東北ダービーに敗れ、秋田が初黒星。今週末、西地区1位琉球vs3位浜松戦開催

開幕から唯一負け無しで連勝記録を伸ばしていた秋田ノーザンハピネッツだったが、11月16日(土)に行われた岩手ビッグブルズ戦に70-85で敗れ、連勝は12でストップ。敗れた試合、3Pシュートの確率が14.3%と悪く、ターンオーバーも岩手の9本に対し、14本と上回り敗戦。翌日は93-89でしっかり勝利し首位キープ。
同じく1敗をキープしているのがイースタンカンファレンスの富山グラウジーズ。青森ワッツに2連勝を挙げ11勝1敗。 藤江 建典選手、水戸 健史選手、城宝 匡史選手の日本人スタメン3人がそれぞれ土曜のゲームでは二桁得点を挙げる活躍を見せた。

ウエスタンカンファレンスは、滋賀レイクスターズが新潟アルビレックスBBに2連敗を喫し上位争いから落ち6勝6敗。今週末は1位琉球ゴールデンキングス(10勝2敗)と3位浜松・東三河フェニックス(8勝4敗)の対戦が浜松ホームである豊橋市総合体育館で行われる。浜松が2連勝すると勝率で並ぶ。
試合結果やスケジュールの詳細はbjリーグオフィシャルサイトにて