【会員限定/全文掲載】女子バスケットのレジェンド初対談! 大神雄子×萩原美樹子の「女子バスケ温故知新」①出会い~朝のジグザグディフェンス

「こんな高校生は見たことがない!」(萩原)

――お互いがそれぞれの存在を認識したのはいつですか?

萩原 私はウインターカップで見た時ですね。名前は聞いていたけど、ウインターカップで優勝して、お父さんとお母さんを呼んで、何かパフォーマンスをしたんだよね。あれって3年生のときだっけ?

大神 3年生のときですね。

萩原 たしか叫ぶか何かして、東京体育館が沸いたんですよ。いっぱいの人たちの注目を集めて。そんな高校生は見たことがないから、なんだかすごいのが出て来たな、みたいな。

大神 ハハハ(笑)。

萩原 それが初めての印象です。

――大神さんが萩原さんを初めて認識したのは?

大神 私はジャパンエナジー……共同石油というよりはジャパンエナジーの“オーさん(萩原さんのコートネーム)”として知りました。でも存在自体を認識したのはアトランタオリンピックのときかな。あのときのメンバーに入っていて、その後アメリカ(WNBA)に行った人がいるって感じで。

萩原 ちなみにそのときいくつ?

大神 アトランタ五輪が1996年ですよね? だから中学生?(Spirits註:当時14歳。中学2年) そのころはまだ“オーさん”とは知らないので“萩原さん”。五輪メンバーのなかからアメリカに行った人がいると知って、そのあと勝手ながら経歴などを調べさせてもらったんです。そこで東北の人だと知って、父親と話していたら、実はオーさんは福島の進学校(県立福島女子。現・県立橘)を卒業して、勉強もできるんだよって聞いたんです。そこで自分も勉強をしっかりしなきゃいけないなって思ったんです。

萩原 今、作ったでしょ(笑)?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について