渋谷スタジアム構想により聖地・代々木公園バスケコートの存続危機?

東京のオアシス・代々木公園にバスケゴールが設置されてから15年が経つ。2003年、ナイキジャパンが2台のゴールを寄贈し、気軽にフルコートでバスケができる環境を与えてくれた。当初は石畳のままだったために段差があり、ボールがイレギュラーしていたのも懐かしい。その2年後の2005年2月、あらたに2台のゴールが寄贈されるとともに、キレイにコートが整備されてできたのが今の形である。時を同じくしてALLDAYなるストリートボールトーナメントがはじまり、毎回出場チームは全国から定数を上回るほど寄せられ、盛り上がりを見せる。今オフにやってきたラッセル・ウェストブルックをはじめ、多くのNBA選手もこの地を訪れている。

ルーツを遡れば、ゴールが設置される前から木場のバスケカフェ「BALL TONGUE」の店主・MUЯが週末にゴロゴロと移動式ゴールを持ち込み、青空バスケを提供していた。賑やかなその人だかりを覗けば、後のプロ選手や昨今のストリートボールシーンを切り拓いていったヤツらが純粋にボールと戯れていた。代々木公園とバスケの縁は深い。

バスケコートの隣には陸上競技場とサッカーグラウンドがある。この広大なDoスポーツエリアに、3万人規模のサッカースタジアムを新たに作る構想がある。すでに実現へ向け、有識者や一般の方々とともにクロストークが行われ、第1回は川淵三郎氏が登壇したニュースを目にした方も多いことだろう。この構想についての詳細は『渋谷未来デザイン』をご覧いただきたい。

さて、このスタジアム構想が実現すれば、必然的にストリートボールの聖地は潰されてしまう。11月1日、第2回クロストークが行われ、ALLDAYのコミッショナーを務める池田二郎(株式会社クロッシング東京 代表取締役)と、ここで育ったストリートボーラー海老原奨/AB(F’SQUAD、元3×3日本代表)が登壇し、この聖地に対する熱い思いを伝える機会となった。

『愛着=帰属意識で育まれたオープンなバスケコート』池田二郎

ALLDAYは日本のストリートボールでトップレベルにあり、多くの観客も集まって盛り上がる憧れの場所です。このイベントのおかげで聖地になったとともに、利用者自身が管理できるようになりました。例えば、ゴミを捨てる人がいればそこでバスケをしている人が注意する文化が根付いています。そうなったのも帰属意識がカギだと思っています。このコートに対する愛着があり、自分の家や庭のような気持ちで使っています。そういう場所はなかなかなく、歴史があることも大きな要因だと思います。

バスケコートのキーワードは『オープン』。金網で囲っていたり、カギがかかっていたり、管理人がいて利用料を取っていてはなかなかその場は生まれづらい。ストリートボールは部活とは全く違うものです。最初は、日本に住む外国人が日曜日に集まってバスケをしていました。彼らがアメリカのストリートボールと同じルールでバスケしていたことで、そこに来た日本人もそのルールに合わせてバスケをし始めたのが受け継がれています。

代々木公園のバスケコートは一部の人に占有されていると思われがちですが、そんな人はいません。誰でもウェルカムですし、初心者でもOKです。そこがストリートボールの良いところであり、実は競技力向上にもつながってきます。アメリカの大学ではバスケ部だったので、自分の方が絶対にうまいというプライドがありました。でも、公園に行くとそこにいるおじさんに負けてしまうんです。シュートフォームもヘンですが、決めてくる。決定力や勝負強さが養われる場です。来日するNBA選手には機会がある毎に「ストリートでバスケをしていたか」と質問しますが、「それしかやってなかった。そこで勝負強さが身についた」とみんなが答えているのも納得です。

初心者でも参加できますが、ひとつだけ条件があります。自分からやりたいと声を挙げなければならず、向こうから一緒にやろうと誘われることはないです。日本は自分から表現しない国民性ですが、バスケはアメリカのカルチャー。どちらのカルチャーが良い悪いではなく、違う文化を日本にいながら体験できます。代々木公園のバスケコートはいろんな人種の方がいて、たまたまバスケットというプラットフォームだっただけで、実は交流の場になっています。

『様々な人が集うことで日常的に非日常なことが起こる空間』AB

代々木公園のバスケコートを日常的に利用している一人です。スタジアムができてしまうとコートがなくなる悲観的な思いがどうしてもあります。地域密着スタジアムがあれば良いという話でしたが、地域密着や多様性ある交流など全てが盛り込まれているのがこの代々木公園のバスケコートです。むしろ、一番大切な残すべきピースだと、僕らバスケットボールファンであり利用者として提言したいです。

このコートの良さはいつでも使えること。利用するのにチケットも入場料もなく、年齢・国籍・性別などの制限はなく、もちろん差別もありません。そこに行けばみんなでバスケができる環境です。このコートの一番すごいところは、いつでも勝手にワイワイと試合が行われているところです。これがカルチャーです。そこに集まった知らない人同士がチームを作って戦う、ピックアップゲームが起きているカルチャーが代々木公園のバスケコートの素晴らしさであり、日本では非常に例の少ないコートです。コートさえあれば同じように試合が起きるかと言えば、そんなことはありません。ここに根ざした目に見えない文化があり、非常に貴重なものです。地域交流の場、多様性あるいろんな人たちが集まる場として残していただきたいです。

僕自身、そもそも環境に恵まれなかったし、全国大会に出るような選手でもない。最初にはじめたのも小学校4年のとき、校庭のバスケゴールでした。環境に恵まれない人たちがどこでバスケをするかと言えば、やっぱり街にあるストリートコートです。社会人になってもバスケが好きで今も続けており、そのかけがえない場所がこのバスケコートです。

昨年、東京オリンピックで3×3が正式種目になりましたが、4年前に3×3日本代表選手になった経緯があります。そんなチャンスが来るとは思ってもいませんでしたが、バスケが好きで諦めずに続けられているのもこのコートのおかげです。学校にバスケ部がなかったり、続けられなかった子どもたちがここに来て、僕ら大人と一緒にバスケをしています。普段の学校生活では大人は教える立場であり、子どもは教わる立場ですが、このコートではどちらも本気でぶつかり、そんな経験はなかなかできないです。ましてや外国人と一緒にできるなど、日常的に非日常なことが起こる空間です。日本はBリーグができ、プロの部分にしかスポットは浴びないですが、その底辺にあるのがストリートです。そこを伝えていきたいです。

さらに、このコートの良さは、見に来る人も含めてカルチャーとして成り立っています。見ているだけのおじさんが、子どもたちにアドバイスしたり、自然と大人と交流できるような場所はなかなかありません。小さな社会がコート上でいつも起きています。

ピックアップゲームが自然発生する文化を守れ

スタジアムができれば、計画地内のために今ある状態でのコートはなくなってしまうことだろう。しかし、二人の熱い話に対し、ファシリテーターの金山淳吾氏は「ストリートスポーツが身近にあることは大事です。現状あるものを生かし、もっと多様性に広げられないか。皆さんにとってもハッピーなシナリオになるように考えています」とバスケコートを尊重していた。

代表理事の小泉秀樹氏も彼らが築き上げた聖地の成り立ちに感心する。
「せっかくスタジアムを作るのであれば、今持っている多様性ある場所の意味をどう継承するか、さらに新しく発展させられるかを考えていかなければならないです。自分たちの場所にするには自分たちで作りたい思いがあり、物語のような作り方でなければダメだと思いました。特定な事業者が計画を練りすぎずに、みんなが作る余地がなければいけない。多様なスポーツ、多様なファンが集まる良い場所にこの構想がつながるようにしたいです」

ABが代々木公園のバスケコートの素晴らしさをこう表現していた。
「ピックアップゲームの文化は代々木公園以外にはないし、それも外国人たちが先導してくれたからです。キレイなコートができただけではじまるものでもありません。最悪このコートがなくなった場合、その文化が日本から途絶えてしまうのが極論です。それこそが代々木公園のこだわりです」

今後、本当にスタジアムができるかどうかはまだ分からない。ただ、こうして代々木公園のバスケコートの良さを発信してくれたことでここを守るとともに、あらためてここで育まれたバスケ文化を全国に広まって欲しいと願う。公園にあるバスケゴールでシューティングするのも楽しい。でも、ゲームをしてこそバスケであり、ボールひとつで仲良くなれるのが最大の魅力だ。

(左から)海老原奨氏(AB)、小泉秀樹氏、大角重人氏、田原104洋氏、金山淳吾氏、池田二郎氏
一般社団法人 渋谷未来デザイン
SCRAMBLE STADIUM SHIBUYA
ALLDAY

文・写真 泉 誠一