【会員限定/全文掲載】女子バスケットのレジェンド初対談!大神雄子×萩原美樹子の「女子バスケ温故知新」③世界〜日本女子の可能性

「女子は可能性が十分にある。世界の2位〜12位は(順位ほどの)差はない」(大神)

――お二人はWNBAを含め、世界のバスケットに精通していると思います。萩原さんはアンダーカテゴリーのヘッドコーチだし、大神さんも今シーズン終了後に女子のロシアリーグを観戦しに行ったと聞きました。今の世界はどんな状況で、日本はそのなかでどのような位置にいますか?

萩原 女子に関していえばそれほど差はないと感じています。戦えない相手ではなくなってきているなと思います。これはアンダーカテゴリーも一緒で、バスケットの中身は違うところもあるんですけど、私たちが現役だったころは世界選手権に行っても16位とか、そのあたりだったから、そのころに比べると今はトップ10に入ってこられるようになってきているし、世界はだいぶん近づいてきていると思います。

大神 自分もそれをすごく感じます。本当に女子は可能性が十分にあると思います。正直に言えばアメリカは頭抜けていると思いますが、2位から、それこそオリンピックに出るなら12チームだから、2位から12位は(順位ほどの)差はないのかなと思います。

萩原 そうだね。

大神 よければ2位だし、でももしかすると12位の可能性もあるというくらい、アメリカ以外の(トップ)チームは拮抗しているのかなって。

萩原 それはそうね。

――日本のどこに、かつてはあった差を縮める要因があるのでしょう?

萩原 たぶん2つあって、1つは人材、つまり選手がいるってこと。間違いなく渡嘉敷来夢の存在は、今の女子日本代表にとって絶対的に大きいんですよ。ただ何となくだけど、渡嘉敷レベルとまではいかないまでも、ちょっとずつ体は大きくなってきていると思うんです。今は180センチ台前半の選手がオールラウンドにプレーできる。そのあたりが変わってきているのかなって。もう1つは、今日のテーマにもつながるんですけど、女子はアトランタに出て、その次のシドニー(2000年)は逃しているけど、その次のアテネ(2004年)に行って、北京やロンドンは逃しているけど、ずっとOQT(世界最終予選)で世界の扉を叩き続けている。そして一昨年のリオデジャネイロでしょ。つまり女子は世界に出るのが当たり前みたいになってきている。そこはすごく大きいと思います。

大神 うん、うん。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について