シーズンの途中から余裕が生まれてきました。また、北(卓也)HCが良い場面で使ってくれているので、それが良いパフォーマンスにつながっています」

ファジーカスは自信を持ってプレイできていることが開幕からの活躍につながり、チームを首位に導く原動力となっている。

役割を見失い、気を遣いすぎて歯車が狂った辻

対する辻は、自信を喪失したかのような彼らしくないプレイが続いていた。持ち味のシュートもどこか迷いがあるように感じてならない。

辻「最初はたしかに気を遣っている部分があり、その迷いがプレイにモロに出てました。そこからシュートもおかしくなって、全てがおかしくなっていき……本当におかしかったです。自分でもプレイしてる心地がしないみたいな」

ー 何に気を遣っていたのか?

辻「(オンザコート2に)ルールも変わり、自分の役割が何かを見出せずにいました。そういうところを考えすぎてしまって、落ちていってしまった感じです」

ー 日本代表活動があったために、チーム練習が足りなかったことも不安の要因か?

辻「それもありますが、開幕直前まで(セドリック)ボーズマンがケガをしていたこともあり、なかなか一緒に練習する期間も無かったのもひとつとしてあったかもしれません」

9月28日の開幕戦から1ヶ月間の10試合では平均9得点。3P%は35.8%。普通の選手であれば悪くない数字ではあるが、辻はそんなものでは物足りない選手だ。

辻「このままじゃダメだと思ったし『何に気を遣ってるんだろう』と我に戻り、思い切ってプレイしたらそれが上手く行ったので、そこからようやく自分を取り戻した感じです」

改心した直後、11月に入るや否やレバンガ北海道戦では26点を挙げ、得意の3Pシュートを6本沈めた。

辻「あの結果は思い切ってやれている証拠だと思います。3Pシュートもそうですが、今は2点を積極的に打っていこうという課題を持って取り組んでいます。まだまだ決められていませんがタイミングを見つける部分では重要であり、良い感じで打ててはいますので、あとは決めるだけです」

ー 開幕からの不調は2年目のジンクス通りスカウティングされてるのが大きいのか、それとも自身の気持ちの問題か?

辻「それは気持ちの問題であり、100%自分自身の責任です。どうしても気を遣ってプレイしてしまうことがあります。日本代表でもどこか気を遣ってしまっていて、自分のプレイを出せたのが最後の最後でようやくでした。そこは克服していかないといけないことは自分でも分かっています」

ー 今シーズンは54試合に増え、開幕1ヶ月で復調できたのは幸いだったのでは?

辻「悩んでた時も『慌てる時期ではない。まずはできることをやろう』と自分自身に言い聞かせていました。あとは自信を持ってプレイし、もっとプレイの幅も広げていきたいです」

東芝神奈川#14辻 直人選手

東芝神奈川#14辻 直人選手

ー プレイの幅を広げる意味でも、やはり昨シーズンから取り組んでおり、日本代表でも任されたPGも視野に入れているか?

辻「これまではシーズン当初に迷いもあり、まずは自分の役割を見出すことに必死になっていました。PGのことは考えず、チームの役割に徹することを第一に考えてプレイして来た中で、最近は良い結果として出て来ています。それにより少し余裕も出て来ましたので、PG陣を助けることを考えても今後は少しずつPGのプレイも出して行きたいです」

ー よく「バテた」と言ってるが、シーズンが長くなったことで心配はないか?

辻「毎週毎週同じことをやり続けるだけ。自分なりにはしっかり調整して行きたいですけど、どうなるかは分からないです。でも今は不安には感じていませんし、目先のことしか考えていません」

ファジーカスの活躍、そして辻の復調もあり、首位決戦となった11月9日-10日のトヨタ自動車アルバルク東京戦は2連勝し、4ゲーム差をつけて首位に立っている。その好調さとともにコートに立つ選手も、ベンチで騒ぐ選手も、チーム一丸となって戦っている感じが伝わって来た。

辻「昨年よりも選手層は厚くなったと思うし、一人一人の役割がコートで出せればトヨタ東京戦のような試合になるし、問題は無いです」

昨シーズン、ファイナルで敗れたことがモチベーション

再び、ファジーカスへの質問に戻る。
ー 昨シーズン、ファイナルで敗れた悔しさがモチベーションとなっているのではないか?

ファジーカス「もちろん負けたこと自体がモチベーションになっています。今シーズンは長く54試合ありますが、昨シーズンのリベンジのため、そして最終的な目標である優勝に向かって、一つひとつしっかり戦っています」

ー 優勝へ向けてやるべきこととは?

ファジーカス「今はチームの調子が良く首位にいられますが、現時点でピークに持って行く必要は全くありません。シーズン終盤、そしてプレーオフへ向けてピークに持って行けるように、もっともっとレベルを高めていかなければならないです。もちろん毎試合負けたくはない気持ちでプレイは続けています。そして試合を重ねる毎にどんどんレベルアップしていき、シーズン終盤に最高の状態で戦えるようにできるようにしていきたいです」

東芝神奈川にはもう一人、2年目を迎えた長谷川 技もいる。
11月10日のトヨタ東京戦の2Q、大西 崇範が次々と3Pシュートを決め点差を開き始めた時、さらにダメ押しとなる3Pシュートを決めたのが長谷川だった。北HCは長谷川への期待とともに、その時の裏話を語り始めた。

「ハセ(長谷川)は力を持っているが、その力を出してくれるかどうかが今は課題であり、遠慮しがちな選手。昨日(11月9日)もプレッシャーディフェンスに対して逃げているところがある。今日は宇田(康利)を使っていたのですが、途中でコンタクトが取れてしまったこともあり、ハセに代えたら決めてくれた。ラッキーでしたね(笑)」

プレイタイムを与えられ始めた長谷川も、ルーキーの鎌田 裕也もスタッツを残し始めている、NBLファーストチャンピオンとして歴史に名を残すためにも、東芝神奈川はCHALLENGE〜“Thunder up”というチームスローガン通り、一丸となってチャレンジし続けている。

NBL
東芝ブレイブサンダース神奈川

文・泉 誠一