群馬:新GMに神田氏を迎え、新体制でプレイオフ進出、観客数増員を目指す

群馬クレインサンダーズは「県民球団」という大きな目標に向け、来季の人事を刷新し新体制で臨むべく、神田悠輝氏をゼネラルマネー ジャー(GM)として迎えることを発表。プレイオフ進出、実動員数の大幅増を目指し、「応援してよかった」「もう一度来てみたい」という満足度向上へ挑む。

神田悠輝GM
新潟県出身、愛知学泉大学卒業。旧JBL時代の新潟アルビレックスでチームマネージャー、営業を歴任し、その後大阪エヴェッサのGM補佐、ゲームオペレーションを務めた実績の持ち主。
「この度、群馬クレインサンダーズのGMに就任させて頂くことになり、大変光栄に思っております。また、bjリーグ創立10周年及び群馬県でのオールスター開催というメモリアルなシーズンに就任することに大きな意義を感じております。今シーズンはもう1度チーム編成の見直しを行い、「チャレンジャー」としてチャンピオンシップを目指せるチーム作りをしていく所存です。ブースターの皆様と共に愛される県民球団を作って参りますので、今後とも熱いブースト宜しくお願いいたします」

群馬クレインサンダーズ