自分が知ってるJX-ENEOSはこんなものじゃない!(JX-ENEOSサンフラワーズ#12吉田 亜沙美選手)

w141208a

「初めてこんなJX-ENEOSを見るので、どうしちゃったのかなと思っています」
11チーム総当たりとなるリーグ戦での1巡目(10試合)を終えた12月7日。1位デンソーアイリス、2位富士通レッドウェーブに続く3位にいるJX-ENEOSサンフラワーズだが、戦績を見れば3チームとも8勝2敗の同じ勝率で並ぶ。
しかし、冒頭にある吉田 亜沙美選手のコメントのように、今シーズンのJX-ENEOSにはもどかしさを感じていた。

どうしたJX-ENEOS!?

昨シーズン、2月15日に行われた富士通戦で左ヒザ前十字じん帯を断裂した吉田選手は、長いベンチ生活を余儀なくされた。それは初めての経験でもある。
ケガがないのもトップ選手の条件であり、それを証明するように2006−2007のルーキーシーズンから大ケガに見舞われるまでの約7年半の間に欠場したのは、たった7試合のみ。キャリアを振り返っても、唯一2007-2008シーズンのファイナルで富士通に敗れたが、それ以外は常に頂点に君臨しており、7連覇を目指すJX-ENEOSの黄金時代を支えている。
ベンチで戦況を見守る日々が続く吉田選手にとって、JX-ENEOSの現状はどう見えているのだろうか?

ウォームアップでは元気な姿を見せてくれている。

ウォームアップでは元気な姿を見せてくれている。

「まだまだですよね、やっぱり。自分が知ってるJX-ENEOSはこんなものじゃないですし、まだチームになり切れていない。厳しいことを言えば、まだバラバラであり、選手一人ひとりがみんなのことを思ってプレイができていないというふうにやっぱり見えてしまいます。だから、負ける試合や競ってはいけないチームに競ってしまうという試合が多かったです。チャンピオンチームらしいプレイをしなければいけないだろうし、見ている人たちに応援したいと思ってもらえるようなチームにならなければいけない。でも現状は、そこまでなり切れていない。若いからというのは言い訳にしかならないと思いますし、それでも経験ある選手たちが出ているわけですからね。でも少しずつ、本当に少しずつですけど、良くはなってきています。オールジャパンの時にはもう少し完成した形で臨められるのではないかと思って見ています」

今年は10月に世界選手権とアジア競技大会があったため、例年よりも遅い10月31日にWJBLは開幕。10試合を終えた現在、2敗しかしておらず、目下6連勝中という結果を見れば上々の出来である。しかしながら、女王らしからぬ冷や汗をかくような試合を目にし、圧倒的な強さが脳裏にインプットされているだけに、そのギャップに戸惑いを感じずにはいられない。

「『どうしたJX-ENEOS!?』『そんなんじゃないよな?』と、たぶんみんなが思っていることでしょう。自分たち自身もみんなが感じているはずです。そこを埋めていくためにも5人が一つにならなければならないですし、チーム16名全員で挑んでいかなければいけません。それがまだでき切れていないかな、という感じです。ポジティブに言えば、まだチームとして完成していないですし、改善できる余地はあります」

ベンチから声をかけ、ともに戦う吉田選手

ベンチから声をかけ、ともに戦う吉田選手

私が戻ったところで、何のプラスにもならない

開幕戦(10月31日)、トヨタ自動車アンテロープスに56-65で敗れた。11月15日、富士通レッドウェーブには64-92、28点もの大差をつけられて終わった。敗れた2試合を観戦した後、吉田選手が復帰しても簡単に勝てないのではないか、という不安が過ぎる。彼女自身も同じ考えだったようで、さらに足りない点を挙げてくれた。

「今この状況で戻っても、勝たせてあげることはできないと思います。精神的にラクにさせることはできても、やっぱり一人ひとりが意識を変え、自分が変わらなければいけないという思いが強くないと一つのチームにはならないです。私が戻ったところで、何のプラスにもならないと思います。今日の試合(羽田ヴィッキーズ戦)でも、前半はすごく良い試合をしてくれました。気持ちの持ちようでこのようなゲームができる力があるわけですから、やっぱりどこかで出し惜しみしているところがまだあるのだと思います。安心しきっている、勝てるだろう、負けていても後半どうにかなるだろう、といった安易な気持ちがまだ少し選手たちに残っているのだと思います。チャンピオンチームだからどのチームにも勝てるというわけではないですし、挑戦者として臨んでいかなければ連覇し続けるのは厳しい。そのことは自分たちが一番分かっているはずです。そこの意識の持ちようが大事です」

女子トップリーグWJBLは、1967年に始まった日本リーグから数えて48年目を迎えた。長い歴史を紡いできた中でリーグ戦17回、オールジャパン18回、合計35回もチャンピオンとなり、その勝ち星がJX-ENEOSのユニフォームに刻まれている。ルーキーであろうがその伝統をまとうことで、恥ずかしいプレイはできない。自分たちで律しながら挑戦し続けることが、JX-ENEOSの強さでもある。

「まだシーズンは始まったばかりですし、これからいくらでも変わっていけるとも思っています。それも一人ひとりの考え方次第ですし、目標を高く持たなければいけません。低い位置の目標ではやっぱりダメだと思うので、一人ひとりが高い意識と高い目標を持って、自分が変わる、変わらなければいけないという気持ちを持たなければいけません。だからこそトヨタや富士通に負けてしまったんだと思います。日々勉強ですよね」

JX-ENEOSのユニフォームのサイドには優勝した数の星が刻まれている。

JX-ENEOSのユニフォームのサイドには優勝した数の星が刻まれている。

世代交代の中、脱皮にもがく大蛇のごとし

もっともっといろんな話を伺いたかったが、目の前に迫る多くのファンの元へ開放する時間が来てしまった。

“吉田 亜沙美”が放つオーラは、男子選手を含めて国内では群を抜いており、近寄りがたい。しかし面と向かって話を聞けば、裏表無く自分やチームに厳しい言葉を重ねていき、身の引き締まる思いを毎回させられる。
企業チームやプロチームで混乱する男子リーグだが、真のプロ選手は女子にこそ多い。それは常に世界を見据えているからであり、吉田選手が言うように“高い目標”を掲げているからに違いない。
だからこそ、“日々勉強”という最後の言葉は重たく、試合に出られない状況でも全力で戦っていた。

肝心の復帰時期については、「もうちょいかな。早くみんなとバスケットがしたいけど、あまり焦ってはいません。自分のペースでしっかり調整しています」と言う。まだまだ先の長いバスケ人生であり、オリンピックや世界への戦いが待っている。無理することなく準備万端で復帰していただき、バージョンアップした“吉田 亜沙美”への期待は高まるばかりだ。

苦しい状況が続くJX-ENEOSだが、大神 雄子選手や山田 久美子選手らベテラン選手たちが抜け、世代交代の最中である。それは脱皮にもがく大蛇のようでもあり、恐ろしささえ感じる。一皮むけ、成長した姿を見せてくれるのはオールジャパン前かもしれないし、ともすれば今シーズン中には間に合わないかもしれない。
1リーグ制となって3シーズン目を迎えるWJBLもまた、転換期に差し掛かっている。ライバルたちにとっては、JX-ENEOSの連覇を阻止する絶好のチャンスであり、女子日本一を決める明快な争いから今後も目が離せない。
JX-ENEOSの次戦は1週空き、オールジャパン前の年内最終ゲームには羽田との連戦が待っている。

WJBL年内最終ゲーム

  • 2014年12月20日(土)
    12:00 羽田 vs JX-ENEOS@墨田区総合体育館
    13:00 シャンソン vs アイシンAW@名古屋市中村スポーツセンター
    14:00 三菱電機 vs デンソー@岩手県営体育館
    15:00 トヨタ vs 日立ハイテク@名古屋市中村スポーツセンター
    15:00 新潟 vs 富士通@新潟市東総合スポーツセンター
  • 2014年12月21日(日)
    12:00 新潟 vs 富士通@新潟市東総合スポーツセンター
    12:00 羽田 vs JX-ENEOS@墨田区総合体育館
    13:00 デンソー vs 三菱電機@奥州市総合体育館
    13:00 アイシンAW vs シャンソン@名古屋市中村スポーツセンター
    15:00 日立ハイテク vs トヨタ@名古屋市中村スポーツセンター
  • JX-ENEOS以外は12月13日(土)14日(日)も試合があります。詳細はWJBLオフィシャルサイトにて。

JX-ENEOSサンフラワーズ
WJBL
WJBLチャンネル(無料動画配信)

泉 誠一