2つのボールを追いかける20歳の夏(東海大学2年 津屋一球)

6月5日〜11日に行われた関東大学バスケットボール新人戦で2連覇を狙った東海大は目標叶わず3位に終わった。敗れた準決勝(対拓殖大)のあとのインタビューで「勝てる試合でした。あそこでああしていれば、もっと自分がああしていれば…という思いでいっぱいです」と、悔しさをにじませた津屋一球。だが、積極的にゴールにアタックする姿勢や身体を張ったディフェンスなど、津屋のプレーには着実な成長が見て取れた。優勝した昨年は「頼りになる2年生のおかげで自由にやらせてもらってました」というだけに、自分が牽引する立場となった今年は「1年生たちにのびのびプレーさせたかった」と語る。「うちには力のあるルーキーが多いので、彼らのいいところを潰さないようにしたいと思いました。潰さずにどう生かすか、それはずっと意識してやってきたつもりです」。苦境の場面では欠かさず声をかけ、リバウンドもルーズボールも率先して飛び込む。大会前に自分に課し、大会を通して実践したそれは「まずは自分がやることで1年生を引っ張っていく」津屋の気持ちの表れでもあった。

青森県出身。野球の指導者であった父の影響で、小学1年生から少年野球チームに入った。『一球』と書いて『かずま』と読む名前も「バスケットじゃなくて野球のボールから付けられたんでしょうね」と笑う。バスケットと出会ったのは小学4年生のときだ。友だちに誘われて軽い気持ちで練習に参加したにも関わらず、すぐに夢中になった。野球を辞めてバスケットに専念したいと父に告げたのは1年後。その日以来、『一球』は褐色のボールを指す名前となる。来る日も来る日もバスケットに明け暮れる日々が始まった。

「強豪校でプレーを磨きたい」という思いは強く、高校は京都の名門、洛南へ。時を同じくしてU16、U18の日本代表メンバーに選出され、東海大に進学した昨年はU19の代表としてFIBAワールドカップにも出場した。「高校も大学もアンダーカテゴリーの代表もレベルの高いチームでやることはすべて自分の実になります。本当に勉強になることばかりです」。そう語る津屋には、この夏“日本代表„として挑む初めての大会が待っている。7月6日〜14日までアメリカで行われるU21デフバスケットボール世界選手権だ。

『デフバスケットボール』とは聴覚に障害を持つ選手によって行われる競技であり、世界規模の大会としては4年に1度開催されるデフリンピックと世界選手権がある。コートで躍動する普段の姿から想像するのは難しいが、両耳が“難聴„という障害を持つ津屋はこれまで補聴器を付けてプレーしてきた。しかし、デフバスケットボールでは補聴器の装着は禁止されており、選手全員が「聞こえない」、あるいは「聞こえづらい」状況の中でプレーすることになる。ドリブルをつく音、シューズが床を擦る音、仲間がかける声、観客席のどよめき、今まであたりまえに聞こえていたものが耳からすーっと遠のいた世界。初めて練習に参加したときの感想は「ショックでした」の一言だ。

だが、そのショックは悪い意味ではない。「なんて言うか、これまで自分は補聴器を付けてバスケットをしてきたけど、やっぱり支障を感じることはあったし、今もあるんですよね。そういうのは周りの人にはわからないことだから、悩むのは自分だけだと思っていました。けど、デフバスでは全員が自分と同じように(聴覚に)障害を持っています。ここではそれが普通。自分より重度の選手も普通にバスケットをしてるんです。みんな、すごいなあと思いました。なんか、ものすごく刺激を受けた気がします」

とは言え、補聴器を外して立つコートではコミュニケーションの取り方からして違ってくる。目を見る、指をさす、体の動きで伝える…。「そうですね。デフバスではよりコミュニケーション能力が求められます。最初のころは戸惑うこともありましたが、だんだん慣れてきました。今、自分はとてもいい経験をしていると思います」

そんな津屋を「まじめで練習熱心」と評するのはアシスタントコーチを務める濱田佳祐さんだ。「チームにいい影響を与えてくれていますね。もともと持っているポテンシャルが高く、力が抜きん出ているのは確か。本番ではエースである彼の力を存分に生かす戦いができたらと思っています」。同じ障害者スポーツであってもパラリンピックの種目でもある車椅子バスケットに比べて認知度が格段に低いと言われるデフバスケット。その中で、大学のトッププレーヤーでありながら“健常„“障害„の垣根を越えた津屋の存在はやはり目を引く。「希望」と呼んだデフバスの仲間、「誇り」と讃えた大学のチームメイト。おそらく本人は「いえいえ、そんな大げさな」と照れるだろうが、担った役割の重さはわかっているつもりだ。「もっと強くなって、もっとデフバスを広めたい」――携わる人たちの切なる願いは、また、津屋自身の願いでもある。

そして、津屋が走るもう1つのコート。世界選手権が終わって帰国した先には東海大の『地獄の夏合宿』が待っている。同級生エースの西田優大、スーパールーキーの呼び声も高い大倉颯太などチームには競うべき有力選手は少なくないが、それこそが自分が望む環境だ。補聴器を外して挑む夏と、そこから得たものを力にさらなる高みを目指す夏。「大変な夏になりそうだね」と声をかけると、「大変だけど負けたくありません。負けたくないから頑張ります」と笑顔で答えた。2つのボールを追いかける20歳の夏は、まっすぐで、まぶしい。

日本デフバスケットボール協会
関東大学バスケットボール連盟

文・松原貴実 写真・安井麻実