mami’s photo report.二次予選進出!日本一丸。~ 全員で掴んだ希望 ~ 日本vsオーストラリア W杯アジア地区予選 window3

6月29日、日本バスケットボール界にとって大きな意味を持つ1日となった、W杯アジア地区予選 window3 . この日の千葉ポートアリーナはファンのナショナルチームで埋め尽くされ、試合開始から試合終了のその瞬間まで、“日本のパワー”に溢れたアリーナだった。

日本は文字通り「崖っぷち」。

新たに、ニック・ファジーカスと八村塁をメンバーに加え挑むのは、今まで1度も勝利できたことがないアジア王者、オーストラリア。FIBAランク48 位の日本に対し、オーストラリアは10位。(2018.2.28現在のランキング)

格上相手にどんな戦いを見せるのか。

歴史に残るであろうこの一戦を、写真で振り返る。

  • #6 比江島 慎
  • #7 篠山 竜青
  • #24 田中 大貴
  • #23 八村 塁
  • #23 八村 塁
  • 左から:オーストラリア #7 ソン・メイカー 日本 #15 竹内 譲次
  • オーストラリア #7 ソン・メイカー
  • #18 馬場 雄大
  • #23 八村 塁
  • #22 ニック・ファジーカス
  • #6 比江島 慎
  • #6 比江島 慎
  • #22 ニック・ファジーカスに抱きつく #15 竹内 譲次
  • #3 辻 直人
  • 左から #22 ニック・ファジーカス, #23 八村 塁
  • 喜び抱き合う、#22 ニック・ファジーカスと #23 八村 塁
  • 日本応援団

(フォトグラファーあとがき)

崖っぷちの状況で迎え撃つは、FIBAランク【超】格上のオーストラリア代表。
オーストラリア代表には、現役NBA選手である、マシュー・デラベドーバとソン・メイカーがいる。

私がこの日シャッターを切っていて本当に胸がドキドキしたのは、オーストラリア代表の顔つきがみるみる変わっていったこと。

オーストラリアも、決して日本をナメてかかってはいなかったはず。しかし、日本の変化と進化を目の当たりにし、相当焦ったに違いない。

ピリオドを追うごとに顔つきは険しくなり、何がなんでも止めてやる、という鋭い瞳に溢れていた。

オーストラリア代表にそんな眼をさせ、ほんの数十秒の間しかリードを奪わせなかった日本代表チーム。オーストラリア勢の素晴らしい瞬間が多かったのは、日本が相手を“本気”にさせたからだ。

しっかりとボディーコンタクトをし、必死に走り込む選手たちはとても頼もしく、コートの中で“勝ち”を体現してくれた彼らを誇りに思う。

コート間際では体同士が当たる激しい音がし、汗が飛ぶ。

一つ一つのプレーを、これから何度も思い出すだろう。
この日の選手たちは、何かオーラを纏っているかのように見えた。
1人1人から発せられるパワーが、目に見えるようだった。

「これをやり続ければ、オーストラリアにも勝てる」

そう思う展開が第一ピリオドから崩れず、最終的に1点差まで詰め寄られるも殆どの時間でリードを奪われることなく、この日日本はオーストラリアにW杯予選初の黒星をつけた。

私は忘れない。

試合開始から試合終了のその瞬間まで、オーストラリアを追い詰め続けた日本応援団の大声援を。

Window1 よりも Window2 の方が大きく、Window2 よりも、この日。

過去に体験したことのないような“会場が揺れる”大声援が、どれほど選手の力になったか、私にははっきりとは分からない。

しかしこの日確かに感じたのは、選手・スタッフ・ファン・メディア、とにかく日本チームに関わる誰もが“一丸”となっていたことだろうか。

「日本一丸」

これがあれば、私たちは最強な気がしてくる。

文字通り「崖っぷち」だったはずの日本だが、日本時間7月2日に行われたアウェイのタイペイ戦において108-68で勝利し、W杯アジア地区予選、二次ラウンドへの進出を決めている。

これからも、彼らの輝く瞳を撮り続けていきたい。
この日の選手たちの表情を、想いを、たくさんの方が見て、感じて頂けますように。

千葉ポートアリーナでの開催ということで日本代表ユニフォームを着た、千葉ジェッツふなばしのマスコット、ジャンボくん(左)と、シーホース三河の公式風マスコットのタツヲ

文・写真 安井麻実