チーム改革した山梨クィーンビーズの今シーズンと林HCの心配ごと。チームは休部ではなく、1年でWJBL復帰を目指す!

山梨クィーンビーズ

山梨クィーンビーズ

これが最後 ──
昨年10月、来季WJBL2014-2015シーズン参戦を見送ることが決まった時からこの言葉を自分に、そしてチームに言い聞かせてきたのはチームキャプテンの岡田 美香。ルーキーシーズン(2006-2007)から山梨クィーンビーズ(甲府クィーンビーズ時代含む)一筋の選手である。
突然、未来を奪われ、現実を受け入るために使い続けた「最後」が指すのは、WJBLのステージか、今シーズンか、このチームか、はたまた現役引退なのか……岡田自身にとってもその着地点は定かではない。
しかし、来シーズン再びWJBLの舞台に立てないことは、今シーズンが始まる前から決まっていた。

今シーズンの山梨は、2005年に日本航空を率いオールジャパンを制した実績ある名将、林 永甫ヘッドコーチを招へい。新人選手3人と移籍選手2人を獲得し、積極的な再建に着手していた。しかしシーズン開幕前、メインスポンサーであるルネサス エレクトロニクス株式会社の撤退により、チーム基盤が音を立てて崩れて行く。芹澤 薫代表理事は、「正直言って私どもも驚いています」と話すほど、青天の霹靂であった。
ホームゲームではスポンサーバナーが会場いっぱいに掲げられ、地元テレビカメラも入っている。それだけを見れば継続できそうな印象も受けたが、メインスポンサーが下りたことで体育館が使用できなくなってしまったことも大きな打撃となった。
「練習環境が大変厳しくなるのが、来シーズンの参戦を見送ることとなった理由のひとつです。やはり相応の環境が無いと、なかなか選手を獲得すること自体が困難になります。一時的にWJBLから撤退しますが、これから再建の道を探るための期間となります」
芹澤代表理事は苦渋の選択をしたが、1年でのWJBL復帰を目指す。2015-2016シーズンへ向け、スポンサーや練習環境の確保に奔走することとなる。

多くのスポンサーバナーが掲げられた山梨ホームゲーム

多くのスポンサーバナーが掲げられた山梨ホームゲーム

チーム改革により、勝ち獲ることができた2勝

「悔いなく、自分が今できることを精一杯試合にぶつけようと思って臨んでいました。特にホーム山梨で開催される最終戦は、全てをぶつける気持ちでした」
キャプテンの岡田は強い思いで最終戦のコートへ向かった。相手は6位三菱電機コアラーズ。気迫が優った前半は34-25と9点リードした山梨であったが、自力で優る三菱電機に4Qだけで31点を許し、65-78で敗れ、残念ながら最終戦を飾ることはできなかった。通算成績2勝31敗、12チーム中12位。

前日も同じく三菱電機と競った試合展開となった。相手に4連続得点を許せば、5連続得点で点差を縮め、粘りを見せたが得点を上回れず、60-72でこの日も敗れた。しかし、林ヘッドコーチは笑顔で試合を振り返っている。
「山梨に来て、初めて子供たちを褒めてあげました。結論的に言えば、ゲームに勝ってスコアで負けた。うちも一生懸命得点を獲りましたが、相手の3Pで離されてしまった試合でした。今日のゲームは満足しています」

山梨クィーンビーズ#4岡田 美香選手

山梨クィーンビーズ#4岡田 美香選手

チームの変化、そして成長をもたらした林ヘッドコーチ。それは岡田も実感している。
「昨年からWリーグが一つになり、さらに勝つことが厳しくなりました。昨シーズンはまだまだ甘さがあり、プレイにも結果にも現れませんでしたが、林ヘッドコーチが来た今シーズンは、一つひとつのプレイの大事さを学ぶことができました」
チームとして目指すバスケが方向転換したことで、バスケに対する姿勢も大きく変わって行く。
「エイトクロスを習得するためにはコミュニケーションが大事になります。やはりチームメイト同士で話をすることや、できていないプレイに対しても指摘し合うことが、今まで以上に出るようになったと感じています」

昨シーズン1勝もできなかったチームが、今シーズンは2勝できた。目標には届かなかったが、充実したシーズンでもあった。
「林ヘッドコーチがこのチームに来ていただいたことでチーム改革が行われ、今シーズン4勝を目標にしました。結果として2勝しかできませんでしたが、やはり昨シーズンはどのチームを相手にも、競った試合はありましたが結果は振るわず1勝もできませんでした。今シーズン1勝できた羽田(ヴィッキーズ)戦は、林ヘッドコーチがここに来て指導していただいたおかげだと思っています」
林ヘッドコーチは、目指すバスケットの浸透度は3割程度と言う。しかし、「子供たちはものすごく怒られたにも関わらず、よくがんばりました。そして、この短期間で三菱と接戦ができるくらい成長できたのは上出来です」と、選手たちを労っていた。
手応えを感じるシーズンだったからこそ、来シーズンも継続できない状況が悔しい。「これが最後」と言い聞かせてきた岡田自身の今後は、「どうなるか分からない状態」だと言う。

今は作品がない……日本の将来が心配

1968年、日立甲府からスタートした歴史あるチームだが、今シーズン限りで一度トップリーグの舞台から下りる。しかし、山梨クィーンビーズは今後も存続していく。来年度は関東実業団リーグへ移籍し、WJBL返り咲きの吉報を待つこととなる。勝てなかったチームを2勝させ、上位チームとも接戦できるまでに改革した林ヘッドコーチは、残念ながら韓国へ帰るそうだ。
「山梨を1シーズン見て来ましたが、もし続けられていれば、もっと良いチームになり、本当におもしろいプレイを見せられたでしょう。それができないのはもったいない……」
志半ばでチームを離れなければならない悔しさ、同時に名将は日本バスケ全体への警鐘も鳴らしている。

林 永甫ヘッドコーチ

林 永甫ヘッドコーチ

「日本リーグに戻って1シーズンを戦いましたが、どのチームも3Pシュートに命を賭けてしまっている。国内であればそれで良いかもしれませんが、国際試合では難しくなります。どのチームを見ていても今は作品がない。三菱戦に敗れはしましたが、我々が『ゲームに勝った』と言うのは、作品があるということです。三菱は3Pに勝敗の比重が委ねられてしまっています。その点うちは、やるべきプレイを持って戦い、その上で得点を獲ったわけですから、誰が観てもおもしろいバスケットだったはずです。WJBLの全体を見回しても、シュートが良ければ勝つというチームが多い傾向にあります。これは批判ではなく、日本の将来を心配しているから言うのです」
5シーズン振りにWJBLに復帰し、「日本航空を指揮していた時は日本リーグ全体としてプレイが上手かった」と当時と比較。さらなる心配ごとを吐露してくれた。
「結局、やりやすいバスケットをしているだけ。バスケの基本は2on2から2on1の状態を作り、いかにノーマークでシュートに行くか。それをやるべきですが、今の日本は全体的に何も仕掛けず、ボールをクルクルと回しながら結局シュートを投げるだけ。うちの選手たちが小さいから簡単に打てているだけですよ。全体的にレベルダウンしていると感じていますし、とても心配です」
43年ぶりに女子日本代表がアジアNo.1になったのは、渡嘉敷来夢(JX-ENEOSサンフラワーズ)ら大型選手が台頭した成果でもあるのではないかと反論をしてみたが、あっさり返り討ちに遭う。
「それも同じこと。世界に出れば日本は小さく、体も弱い。アメリカ人やヨーロッパ人を相手にしたら何もできなくなりますよ。それを私は心配しているんです。どうしたら大きい選手を引き出して得点できるか、ゲームに勝てるかをこのリーグから考えてプレイしていかなければいけません」

韓国からやってきた林ヘッドコーチが心配していること、山梨が来シーズンを見送らなければならない状況になったこと。この2つから見えるのは、WJBL自体が変革期に来ているのではないかということ。
取材をした3月22日の山梨市民総合体育館では、約700人が観戦をした。いつもの倍近い集客だと言う。そのうちの大多数が子供たち。チケット売上も収入源としなければならない母体企業を持たないクラブチーム。それは、新潟アルビレックスBBラビッツや羽田も同じ。このようなクラブチームを受け入れるならば、同じ轍を踏まないためにも問題視し、環境改善が求められる。
アジアNo.1になったヒロインたちの主戦場だからこそ、もっと激しく、もっと楽しく、もっと盛り上がってもらいたい。男子ではなく、女子がバスケ界をリードしても良いはずであり、そのポテンシャルは日本には十分にある。

山梨クィーンビーズ
WJBL

泉 誠一