経験を積むには勝利が不可欠(三菱電機#6櫻木 千華選手)

三菱電機#6櫻木 千華選手(右)vs富士通#0長岡萌映子選手

三菱電機#6櫻木 千華選手(右)vs富士通#0長岡萌映子選手

「良い経験にしたい」
試合に臨む選手たちがよく使う言葉だ。しかし負けてしまうと、次なる勝利へ向けた糧にはなるだろうが、そのチャンスがすぐ訪れるとは限らない。レベルを上げながら旅を進めていくドラクエでは、負けては経験値を上積みできず、勝つことこそ絶対なのである。そして、全勝でアジアを制した女子日本代表選手たちだからこそ、“チャラランタチャッチャー♪”、全員がレベルアップに成功したのだ。
帰国後、休む間もなくWリーグが開幕し、早くもその成長した姿を披露した。

下部リーグW1に低迷していた三菱電機から3人のハヤブサジャパン

日本代表3人(宮元 美智子、王 新朝喜、櫻木 千華)を擁する三菱電機コアラーズ。
昨シーズンはあと1歩のところで4強に残れなかった。しかしほんの少し前となる2010-2011シーズン、王、櫻木が加入した時は下部リーグとなるW1リーグにいた。宮元に至っては、入団した2005-2006シーズンはWリーグだったがすぐさま降格。その後も入替戦常連チームのまま昇格できない時期もあり、昨シーズンまでの8年間で半分となる4シーズンもW1リーグに甘んじていた。昨シーズンから1リーグ制となり降格の心配はなくなったが、すでに三菱電機は下位争いからは脱却しており、2011-2012シーズンから2年連続5位。一昨シーズンは4位の富士通に6勝差をつけられ、その差は開いていたが、昨シーズンは4位シャンソンとはたった1ゲーム差と惜しいところまで来ている。プレーオフセミファイナルも射程圏内にある今シーズンは三菱電機にとっては飛躍の年であり、期待は高い。

日本代表として主力3人が抜け、アジア選手権により開幕が遅れたことが功を奏し、チームとしての底上げができたようだ。開幕戦となった富士通レッドウェーブ戦では、2年目の池谷 悠希がシックスマンとして流れを呼び込む。
「昨シーズンはスタートの5人だけのチームでした。強いチームは誰が出ても活躍できるし、選手層が厚いです。今年の三菱電気はベンチメンバーがレベルを上げてきたと思っていますし、今シーズンは誰が出ても同じように活躍できます」と池谷は自信を見せる。
山下 雄樹ヘッドコーチも、「(日本代表の3選手以外)残ったメンバーが非常に今日は活躍してくれたので、とてもうれしいです。今年は池谷と渡邊(亜弥)、この2人に期待しています」と話しており、その期待に応える活躍をしてくれた。

アジアチャンピオンの自信を纏った櫻木 千華

w131113b池谷の活躍に対し、「知らない間に成長していて、すごいビックリしています」と言うのは、しばらくチームを留守にしていた櫻木だ。
著しい成長を見せているのは櫻木も同じであり、三菱電機を上位に押し上げる原動力となっている。その活躍が認められたことで日本代表に選出され、特にディフェンスでは高評価を得た。
「ディフェンスは日本代表ですごく自信になった点なので、そこだけは譲れないと思っていました。たとえ1本、2本やられても、それはたまたまだと思って、自分から積極的に仕掛けて行こうという気持ちはありました」

アジアチャンピオンになったという成功体験が櫻木をさらに大きくしている。特にメンタル面での成長を感じる。その質問を向けると、“自信”というキーワードで櫻木が答えた。
「アジアチャンピオンになったことで、気持ちが強くなった点は確かにありますね。今日もレイアップ2本くらい外しちゃって、3Pシュートも入らなかったですが、そこでいちいち落ち込んでいたら周りにも迷惑をかけてしまいます。アジア選手権でいろいろ経験してきたことで、競っていても負ける気はしないと思っていました。その点では自信になっています」
自信を持ってプレイできていることで、ちょっとしたミスなどは振り返ることなく突き進めることを、櫻木はコート上で示し続けた。

絶対に負けたく無いです!

日本代表ではフォワードであったが、チームに戻ればパワーフォワードとゴールに近いポジションでプレイしなければならないチーム事情がある。
「パワーフォワードですが、オフェンスでは日本代表と同じような動きができているので気にならない部分もあります。でも、ディフェンスでは相手の大きい選手をマークすることがあり、アタリ負けしないことと足を使ってしっかりついて行こうと思ってプレイしていました」
この日マッチアップしたのは元日本代表の鈴木あゆみ、そして長岡萌映子。
傍らで見ていた日本代表の内海知秀ヘッドコーチは、「もっと高い位置でのプレイが見たいのだけど…」とつぶやくお目当ては、今後の日本代表にとって欠かせない選手と高い評価を得ている長岡だ。長岡も、2年前のアジア選手権ですでに日の丸を付けており、返り咲きを狙っている。この2人は、今後の日本代表においてポジション争いをするライバルでもあるのだ。

大きな選手と言う櫻木だが、アジア選手権やその前に行われたアメリカ・ヨーロッパ遠征ではもっと大きな相手をマークして来ているはず。しかし、ポジションが違うことで、「(ペイントの)外でマークするのと体を入れてくるパワーフォワードではやっぱり違います」
しかし、パワー勝負に負けることなく体をぶつけ、櫻木はゴール下を守り続けた。
学生時代からその名を轟かせるライバルに対し、「絶対に負けたくないです」と強い気持ちを言葉にした櫻木。頼もしさとともに、うれしさを感じずにはいられない。

「櫻木vs長岡」ライバル関係がWリーグをさらに楽しくさせる

スポーツにおいて、ライバル関係がハッキリしていることこそ、見ている側にとっては分かりやすく楽しめるきっかけとなる。
22歳の櫻木、まもなく20歳を迎える長岡。2020年までこの2人のライバル関係は続くかもしれない。同時に、2人で日の丸を背負って世界に立ち向かうためにも、お互いにライバル心をむき出しに切磋琢磨することは大歓迎だ。
次の直接対決は、勝ち上がればオールジャパンで対戦することもあるが、Wリーグでは2014年2月8日(土)と先になる。3ヶ月後、お互いに成長し、開幕戦よりもコンディションが良いであろう状態でのマッチアップが今から待ち遠しい。

勝利こそがレベルアップにつながる唯一の手段である。
昨シーズン、レギュラーシーズン2位通過の富士通に対し、2連勝できたことは三菱電機をまたひとつレベルアップさせた。次は、女王JX-ENEOSサンフラワーズとの対戦を今週末に控えている。この山を乗り越えることで、さらに大きくなれるはずだ。
W1リーグから昇格して3年目の三菱電機において、レベルを上げる旅はまだまだ始まったばかりなのである。

  • 2013年11月16日(土)@鹿児島県・いちき串木野市総合体育館
    14:00 三菱電機 vs JX-ENEOS
  • 2013年11月17日(日)@熊本県立総合体育館
    14:00 三菱電機 vs JX-ENEOS

■ホーム開幕戦

  • 2013年11月23日(土)@愛知県体育館
    13:00 三菱電機 vs 日立ハイテク
  • 2013年11月24日(日)@愛知県体育館
    13:00 三菱電機 vs 日立ハイテク

WJBL
三菱電機コアラーズ

文・泉 誠一