ピンチをチャンスに変えて〜女子日本代表候補・町田瑠唯の挑戦〜

「今回いきなりリュウさんがいないのを聞いて、最初は不安もありました」
女子日本代表の第4次合宿が始まっている。
4月のスタート当初は52名いた代表候補選手も29名にまで絞られた。さらに今回からワールドカップ(9月22日〜30日@スペイン・テネリフェ)に出場する、いわゆるA代表と、アジア競技大会(8月19日〜9月1日@インドネシア・ジャカルタ)に出場するB代表とに分かれて、それぞれ強化を進めている。

そのA代表のなかに「リュウ」こと吉田亜沙美と、大崎佑圭の名前がない。練習後、ヘッドコーチのトム・ホーバスは2人がワールドカップに出ないことを明言し、その理由について「いろいろあるけど、やはりコンディションが足りなかった」と言う。大会の日程を考えれば、額面通りに受け取るわけにはいかない。つまり体力的なコンディションだけが理由であれば、経験豊富な選手であるだけに9月下旬にピークを合わせることもできたはずだ。ホーバスの言う「コンディション」には長年の勤続疲労や、メンタル的なものも含まれていると考えていい。

毎年、Wリーグと日本代表を掛け持ちし、しかもともにチームの主力で戦っている彼女たちにとって、多少の休息は不可欠だった。本誌最新号(21号)で大神雄子と対談した萩原美樹子が言っていたように、オリンピックという大舞台で戦った後に高いモチベーションを維持し続けることは、いかにトップアスリートといえども難しい。ましてや彼女たちは、そうした厳しい状態のなかでWリーグ10連覇という偉業にも挑戦し、実際に達成している。世界の舞台で彼女たちの姿が見られないのは寂しいが、これも2020年に向けての必要な一歩と考えれば、今はゆっくり休んで、英気を養ってほしい。(その後、大崎は所属チームを通して、「今シーズンはWリーグにも選手登録をしないこと」「新しい生命を授かったこと」を発表。後者について、まずはおめでとうございます!)

その一方で、ホーバスはNBA2017-2018シーズンのイースタンカンファレンス・ファイナルまで勝ち進み、そこでクリーブランド・キャバリアーズに敗れたボストン・セルティックスを引き合いに出して、こうも言っている。
「“Plug-and-Play(プラグ・アンド・プレー)”……今シーズンのセルティックスはいろんなケガ人が出たけど、ベンチからメンバーが出てきて、(ケガした)そのポジションに入った。それをアメリカのメディアは“Plug-and-Play(プラグ・アンド・プレー)”と言ったけど、誰かが次のポジションに入っていく、そういうシステムをボクたちも昨年から作っている。それをもっともっと高めていきたい。もし誰かがケガをしたら、次は誰かがそこに入っていく。でも自分たちのバスケットのレベルは変わらない。そんなシステムをね」

昨年は渡嘉敷来夢抜きでアジアカップを制した。今年は吉田と大崎抜きで世界と戦い、目標であるメダルを獲得してやろう。女子日本代表は本気で世界レベルのチーム作り、体制作りに取り組み、世界の頂点を目指している。

さて冒頭の言葉は、激化するポイントガード争いの中にいる町田瑠唯の言葉だ。むろん言葉は「不安」だけで終わらない。
「でもリュウさんがいないのはどうしようもないし、いつかは世代交代があるわけだから、それが(イメージしていたよりも)少し早く来たかなという感じです」
前向きというよりも、アスリートなら誰もが持つ負けず嫌いの炎に、さらなる油が注がれたようだ。ピンチをチャンスと捉えたわけである。
A代表のスタメンポイントガードの座を争うのは町田以外に3人いる。昨年のアジアカップでブレイクした藤岡麻菜美、昨年こそ代表から漏れたもののリオデジャネイロ五輪に出場した三好南穂、そして今年度が代表候補初選出となる本橋菜子だ。
それぞれに特長の異なるポイントガードだが、町田は自身が最も得意とし、日本代表チームも標榜するトランジションバスケット、つまり攻守の切り替えが速いなかで攻撃の起点になりうる存在だ。
むろんトランジションだけで40分を戦えるわけではない。昨年以上に早い段階から数が増えているハーフコートでのセットプレーの選択もポイントガードに求められるスキルだ。

「昨年までは2番手のポイントガードとして『もっとペースを上げてこい』と言われるだけだったので、それだけを意識してやっていたんです。でもスタメンで出るとなれば、それだけでは通用しない。トランジションで行くのか、ハーフコートで1本をしっかり作るのか。そのバランスがすごく大事になってくるかなと思っています」

2015年以降、A代表に定着しつつある町田だが、同じポイントガードであってもスタメンとバックアップとでは役割が異なる。ゲーム作りを40分という大きな視点で考えなければいけないし、ゲームの状況において、その判断を変える必要性も出てくる。第4次合宿中に来日し、非公開で行われているベラルーシ代表との練習ゲームも第1戦は大差で勝ったために取り組めなかったが、競った状況ではどう判断するべきかなどがその例だ。プッシュすることを第一と考えていた昨年までとは思考をまったく切り替えて、町田は今年の日本代表合宿に臨んでいる。

もちろん課題はそれだけでもない。
今年もホーバスから指摘を受けたそうだが、例年のように町田は得点力を問われている。
「トムさんからは(ポイントガードが)1試合で10得点・7~8アシストできたら日本は強いと言われたので、そこは自分でも意識してやらなきゃいけないと思っています」
それは今年のチームから吉田、大崎が抜けたことでより強く意識している部分でもある。
「リュウさん、メイ(大崎)さんがいない状況で、チームを今まで以上のレベルにするためには、ポイントガードの得点は必要。『リュウと同じプレーをしていてもダメだよ』とも言われたので、そこはさらに強く意識しなきゃいけないと思っています」
ことポイントガードだけにフォーカスすれば、吉田が抜けた穴はけっして小さくない。しかしその穴を埋める選手が一人でも多く出てくれば、吉田が帰ってきたときの相乗効果は計り知れない。町田は得点力をあげることで、それに挑戦しようとしている。

藤岡がケガの影響で少し出遅れているが、それさえもチャンスに捉えて、一気に突き放すことができるか。それくらいの荒々しいまでの気概を持つことができれば、吉田や藤岡が戻ってきたときに彼女の思い描いていた「日本のスタメンポイントガードになる」という目標も達成できるというものだ。万が一にもバックアップへ戻されたとしても、そこに昨年までの町田の姿はない。
もうバックアップじゃない――今年の日本代表を自分が「また成長できるチャンス」と認める町田のステップアップこそが、日本を世界のより高いところへと導く。

文・写真 三上太