復調の兆し ── 開き直って19点(トヨタ紡織サンシャインラビッツ#1岡田 麻央選手)

トヨタ紡織サンシャインラビッツ#1岡田 麻央選手

トヨタ紡織サンシャインラビッツ#1岡田 麻央選手

昨年の今頃、上位8チームはプレイオフ 1st Roundの最中であった。しかしプレイオフ進出を逃したトヨタ紡織サンシャインラビッツにとっての2月は、今シーズンへ向けて始動した時期でもある。
それまでとは違い、早々にやって来たオフシーズンは長い長い時間となった。
「すっごい………」
あまりの長さのせいか、オフシーズンを振り返ってもらおうとした#1岡田 麻央は、続く言葉がしばらく出て来ない。

7勝15敗、8位アイシンAWウィングス(8勝14敗)とはたった1ゲーム差で、WJBL2012-2013シーズンは年を越すことができずに終わった。年明けのオールジャパンはJX(現JX-ENEOS)に48-92で敗れ、準々決勝敗退。その時点で全日程が終了。同時に10ヶ月に及ぶオフシーズンに突入し、今シーズンへ向けた準備の幕開けでもあった。
「もう始まるの?という感じでした。まずは走り込みなど体力作りからの再開でしたが、中川さんも私たちに伝えたいことが多く、短い時間では伝えきれないと常に言っており、オフシーズン中に基礎から叩き込まれました」

選手の自主性から改革に着手

昨シーズンより元日本代表ヘッドコーチの中川 文一が就任。中川HCが目指すオフェンスはフリーランス。左から右へと8の字を書くように移動するエイトクロスから、どこからでも攻められるスタイルへ変革を行ってきた。
「昨シーズンはエイトクロスがまだ抜けきれずにいました。今シーズンは、スクリーンをうまく使って相手を崩すエイトクロスの良さを残しつつ、誰でもどこからでも攻められるようにし、相手にアジャストされず自分たちの持ち味を出せるようなオフェンスになりました」
手応えを感じている岡田だが、接戦となった2月1日(土)の山梨クイーンビーズ戦では、中川HCの怒鳴り声が会場に響く試合展開となってしまう。
「あまりサイズが無い相手だったこともあり、ポストを狙って攻めようとし過ぎてしまったことに対し、そのプレイを止めろと言われたり、リバウンドを獲られたりファウルも多かったり、相手の勢いに押されたことで怒られました」
インサイドにボールを入れることを意識し過ぎて選手たちの足は止まり、積極性を欠くプレイに中川HCの怒鳴り声がコートへ注がれ続けた。
日本代表ヘッドコーチとして、身体能力や身長差ある世界の強豪と渡り合ってきた中川HCにとって、上位チームと比較しビハインドを背負ったトヨタ紡織を指揮することは同じこと。ワンランク上げるために「選手たち自身がプレイを作って行くこと」を求めている。

中川 文一ヘッドコーチ

中川 文一ヘッドコーチ

会社としてのサポートも変化を見せているそうだ。
「これまで就業時間が午後4時までだったのですが、昨シーズンは午後3時まで、今シーズン中は午後2時までになり、練習開始時間が早くなりました。それは選手にとってはすごくうれしく、これまでは自分の時間が全然ありませんでした。練習してご飯を食べて、さらに夜練習して家に帰って寝るだけだった生活でした。1時間違うだけでも、ほんの少しですが気持ち的に余裕ができます」
練習環境の改善に一役買った中川HCだが「良くない。全然良くない」と不満顔。しかしコート内同様、選手自身がうまく練習時間を作っていることを気遣ってもいた。
「早朝から自主練習しており、日中は仕事もあるからその分、夜は遅くまで練習することになる。選手たちには時間の負担を相当かけているよね。でも、そうしないとなかなか練習量を補えない」
厳しいことは分かっている。それでも上位を狙わねばならないのがトップリーグに参戦するチームの宿命でもある。

調子が悪く落ち込んでいた──

「いつか調子が上がる」と信じてシュートを打ち続ける岡田選手

「いつか調子が上がる」と信じてシュートを打ち続ける岡田選手

11月30日(土)は延長までJX-ENEOSサンフラワーズを苦しめ67-75で惜敗。1月25日(土)のトヨタ戦は57-63とわずか6点差で敗れたが、上位チームと互角の戦いができている。
「もちろんどの相手にも勝つ気で挑んでいますし、手応えは感じています。ただ、最後に勝ちきれない部分が上位との差。でも、接戦になるところまで戦える力はついて来ています」
中川HCからは「そんなプレイでは上には勝てない」と、毎日のように練習中から高い意識づけをされてきたことが少しずつ自信につながっている。

上位と良い勝負をする反面、この日の山梨戦も52-50で辛勝し、下位チームとも好ゲームをしてしまう。WJBLイヤーブックに寄せた岡田のメッセージは、“どんな相手にも、いつも同じ気持ちで立ち向かっていきます!”とある通り、どんな相手にも同じような試合展開になってしまっているところを突っ込んでみた。
「調子の良い時も悪い時もありますが、今はちょっと調子が悪い。今シーズン、私自身はずっと調子が悪く落ち込んでいた時期もありました。いつか必ず調子は上がって来ることを信じて、がんばっています」
昨シーズンまでの2シーズンは平均11得点を挙げていた岡田だが、今シーズンは4点台と半減しており、山梨戦は0点に終わった。
「コートに出たら得点を獲ろうという気持ちはいつも持っていますし、獲れなくても打とうと思っています。それ以上にディフェンスはコンスタントにできるように心がけてはいるのですが、そこは気持ちの問題。消極的にならないようにしたいです」
先発で起用され続けているが、この日は出だしのディフェンスでミスし、開始5分で下げられ前半はベンチから戦況を見守っていた。

言い訳せず、開き直って、打倒Aクラス!

トヨタ紡織は、上位チームから1勝ずつ挙げることが今シーズンの目標だった。今のWJBLは12チーム中上位6チームがAクラス、下位6チームがBクラスというように強弱がハッキリしている。2月2日現在8位のトヨタ紡織にとって、Aクラスに勝つことが目標達成となる。残念ながらトヨタ、富士通には勝てずに今シーズンの対戦はすでに終了。しかし、残る4チーム+7位新潟アルビレックスBBラビッツに照準を合わせている。
「本当に倒す勢いで毎試合を挑みたいですし、とくに新潟には本当に勝ちたい。40分間、自分たちの力を出し切れば勝てると思っています」
調子を落とし、気持ちも落ち込んでいた今シーズンの岡田だったが、最後に力強く抱負を語ってくれた。その翌日の新潟戦では、シーズンハイとなる19得点を挙げ、チームも60-48で快勝。開き直ってプレイしたことで、本来の力が戻って来た。

長きに渡り、WJBLで戦って来た中川HCは言う。
「昔のユニチカのような絶対的な強さは、今のWJBLにはない。上位と下位グループの対戦でも良いゲームは結構見られる。そのためにも言い訳をしていてはダメだ。ワンゲームの中で絶対に勝つチャンスはある」
トヨタ紡織をはじめとした7〜12位のBクラスチームは毎試合、Aクラスからの勝利をモチベーションとして挑む1リーグ制となったWJBL。チームの目標達成を目指し、最後まで挑戦し続けている。

  • 2月8日(土)13:00 トヨタ紡織 vs 羽田@ウィングアリーナ刈谷
  • 2月9日(日)14:30 トヨタ紡織 vs JX-ENEOS@ウィングアリーナ刈谷
  • 2月15日(土)13:00 トヨタ紡織 vs 日立ハイテク@岡崎中央総合公園総合体育館
  • 2月16日(日)14:30 トヨタ紡織 vs JX-ENEOS@岡崎中央総合公園総合体育館

トヨタ紡織サンシャインラビッツ
WJBL

泉 誠一