チームと会社でともに乗り越えた3.11(日立ハイテク クーガーズ#7小笠原ひかる選手)

東日本大震災に見舞われた3月11日が今年もやって来ました。あれから3年──
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。
まだまだ避難生活を強いられ、復旧復興へ大きく進展できていない地域も多く、一日も早く日常を取り戻せることを祈るばかりです。
甚大なる津波被害、そしてまだまだ続く原発事故の影響による爪痕は3年が経過した今も、東北3県に色濃く残っており、それは日々報道でも伝えられています。
bjリーグでは岩手ビッグブルズと仙台89ERSの被災地両県にあるプロチームが、現在プレイオフ争い真っ直中。来シーズンから福島ファイヤーボンズの新規参戦が決定。昨年末のウィンターカップでは宮城県代表の明成高校が日本一となり、東北バスケ界から様々な明るいニュースが届けられています。

東北3県の真下にある茨城県や栃木県も大きな揺れにより、被害を被った地域です。リンク栃木ブレックスが本拠地とするブレックスアリーナも被災しました。また、液状化現象に見舞われた千葉県では、デコボコになった道を目の当たりにしました。

3月11日当時、Wリーグファイナル第2戦が行われる前日であり、福島県に移動していたJXサンフラワーズ(現JX-ENEOS)とトヨタ自動車アンテロープスは被災。福島県の下にある茨城県ひたちなか市を本拠地とする日立ハイテク クーガーズは、プレイオフ進出を逃しており、すでにオフシーズンに入っていました。キャプテン小笠原 ひかる選手は静岡県出身。オフシーズンは帰省されていたかと思いきや、その日はまだひたちなか市の寮に残っていたと言います。
被災地茨城県で3.11を過ごした小笠原選手に当時を振り返ってもらいつつ、3年が経った今の状況や心境についてお話を伺いました。

w140317a

ベンチから声をかけるキャプテン小笠原ひかる選手

壁は落ち、床も盛り上がった体育館、建物自体が歪んだ寮

ー 3.11当時を振り返っていただけますか?

実家に帰っている選手と寮に残っている選手がおり、私はまだ寮にいました。
地震が起きた時は何が起きたのか分からない状況で、とりあえず寮にいた選手たちと「食べ物をどうしようか」という考えが最初に浮かびました。そうしたら、近くにあるパン屋さんが「持って行きなさい」と商品をくださり、みんなで分けて食べたのを覚えています。

ー 地震により体育館が壊れたと聞いていましたが、寮は大丈夫だったのでしょうか?

元々古い体育館だったのですが、壁は落ち、床も盛り上がったりして、とても練習できるような状況ではありませんでした。私は会社の方と面談をするために寮で待っていたのですが、当日先に面談へ行っていた選手もいました。会社の方は屋根が落ちてきたところもあって、急いで寮に避難するように言われて帰って来ました。寮は屋根が落ちてきたりはしませんでしたが、建物自体が歪んでしまって使えない状況になってしまい、すぐにみんなで避難所となった公民館へ行きました。翌日には炊き出しが始まり、私たちもおにぎりを作るのを手伝ってみんなに配ったりしていました。

ー 何日ほど避難所生活を強いられたのでしょうか?

震災の翌日に1本だけ動いている電車があるという話を聞きました。もうその日、その電車しか動かないから、帰るならばそれに乗らなければいけないと言われて、急いでみんなで駅に向かい、なんとか全員帰省することができました。

ー 体育館が被災し、寮も使えない状況の中、オフシーズン中はどう過ごされたのですか?

4月に入ってから一度、選手たちが会社に集合しました。そこで練習拠点を山梨県へ移すという話がありました。そこから3ヶ月間は山梨クィーンビーズのご厚意もあって、山梨県でシーズンへ向けた準備をすることができました。その後、茨城へ戻りましたが私たちの体育館は使える状況ではなく、ひたちなか市の体育館などを借りてシーズンに向けた準備をしていました。しかし、やっぱり使える体育館はなかなか無く、あの時はいろいろ探し回りました。また、寮は使えないためにそれぞれがアパート暮らしとなり、そこから体育館へ通うことにもなりました。

翌日、号外で知った原発事故の状況

#7小笠原ひかる選手

#7小笠原ひかる選手

ー 日立ハイテクとしての練習環境が復旧したのはいつ頃ですか?

寮は未だにできておらず、アパート暮らしが続いています。体育館は震災前からもう古かったので建て直そうという計画があり、少しずつ進めていたところに震災が起きました。そのため会社の方々が「急いで建てよう」と急ピッチで進めてくれたおかげで、その年の10月くらいには完成しました。本当にありがたかったです。

ー なかなか茨城県内の被害状況が報道されませんでしたが、3年目を迎えた先日、ニュースで海沿いの街では車が流されるシーンが映されていましたが実際にはどうでしたか?

海沿いに住む知り合いや友だちに話を聞いたところ、やっぱり茨城でも津波が来て家が本当に大変だった、と言ってました。ひたちなか市は海が近くなかったので津波被害は無事でしたが、海沿いに住まれている方々は苦労されたそうです。

ー すでに復興されたという実感できていますか?

会社としても、新たに「がんばろう」ということを昨年1年間も掲げていましたし、チームも一緒にがんばろうと思ってプレイしています。会社とチームがお互いに励まし合いながらここまでやって来ました。会社の方もだいぶ復旧し、通常以上に営業できるようになってきたとは思います。しかし、通常には戻ってはいますが、やっぱり原発とかの影響がどれくらいこっちに来ているのかという心配はあります。
震災直後は電気も通っておらず、テレビも見られない状況だったのですが、次の日に号外が出てそれを見て初めて原発事故のことを知り、「何が起きてるの?」と思いました。
福島の方とは比べものにはならないですが、茨城は今でも頻繁に地震は起きていますので、ドキッとする時はあります。完全に安心ができる状況とはまだまだ言えません。

勝利を報告するチームと観客席で支える日立ハイテク応援団

勝利を報告するチームと観客席で支える日立ハイテク応援団

日立ハイテク支える社員の皆さん

ー 震災後、存続できなかったチームもあった中、今もWリーグでプレイできる環境は本当に良かったと感じますが?

会社としても大変な状況だったにも関わらず、体育館も建てていただいて、またWリーグでプレイする環境を続けさせてもらえること自体がすごく恵まれていることはチーム全員が感じていることです。感謝の気持ちを持って、一戦一戦プレイをしなければいけないと思っています。

ー 日立ハイテクの社員の皆さんは、今日(3/15)も代々木第二体育館まで応援に来てくれますし、ひたちなか市開催時は本当に多くの方が集まり、支えられているチームだなと感じられます。

会社や応援団の方々が毎週のように会場に駆けつけてくれます。負けが込んだ時も変わらずに応援していただいているのは、私たちの支えになっていますね。

ー 被災地で震災を体験し、その後の心境の変化はありますか?

普通の生活に慣れてくると、面倒なことや嫌だなと思ってしまうこともあります。でも、あの時のことを思い出せば、その嫌だということ自体が小さなことであり、そんなことで弱音を吐いていてはダメだ、もっとがんばれるところがある、と考えられるようになりました。

ー 現在10位とチームは低迷していますが、少しでも良い報告をするためにも残り2試合をしっかり戦い、一つでも順位を上げたいところですね。

新潟にはまだ1度も勝てていないので、なんとか勝ちたいという気持ちをチーム全員が思っています。特に新潟のホームゲームは応援もすごいので、それに負けないようにがんばります。

  • 3月22日(土)15:00 日立ハイテク vs 新潟@シティーホールプラザアオーレ長岡
  • 3月23日(日)12:00 日立ハイテク vs 新潟@シティーホールプラザアオーレ長岡

日立ハイテク クーガーズ
WJBL
WJBL CHANNEL

泉 誠一