【WJBL】オールスターの裏側。運営サイドの熱い想い

©WJBL

©WJBL

文・山上 和也

2016年1月16日(土)、13年ぶりに復活したWJBLオールスターゲームが、シティホールプラザ アオーレ長岡で開催された。リオ五輪を決めた女子日本代表をはじめとする女子バスケのスターたちが長岡に集結。華麗なプレーで観衆を沸かせ、成功に終わったオールスターゲームについて、その運営に携わった新潟アルビレックスBBラビッツ統括の長崎俊也さんに話を聞いた。

──13年ぶりにオールスターが復活しましたが、そもそもの発端というのは、どういうことだったんでしょうか?
DSC_9785長崎(以下、N):もともとチーム(新潟アルビレックスBBラビッツ)を運営している中で、なぜ開催しないんだろうというのは、ずっと疑問に思っていたんです。私たちのチームがbjリーグのチームから派生して始まっているところで、bjリーグとしてはあたりまえに各チーム持ち回りでやっていますし、「なぜWJBLでは開催しないんだろう?」と。
 ただ、ずっとリーグとして収益にならなかった時期がありましたし、リーグ自体の運営が興行主体ではなく、試合の開催が第一。ですので、リスクを負ってイベントを行うということに積極的ではないというのがあったのですが、各チームの部長が集まる部長会で、WJBLの西井(歳晴)専務理事から、「2020年の東京五輪に向けて、リーグとしても何かできないだろうか?」という話があり、それを受けて集客を目指した取り組みをしていくことになったのです。我々は新潟で、すでにそのような取り組みをしていましたので、“リーダーになっていただけないだろうか”という話をいただいたんです。
 そこで、「何か大きなイベントをやりましょう」ということで、オールスターゲームの提案をさせていただいたのが発端ですね。だいたいそれが1年半くらい前のことになります。その頃は女子日本代表のリオ五輪出場も決まっていませんでした。

──アオーレ長岡(新潟県長岡市)での開催になった経緯はいかがでしょうか?
N:1月の開催という日程が大前提であったので、まず空いている会場を抑える必要がありました。その中で、アオーレ長岡の持っている長所が『ドア・トゥ・ドア』(新幹線の駅に直結しており雪の心配がない)や、宿泊・移動の問題が少ないこと。各チームから、「選手を試合当日に帰してほしい」という要請があったのですが、午後2時からの開催であれば、選手全員がその日のうちにチームに戻れるという利便性。それに加えて、レギュラーシーズンで試合を開催してきた実績があり、アウェーのチームだったトヨタ自動車さん、デンソーさん、日立ハイテクさんなどが「アオーレいいよね。アオーレであれば問題ないよ」というお墨付きをくださったことが後押しになりました。もちろん、長岡市がバスケの町として全面的に協力してくださるということも大きかったです。今回のオールスターでも、こちらから改めてお願いしなくても、スカイデッキをオレンジ色で染め上げてくださるなど、さまざまなサポートを進んでやってくださったんです。とても助けていただきました。
 オールスターの開催が決まり、まずお話に行ったのがスポンサーのデンカさん、新潟のチームの代表、開催場所の長岡市さん、そして新潟で試合の演出をお願いしていた方の4名。前回開催(13年前)はあまり盛り上がらなかったという声があったのですが、当時はbjリーグもなく、バスケにエンターテイテインメントのフィルターをかけていない時代のことで無理もありません。新潟で試合に演出を加えてきたように、その方に演出をお願いできれば、他のWJBLチームのブースターさんが見たことのないようなバスケを見せられるのではないか、チケット代相当の満足度が保証できるのではないかと考えました。そして、この4人の保証と保険を確保して部長会に話を持っていきました。

──部長会の反応はいかがでしたか?
N:上々でした(笑)。今の部長会メンバーでなければ受け入れられなかっただろうなとも思います。部長会は雰囲気がとてもいいんです。西井専務理事の呼びかけに応え、企業チーム、クラブチーム問わずメンバーの皆さんが背中を押してくださったんです。だからこそ、オールスターがうまくいったのではないでしょうか。

WJBLAllstar大神雄子005

©WJBL

──実際に計画を進める上でのご苦労は?
N:前回の開催が13年前ということで、マニュアルもないところからのスタートでした。新潟でbjリーグのオールスターをやったことがあると言っても10年前で、当時を知る者もほとんどいない。bjリーグの他チームからアドバイスを受けることもありましたが、女子(WJBL)として独自のもの(bjの焼き直しではなく)をつくらなければならず、日程上、男子の2つのリーグとも並行するので、プレッシャーはありました。
 とはいえ、これまでのWJBLはあまり演出的なことはしていないし、新潟でやってきたことをベースにブラッシュアップさせれば顧客満足度を上げることにつながるだろうと考えたのです。難しかったのは、やり過ぎないこと、赤字もNG……お客様満足度とのバランスが一番の難題でした。

WJBLAllstarWESTベンチ001

©WJBL

──光と音で演出されたオープニングセレモニーなど、大いに盛り上がっていましたね?
N:実は、計算違いが2つあって、1つはリオ五輪の出場権を女子日本代表が早い段階で獲ってくれたこと、これは追い風になってくれました。もう1つは選手たちが“めちゃくちゃ楽しそうにプレーしてくれた”こと(笑)。試合当日に選手たちをチームに帰すことが条件で、試合開始時間を昼間にせざるを得ませんでした。土曜日なので、本来は夜の開催が理想なんですが、さまざまな制約がある中で、参加した選手たちが楽しそうにプレーしてくれたことで結果的には、「実は演出とかは大した問題ではなかった」そう感じることができたんです。
 レギュラーシーズンなどの試合では、遠征で来てくれる選手たちというのはストイックな感じで張り詰めたイメージしかなかったのですが、満面の笑みでプレーする選手の顔は見たことがなく、とても新鮮でしたね。被りモノも選手たちが前日に自分たちで買って用意してくれたものです。選ばれた選手が、自分たちで考えてエンターテインメントをしてくれた。馬瓜選手(エブリン/アイシンAW)が踊ったり、伊集選手(南/デンソー)が逆立ちしたり……まったく予想できませんでした。
 コーチ陣も最初はエンターテインメント的な采配は難しいと言っていたのが、実際は“ちょうどいい塩梅で出場時間もシェア”してくれて絶妙な采配でした。やはり一流のコーチ陣なんです。

WJBLAllstar出岐-奏003

©WJBL

──新潟の出岐 奏選手がMVPを取ったことでも盛り上がりましたね?
N:計算外でしたね(笑)。最初に聞いたときは、辞退したほうがいいのかなと思いました。自分は試合をあまり見ることができなかったので、「いや、そんなに気を遣っていただかなくても」と。ただ聞いてみると、スタッツ的には問題がなく妥当だということで……後でビデオを見直したら、「よく決めた! 持ってる」と。今シーズンはチームが勝てずに終わってしまいましたが、オールスターという、一流選手の中に入っても遜色がない。「どうだい、ウチのエースはすごいだろう」と溜飲が下がる気持ちでした。

──女子日本代表のリオ五輪出場決定が追い風になったということですが?
N:メディアさんの反応がまったく変わりましたね(笑)。BS-TBSさんに中継していただけるようになったのもその効果。でも、それなりに動員があり、それなりの満員感はあったものの「超」が付くほどではありませんでした。リオが決まったことで、もしかしたら立ち見も、という想定はありましたがそうはなりませんでした。それは13年ぶりのオールスターというものを、十分にお客様にイメージしていただくことができませんでしたし、どういうものかというのを伝え切れませんでした。そこは反省点で、来シーズンであれば今回の実績を踏まえてもっとアピールできるはずです。ですから今回は、総じて80点くらい。現場ではまだまだできることはあったし、もう一回やらせていただきたいという気持ちもあります。ただ、『統括』という立場で自分のチームの運営を行う責任があります。チームが勝てていなかったところで、並行してオールスターの準備を進めていたので、チームを運営する立場としては申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

WJBLAllstarEASTベンチ002

©WJBL

──次年度以降の開催というのは?
N:次年度ですが、開催するというのは決まっていますが、それ以外は、まだはっきりとしたことが言えない状態です。来シーズンは男子の『Bリーグ』が始まりますがWJBLと合わせて、「トップリーグのシーズンは秋から春」というカレンダーが定着しています。お正月のオールジャパンが終わった後、今回と同様の時期にオールスターの開催が恒例になればいいなと思います。そうすればメディアで取り上げられることが増え、お客様の中でコアな方はオールスターのハシゴする方も出てくるでしょう。それが、今後につながっていくと考えています。
 本来スポーツビジネスは生きていく上では必要がないもの、なので、そこをどう必要と思わせ、好きになってもらい、リピーターとして支えていただけるようになるかが難しいところです。アイドルを、劇場をつくって売り出していくというアプローチに似ていますし、その気持ちがわかりますね(笑)。
 女子バスケは裾野が広く、競技人口も多い。毎週どこかで試合をやっていてポテンシャルはあるのに、まだまだ世間での認知度が低いんです。女子バスケの世界では、盛り上げようとして頑張っている人がまだまだいっぱいいます。オールスターや普段の新潟での活動を通して、少しでもそういう人や女子バスケのことを知っていただけたら、みんなが幸せになれるんじゃないかと思いますね。

もともとCDソフトを販売する商社マンだったという長崎さん。「エンターテインメントを売るという意味では同じ」と現職のことを話していたが、新潟の発足から5年、感じてきた手応えが徐々に実になりつつあるという。チームのため、女子バスケのため邁進する多忙な日々にも、やりがいと充実感が溢れていた。