【会員限定】指揮官のホワイトボード

弊誌フリーペーパーVol.20は『指揮官のホワイトボード』というテーマで、多くのヘッドコーチにご協力いただき、そのフィロソフィーを紹介している。制限ある誌面の都合上、載せきれなかった3名の金言を紹介したい。

『リスペクト』勝久ジェフリー(サンロッカーズ渋谷)

小さい頃から父親の仕事の関係で様々な国を回って背景があります。いろんな文化や人に出会い、様々な経験をしながら触れ合ってきました。自分とは価値観や文化が違う人たちともお互いを分かり合い、尊重し、常にリスペクトをもって接することは親から学んだことです。

バスケでも同じです。1891年にバスケが始まり、そこから様々な人が関わりながらゲームを作ってきた先人たちがいるからこそ、自分たちが今バスケができているわけです。そこにもリスペクトをもって良いプレーをし、築いてきたものを無駄にしないよう、毎試合理解し、それにふさわしいプレーをしなくてはいけないと思っています。

チームスポーツなので、そのバランスが難しいところもあります。どこまで自分を主張し、どこからがチームに貢献しなくてはいけないか、線引きすることは難しいです。しかしながら、チームスポーツはやはりチームのためにプレーするのが大前提としてあります。また、自分に対するリスペクトも必要です。自分自身や自分の努力を尊重することが大切であり、それがあるからこそ仲間と切磋琢磨し、プレータイムを勝ち取る競争ができます。自分の努力に対してリスペクトがあるからこそ、チームのためにがんばることができ、チームの底上げにつながります。自分を含めた全てのことに「リスペクト」すること、それがわたしの大切にしていることです。

『言い訳をさせない』ショーン・デニス(滋賀レイクスターズ)

私は「言い訳をさせない」をモットーにしています。コーチングする中で、個人の潜在能力を引き出す環境作りに力を入れています。良い選手と悪い選手という分け方ではなく、潜在能力を引き出せた選手とそれをしなかった選手しかいないと思っています。つまり私の仕事はコーチ陣、選手、スタッフの潜在能力を引き出す最適な環境を提供することです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について