東アジア競技大会:大学生チームが中国相手に好ゲーム

東アジア競技大会バスケットボール競技は2日目。男子日本代表は、地元中国と対戦。前半を22-23と1点ビハインドで終え、3Qまでは37-40と食らいつく。しかし、最後は離されてしまい47-60で敗れ、予選ラウンドを通算1勝1敗で終えた。 最高身長が199cmの男子日本代表が、アジア選手権経験者2人を含む高身長揃いの中国に3Qまで互角の戦いができたことを選手たちは自信に持ち、今後の試合につなげていってもらいたい。7年後、日本を引っ張るのはキミたちだ。

3日目は女子日本代表のみ試合があり、ホンコン・チャイナと対戦。

詳細はJBAオフィシャルサイト大会オフィシャルサイトにて。