インカレまであと3週間!将来有望な大学3年生たち

大学バスケの試合会場では、スカウトに来ているBリーグクラブの関係者に遭遇する機会がある。某GMと立ち話をすれば、「すでに4年生は目星がついており、契約に向かっている段階。今、見ているのは3年生や2年生。今後の戦力を探している」そうだ。関東大学リーグ戦のMVPや優秀選手賞を見ても分かるとおり、3年生に有望な選手は多い。法政大学3年#6中村太地選手は、すでに横浜ビー・コルセアーズの一員として活躍しはじめている。

Bリーグに照準を合わせる選手とさらなる可能性を探る選手

関東大学リーグ戦のMVPを受賞した#25平岩玄選手(東海大学3年)も、昨シーズンは特別指定選手として琉球ゴールデンキングスでプレーした。インカレ後、今シーズンもBリーグでのプレーを希望しており、いくつか話も来ているそうだ。常時オンザコート2になったことで、日本人ビッグマンの活躍がカギを握る。大学バスケ界にも多くの留学生がおり、毎試合マッチアップしているが「昨シーズン、琉球に行ったときはもっと強烈な外国籍選手がいました」とプロとの差に驚かされた。「その中で自分が何を武器に戦って行けるか。チームの勝ち負けはもちろんありますが、自分自身の課題として残る1年間でしっかり磨いていかなければいけないです」。強烈なライバルをイメージしながら、200cmの平岩選手は常に身体を張っている。

優秀選手賞を受賞した#34盛實海翔選手(専修大学3年)は「絶対にプロに行くことを決めているわけではなく、まだいろんな道があるとも思っています」と可能性を探っている。同じような答えをした有望な3年生は他にもいた。世界に目を向ければ、Bリーグよりもレベルの高い環境はいくらでもあり、どんどん悩めば良い。186cm、得点力もあるポイントガードとして魅力的な盛實選手は「高いレベルでやりたい気持ちはあります」と言い、そのために足りない部分が多いことも把握していた。関東3位の専修大学だが、混戦状態の大学バスケ界であり、日本一になれるチャンスも十分ある。「トーナメントは負けたら終わり。もっと緊張感や危機感を持ってワンプレーワンプレーやらないといけないです」というインカレの舞台で、さらにその名を轟かせて欲しい。

2部リーグの磨けば光る原石たち

2部リーグから来年の1部昇格を決めた法政大学は、同時にインカレへの出場権を得た。名門・洛南高校出身、198cmの#24鈴木悠介選手(3年)はBリーグ入りを想定し、スモールフォワードのプレーも随所で見せる。「プロでは3Pシュートがなければきついですし、ドリブルも使ったプレーも身につけなければいけない」と将来を見据えて取り組んでいる。ディフェンスでも「ミスマッチが起きたときは、ガード陣をしっかりマークできるようになってきました。まだまだ完璧ではないので、しっかり上のレベルを意識していきたいです」と意欲を見せる。鈴木選手にとっては初のインカレであり、新たなるライバルたちとの真剣勝負を楽しみにしていた。
「ベスト8までいけば最終日まで試合することができます。関東のビリ(12位)で出場する法政に期待している人はあまりいないと思いますが、ジャイアントキリングできるようにがんばります」

インカレには出られないが、2部リーグの得点王となった#29細川一輝選手(上武大学3年)も楽しみな存在である。186cmながらフィジカルが強く、3Pシュートは60本成功させてリーグ2位。千葉ジェッツの原修太選手を彷彿させる。一関高校3年次は毎試合20点ほど決めていた得点センスの持ち主。上武大学では2年生から先発で起用されていたが、昨シーズンは絶対的ポイントゲッターのマーテル テイラーバロン選手がファーストオプションだったため、そこまで目立つことはなかった。しかし、得点源がいなくなった今シーズンは「外角シュートを武器にしながらドライブを生かせるようにしています」とバリエーションを増やし、平均20.2点を挙げて得点王に輝いた。上武大学は3部から昇格したばかりのチームである。
「はじめての2部で最初はどこまでできるか分かりませんでしたが、今は戦えるという手応えを感じられています。通用する武器を考えながらステップアップし、一戦一戦を通じて成長することができました」

降格した拓殖大学の#24荒川楓選手(3年)は、来年は2部リーグでの戦いを強いられる。「Bリーグにも2部で活躍していた選手がいますし、この先もバスケを続けていく上で『2部だから先がない』というわけではないと思っています。今後のバスケ人生に少しでも良い影響を与えられるように2部でがんばっていきたいです」と環境を言い訳にせず、這い上がってくることだろう。

すでに4年生は目星をつけられていると冒頭で紹介したが、それはあくまでGMがいるチームの話。その役職を専任に置くクラブはけっして多くない。12月10日(月)より開幕するインカレ期間にも水曜ゲームがあり、過密日程のBリーグゆえにどれだけスカウトが来るかも分からない。有望な選手を迎え入れるため、プロを夢見る学生たちのためにも、強化スタッフ自身がその目でしっかりと見極めて欲しいものだ。

インカレ(第70回全日本大学バスケットボール選手権記念大会)

文・写真 泉 誠一