東アジア競技大会:女子は若手の中国に辛勝

東アジア競技大会での3戦目に中国と対戦した女子日本代表。3Qまでリードされていたが、何とか最後の最後に渡嘉敷来夢選手のフリースローで逆転勝利。中国を破り、3連勝を挙げた日本だが不安も否めない。
中国のメンバーを見ると昨年のロンドンオリンピックや一昨年前に長崎県大村市で行われたアジア選手権出場メンバーは一人もいない。今年行われたU-19世界選手権メンバーが3人いる若手中心のメンバーに対し、1点差の辛勝は本番を間近に控える時点で不安が残る結果となった。
本日10月13日、女子は金メダルを賭けてチャイニーズ・タイペイと対戦。アジア4強の一角ではあるが、置き去りにしたい相手でもある。アジア選手権につながる胸のすくような勝ち方で、金メダルを持ち帰って来てもらいたい。ガンバレ、ニッポン!

男子日本代表は本日より再開し、決勝トーナメントが始まる。相手は女子と同じくチャイニーズ・タイペイ戦。8月に行われたアジア選手権に出場したほぼフルメンバーを相手に、学生ジャパンが挑む。

詳細はJBAオフィシャルサイト大会オフィシャルサイトにて。