Photo of the Game -Winter Cup Finals-

女子は大阪桐蔭高校の初優勝、男子は明成高校の2年振り5回目の優勝で幕を閉じた、第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ2017)。
連日の激闘は、テレビ中継や数あるメディアのレポートで、結果とともに皆さんの知るところとなっていることと思います。
このフォトレポートでは、なるべく中継やニュースでは見えてこない一面にもスポットを当てられればと思っています。
それは写真だからこそ表現できるもの、そしてある意味では、選手に一番近い位置にいる第3者であるフォトグラファーだからこそ見えるものならば、なおよい。
「あのときこういうことが起こっていたのか」、「あの瞬間、選手達はこういう表情をしていたのか」といったことを、読者の皆さんが発見してくれればいいなと思います。

女子決勝 大阪桐蔭vs安城学園

  • ずっと心を一つにして決勝の舞台まで上がってきた
  • 安城学園の2年生エース#13野口がドライブからフィニッシュ
  • 大阪桐蔭のゾーンを外から射抜く安城学園#7相澤のスリー
  • 前半、ゾーンアタックが成功し流れは安城学園に
  • 大阪桐蔭#15竹原、厳しいマークでエースの仕事はできなかったが、要所での得点は大阪桐蔭を支えていた
  • ピボットもさせない、大阪桐蔭の激しいディフェンス
  • #4永田の逆転スリーが決まり歓喜に沸く大阪桐蔭、勝負はついたかに思われたが
  • OT残り3秒、ルーズボールをキープした#13野口からゴール下で待つ#10深津にパスが渡った
  • ワンゴールごとに揺れる東京体育館
  • 大仕事をやってのけた2年生センターを労う金子コーチ、ゲームはダブルオーバータイムへ
  • リバウンドを奪われても手元に飛びつきジャンプボールシチュエーションに
  • 大阪桐蔭#8永井は誰よりもリバウンドへの執着心を見せた
  • このゲームではヘルドボールで数えきれないほどの笛が鳴った
  • 共に闘う、祈ることしかできなくても
  • 安城学園は最後まで愚直にゾーンのギャップをつくドライブを続けた、#8千葉
  • 大阪桐蔭#6鈴木が4人を引きつけ、走り込んできた#18川本へラストパスを送る
  • 安城学園キャプテン#4上村は、後輩を気遣った後で一人涙にくれた
  • 表彰台では笑顔で
  • いつまでも悔し涙が止まらなかった#7相澤、セレモニーが全て終わった後も呆然と手元のメダルを見つめていた
  • 高校生らしい表情が戻る、優秀の美を飾ったのは大阪桐蔭、初の栄冠!

男子決勝 明成vs福岡大学附属大濠

  • 一年の総決算となるゲームに挑む
  • 夏冬、二冠なるか
  • 福大大濠#15井上、名門のゴール下を預かる
  • 「ライバル意識はあった」明成#8八村と#15井上、中学同級生対決
  • 負けられない空中戦
  • 最後まで強気で攻め続けた、明成#5塚本
  • アウトサイドで追いすがる福大大濠、#13中田
  • 明成のユーティリティプレーヤー#6相原がゾーンを割ってドライブ
  • 福大大濠を波に乗せた#12土屋のスリー
  • ベンチの声も追い上げの切り札に
  • 福大大濠、片峯コーチ
  • 福大大濠#5上塚のシュートが決まり、とうとう点差は3点に
  • 追い上げをはかる福大大濠、ボールに食らいつく
  • インターセプトからの速攻を#8八村がブロック
  • より高く、より強く
  • 最後まで悔いなく…「明成といい試合ができてよかった」福大大濠#4永野
  • 「ほっとした(#5塚本)」、勝利を告げる終了のブザーを聞き、張りつめていたものが解けた
  • 福大大濠#14横地はゲーム後もしばらく顔を上げられなかった
  • 来年度、名実共に福大大濠の真のリーダーとなる#13中田
  • プレッシャーから解放された明成メンバー、見事にIHの借りを返し2年振りに冬の王者に!

文・写真 吉田宗彦