関東大学リーグ:昨年のチャンピオン拓殖大学が陥落したゴタゴタとは?

「終わっちゃいました」
肩を落としながらも、池内泰明ヘッドコーチは笑顔で取材に応じてくれた。関東大学リーグ戦を制した昨年の笑顔とはもちろん違う。

「いろいろゴタゴタがあり、僕よりも選手たちの方が戸惑っていました。簡単にチームが作れるわけではなく、その中でも選手たちは本当によく努力をしてくれました。個人的には、人に頼りすぎたコーチングをしていたのが原因かな。僕がもっと勉強しなければならないことを、あらためて気付かせてくれました。来シーズンに向けて、また積み重ねてがんばっていこうと思っています」

二大エースの一人、ゲイ・ドゥドゥ選手がアメリカへ

拓殖大学はゲイ・ドゥドゥ選手と岡田侑大選手の2大エースが支えるチームだ。昨年のルーキーシーズンから頭角を現して関東を制し、2年目の今年はさらなる躍進が期待されていた。しかし、開幕直前に一通のLINEが池内ヘッドコーチのもとに届き、事態は一変する。それがゴタゴタのはじまりでもあった。

「8月末にドゥドゥがアメリカに行きたいと言ってきました。どういう経緯で、どう行くのかなどの詳細もないまま『帰ります』というLINEが来て、そのまま終わってしまいました。それが開幕直前の出来事です」

もう一人のエースである岡田選手の孤軍奮闘々が続く。コンスタントに30点を挙げ、延長戦までもつれこんだ白鷗大学戦では58点を挙げた。だが、なかなかチームとして勝利をつかむことができない状況に気持ちが切れてしまったのだろうか。ドゥドゥ選手に続き、今度は岡田選手が「プロに行きたい」と言ってきた。先月末、すでに大学を退学したそうだ。

「彼らには良い思いもさせてもらいましたし、彼らの将来なので、僕がとやかく言える立場でもありません。最善を尽くしてがんばってくれればそれで良いです」

Bリーグができたことで、NBA同様に今後はアーリーエントリーとして、4年間を全うせずにチームを去る選手が出てきてもおかしくはない。

「今後はそれを頭に入れながら、チーム作りをしていかなければならないですね。上のレベルでプレーしたい、または家庭の事情で稼ぐ必要に迫られる場合もあるでしょう。そういうケースを見越した良い勉強にはなりました。代償は大きかったですが、来シーズンはチームがまとまって、選手たちががんばってくれることを信じています」

自動降格になったことで来年は2部での戦いとなる。1部リーグが12チームに増えたことで、インカレへの出場権は自動昇格してきた2部チームに与えられる。拓殖大学にとっては、リーグ最終戦がそのままシーズン終了となり、選手たちは涙に暮れた。

『一番最初に感じたのは、この状況に対して何もできない自分がいました』荒川颯選手

8月、3×3日本代表としてアジア競技大会で活躍していた宮越康槙選手(4年)と荒川颯選手(3年)。帰国してチームに合流したときには、全く違うチームになっていた。「一番最初に感じたのは、この状況に対して何もできない自分がいました。岡田がいたときは自分の甘えだったり、頼っていた部分があったという反省点が見つかりました」と荒川選手は自身を戒める。変化に対応しようともがきながらも、「うまくやれる試合もありましたが、なかなか勝ちにつなげられず、勝つことの難しさを感じました」と悔しいシーズンになった。

最終戦、同じく残留争いにいた明治大学に58-91で完敗。二大エースを同時に失った拓殖大学だが、優秀な選手たちが集まっており、下を向いてばかりもいられない。来シーズンへ向けて池内ヘッドコーチは、「オフェンスがアウトサイドに頼り過ぎなので、もっと大きい選手たちを鍛えていきたい」とペイントエリア内での得点向上を課題に挙げた。荒川選手は「自分たちの流れを作るのがディフェンスであり、昨年優勝した時もそこがベースでした。それができたときに、強い拓大が出せていました。また、オフェンスの流れが悪いときこそ一人ではなく、チームでプレーしなければいけなかったです」ともう一度自分たちの強みを磨いていかなければならない。

「なんだか泣いてばかりで、すいません」という荒川選手の涙を見たのはこの日だけではなかった。今年は新たに3×3に挑戦したり、様変わりしたチームを立て直したり、大変な1年であった。苦しみながらも新しい種を蒔き、その度にたっぷり涙の水をかけ続けたことはきっと来年につながるはずだ。最後にひとつ、荒川選手と約束をした。

「もちろんそこを目標にし、もうスタートを切っていると思っています。あと少ししかない4年生と一緒の時間を大切にしてから切り替えて、また来シーズンに向けてがんばりたいです」

来年の2部優勝、そして1部昇格とともに出場権を得られるインカレでも日本一を目指せるチームを作って戻って来い、それが交わした約束である。2部降格になったが、すでに新入生は決まっているようであり、リクルートに影響はない。荒川選手は顔を上げて、逆に約束してくれた。
「来年は絶対に笑顔で話せるようにします!」

巣立っていく4年生も、来年は2部リーグを戦う残る選手たちも、そして志を高く持ってネクストレベルへ挑む選手たちも含め、それぞれの活躍を祈っている。学生たちはいろんな可能性があり、希望しかない。

関東大学バスケットボール連盟

文・写真 泉 誠一