かくて“エース”はWindow6に挑む ~男子日本代表 比江島慎~

ワールドカップ・アジア地区予選Window6まで1週間を切った。4連敗から6連勝というV字回復を辿り、2006年以来のワールドカップ出場まであと一歩に迫ったAKATSUKI FIVE男子日本代表。最終ロスターはまだ発表されていないが、Window6において得点面で期待されるのは日本代表の“エース”、比江島慎だ。

昨年8月にオーストラリアリーグ・NBLのブリスベン・ブレッツへ海外移籍したものの、出場機会をあまり得られないまま今年1月に退団。帰国後は栃木ブレックスの一員としてB.LEAGUEでプレーし、失われつつあったゲーム勘も戻してきている。

その比江島を先日、日本代表合宿で久々に間近で見たとき、少し驚いた。体が大きくなったように見えたのだ。彼の体をつぶさに見てきたストレングスコーチは「そんなことはないと思う」と言い、彼自身も意識して大きくしているわけではないと言うが、それでも「オーストラリアで体重が2キロくらい増えて、それを維持しています」と認める。そのおかげでディフェンスでは相手とのフィジカルコンタクトに負けず、しっかりと踏ん張れるようになったそうだ。

オフェンスでは、これまではどちらかといえば“かわす”プレーばかりだったけど、今はもう少し体を使っていくプレーを練習しています。相手を飛ばせないというか、自分から体をぶつけてからシュートを打つイメージですね

ディフェンスとの間合いや、攻められるスペースを素早く察知し、天性のボディコントロールとボールハンドリングでするりと抜けていく。そんな独特のリズムこそが比江島の魅力だったが、今は直線的とでも言おうか、フィジカルな攻撃パターンを練習しているというのだ。

そうした、いわゆる「ファウルをもらう技術」は以前から身につけたいと思っていたと比江島は明かす。もちろんこれまでもファウルをもらうことはあった。しかしそれは自分が意識して「もらう」というよりも、ディフェンスがファウルを「してしまった」という感覚に近い。逆にファウルを「もらった」と思う接触では、オフェンスとディフェンスがそれぞれのポジションの中で競り合い、オフェンス側――ここでいえば比江島自らが体勢を崩したためにファウルにならないと判断されることのほうが多かった。

特にフィジカルコンタクトの基準値が高いワールドクラスの戦いでは、それが歴然となる。男子日本代表が直近でワールドクラスの戦いをした2016年の「リオデジャネイロ五輪・世界最終予選(以下、OQT)」を振り返っても、比江島は自分のプレースタイルで「あまり通用した記憶がない」と認める。

競り合いながらも自らのポジションを保ち、ディフェンスを正しいポジションから引きずり出す。ディフェンスがオフェンスの領域を侵してコンタクトをしてくればファウルである。

きっかけは単純です。オーストラリアとニュージーランドはフィジカルに攻めてファウルをもらうのが主流だったし、帰国して合流した栃木ブレックスでもそういうことをしたほうがいいんじゃないかと言われたからです。自分としてもファウルをもらう技術はいつか身につけたいと思っていたので、このタイミングでやっておくのもいいかなって

このタイミングとは、残り2試合となったワールドカップ・アジア地区予選を前にした今であり、その先に見えてきたワールドカップを見据えてのことでもある。
(ワールドカップは)単純に楽しみだし、ワクワクします。今の自分がどの位置にいて、どこまでやれるのかを試してみたいから。オーストラリア代表とのゲームでもやれたし、オーストラリアリーグではあまり試合に出られなかったけど、練習ではある程度やれたので、3年前のOQTよりはやれるという自信はあります

自信を確信に変えるためにも、8月下旬から中国で開催されるワールドカップに出なければならない。

現在の日本代表にはニック・ファジーカスや渡邊雄太、八村塁らが加わり、得点面での負担は3年前よりもかなり軽減されている。しかしWindow6に関しては八村が参戦せず、渡邊もまたその可能性が低いと見ていい。ファジーカスはロスター入りするだろうが、彼へのマークは当然厳しくなるはずだ。そうしたときに比江島がどんなパフォーマンスを見せるのか。

“エース”とは、ここぞの場面でボールを託され、その期待に結果で応える選手である。慣れ親しんだプレースタイルだけに頼らず、自らに挑み続ける比江島を改めて注目したいと思う。

文・写真 三上太

こちらもおすすめ

Top