東海大学祝勝会レポート

大学は“次代の選手”が育つ場所

昨シーズン5年ぶり5回目の全日本大学バスケットボール選手権(インカレ)優勝に輝いた東海大の優勝祝賀会が2月21日東海大学校友館(東京・霞が関)で開かれた。

式典には大河正明チェアマンをはじめとするリーグ関係者、協会関係者が数多く参列。Bリーグや実業団チームの現役選手、各地で次代の選手を育てる指導者など今もバスケットの現場で活躍する多くのOBも駆けつけ、そこかしこでなつかしい話に花を咲かせながら後輩たちの日本一を祝った。

Bリーグ大河正明チェアマンと山下㤗裕東海大副学長

現在もっとも多くのBリーガーを輩出している東海大は、有力な“ホープたち”が在籍していることでも知られる。先のワールドカップ最終予選の日本代表候補選手には平岩玄(3年)、西田優大(2年)、八村阿蓮(1年)が選出され、さらに笹倉怜寿(3年)、大倉颯太(1年)を加えた5人がU22日本代表候補に選ばれている。その中でも2年次に琉球ゴールデンキングス、3年次にアルバルク東京の特別指定選手として経験を積んだ平岩の注目度は高い。「特別指定選手として試合にはあまり出られませんでしたが、高いレベルで練習することで刺激をもらい、自分のスタンダードが上がった気がします」と、本人も手応えを感じており「それをチームに還元することが自分の役割のひとつ」と言う。「去年はすばらしい1年生たちが入ってきて、彼らの能力をどう生かすかを考えてやってきました。それが相乗効果というか、自分たち(上級生)の力を出すことにもつながったように思います。最上級生になった今年は今まで以上にリーダーシップを取っていくことが必要。さらに強い東海を目指します

ゴール下の屈強コンビ八村阿蓮(1年)と平岩玄(3年)

平岩が口にした「すばらしい1年生たち」の1人である大倉は「最初は身体の当たりの強さだったりスピードだったり、苦労することも多かったですが、練習から先輩たちが手を抜かずハードにやってくれたおかげで思ったより早く(チームに)アジャストすることができました」と振り返る。「今年は個々の力をもっと出せるようにしたい。個人的にはもっと得点に絡むこと、いろんな面でチャレンジする年にしたいです

ルーキーとは思えぬパワフルなプレーでゴール下を死守した八村の目標はズバリ「4冠!」。3年目を迎える西田は「シュート力を伸ばすこと」を課題として挙げ、「ノーマークだったら必ず決め切れるぐらいの力をつけてチームを引っ張りたい」と、エースの自覚をのぞかせた。

キャプテンは内田旦人から寺嶋良へバトンタッチ

これらの選手をまとめ、新チームを牽引するのはキャプテンに就任した寺嶋良だ。掲げた目標は「全ての試合に勝つこと!」と、あくまでも高く「リーグ戦、インカレに優勝できたのは、やっぱりディフェンス、リバウンド、ルーズボールを頑張ったおかげだと思うので、東海大の持ち味であるそこはぶらさず、オフェンスではそれぞれの個性をより生かせるようなチームにしたいです」。名門チームのキャプテンという重責は感じているが「たとえばディフェンスでなら一番先頭でプレッシャーをかけるのが自分。そういうことは練習でも試合でも常に意識して、背中でみんなを牽引できるよう頑張ります。周りがどれだけ“打倒、東海”で来ても負けません。その自信はあります!」と、きっぱり言い切った。

左より原田裕作(飛龍高監督)、入野貴幸(東海大付諏訪高監督)、稲葉弘法(つくば秀英高コーチ)

会場が笑いに包まれたのは、卒業する4年生がそれぞれの恩師とともに登壇したとき。東海大附属札幌(内田旦人の母校)の佐々木睦己監督、東海大付属諏訪(鶴田美勇士の母校)の入野貴幸監督、福岡第一(秋山皓太の母校)の井手口孝監督はいずれもユーモアたっぷりに高校時代のエピソードを披露した。卒業より一足早く特別指定選手(内田はレバンガ北海道、鶴田は京都ハンナリーズ、秋山は金沢武士団)としてプロの道を歩むことになった3人にとって、笑いの中に温かさがにじむ恩師の言葉は何よりのエールになったに違いない。

陸川章監督のスピーチ

教え子へエールを贈ったのは陸川章監督も同じだ。ただし、その教え子たちは目の前にはいなかった。折しもこの祝賀会が開催されたのは男子日本代表がワールドカップ最終予選で強豪イランと対戦する日。スピーチでまず優勝に至るまでの道のりと参列者への感謝を述べた後、陸川章監督はこう続けた。「今日は日本がワールドカップ出場を賭けてイランと戦う日です。これは日本にとって非常に大事な一戦。その戦いの地に東海大の卒業生が4人(竹内譲次、古川孝敏、田中大貴、ベンドラメ礼生)行っております。日本を代表して戦う彼らをどうか応援してください。そして私もまた、この東海大からバスケット界の未来を担う選手が生まれるよう選手たちとともに頑張っていきます

大学の新しいシーズンは春の声とともにスタートする。『大学は次代の選手が育つ場所』――連覇を目指す東海大を中心に今年はどんな戦いが繰り広げられるのか。競い合い、切磋琢磨しながら伸びていく若い力に期待したい。

左より津屋一球(2年)、大倉颯太(1年)、寺島良(3年)、西田優大(2年)

文 松原貴実
写真 松原貴実・東海スポーツ編集部

こちらもおすすめ

Top