「ベテラン×若手・新戦力」の融合が未来を拓く

僕ら世代がチームを引っ張っていく

東京パラリンピックへ向けて、新たに始動した車椅子バスケットボール日本代表が世界の強豪チームに挑んだ「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」。2勝2敗、リーグ戦と3位決定戦でのトルコ戦しか勝利できなかったが、オーストラリアとは1点差、イギリスにも7点差と対等に戦えたのは大きな自信になったはずだ。今大会、若い選手が台頭し、新戦力の活躍が光ったのも大きな収穫である。

及川晋平ヘッドコーチは、これまで積み上げてきた車椅子バスケットの基本の動きである「ベーシックス」に加え、新たに「トランジションバスケット」に取り組みながら強化を図っている。その中で、U23日本代表選手たちはすでに、6月のU23世界選手権でトランジションバスケットを体現し、世界4位の好成績を収めている。そのメンバーの一人、まだ18歳ながら昨年のリオデジャネイロパラリンピックを経験した天才・#5鳥海連志選手は、「トランジションバスケットに関しては他の代表メンバーよりも経験は多く、劣っていないという自信があります。僕ら世代がチームを引っ張っていくようなプレーや声かけをもっとしていきたい」と頼もしい。

トランジションバスケットの肝となるのはプレッシャーディフェンスである。「ディフェンス時は、引いてしまうと相手の高さの部分が有利になってしまうので、いかにゴールから遠いところで止められるかを意識しています。また、相手と駆け引きをしながらミスを誘ったりしながら、パスカットすることも多くなりましたし、前からプレッシャーをかけることも増えています」という鳥海選手は、予選リーグのトルコ戦では3つのスティールを記録した。

今大会中、鳥海選手は「学ぶ時期から発揮する時期に入った」と表現していた。日本代表としてトランジションバスケットを実戦で試したことで、「ミスをどれだけ減らすことが今後のキーになってくる」と課題も見つかっている。

村上と僕が2枚看板となって日本を強くしたい

日本代表として初選出された#24秋田啓選手は、その大きな体を生かし、効率良くシュートを決めていった。現在配布中の弊誌Vol.12で小宮邦夫さんが紹介している「EFF(efficiency)貢献度」を計算するとトップは「20」と断トツでエースの#55香西宏昭選手。続く「14」は大黒柱の#13藤本怜央選手だった。先発メンバーが「8」となる中、10分程度の出場時間にも関わらず秋田選手は「7」とその貢献度は素晴らしい。交代でコートに入るや否や、すぐさまシュートを決めたりリバウンドを獲ったり、必ずと言って良いほどポジティブ要素のスタッツを残していく。予選ラウンドのトルコ戦は、約11分の出場ながら、8得点/7リバウンドの活躍に目を奪われた。

「ペースを変えたい、リバウンドを獲りたい、インサイドを固めたいなどヘッドコーチが求めたプレーできっちりと仕事をできたかなと思います」と秋田選手自身も納得の世界デビューであった。一方、日本代表が目指すトランジションバスケットに対し、「オールコートのプレスディフェンスをする時に、僕がウイークポイントになってしまう。やっぱりスピードが少し遅いので、周りについていけてない部分があります」と言うように、その点がヘッドコーチとしても起用しづらい部分に見えた。

しかし、メリットも大きい。「チームの中でギャップを作るためのティーカップディフェンス(ハーフコートディフェンス)では、有効にできている点であり、そこはヘッドコーチも認めてくれています。自分が入ることでペースを変え、カラーを変えることができれば、世界でも通用できるし、ヘッドコーチにも評価してもらえると思っています」と、高さのある秋田選手だからこそ、戦力になったのも間違いない。

藤本選手、香西選手と遜色ない体躯を持つ秋田選手。同世代の#24村上直広選手も同様に体格に恵まれ、さらに3Pシュートにも長けている。ワンサイドゲームとなった3位決定戦では秋田選手と村上選手が一緒にコートに立つ時間も長く、二人の姿を見ていたら次世代のポイントゲッターコンビになるような予感がした。

「村上はジュニアの頃からチームの中心にいた選手ですし、確実に近い将来には日本の中心になるべき選手です。一緒に試合に出るのはジュニアの頃から培ってきましたし、これから先を見据えても良い経験になりました。3Pシューターの#7古澤(拓也)や鳥海という若手選手もいます。ハイポインターの中では村上と僕が2枚看板となって日本を強くしたい」

ベテランとの融合で3年後のメダル獲得に挑む

「アグレッシブ」が日本代表のテーマの一つ。鳥海選手は言う。
「ジュニア世代がコート上でどんどんアグレッシブに戦い続けることでチームのムードが上がっていきます。それによってベテラン選手も、『自分たちももっとがんばらないといけない』という相乗効果も得られるはずです。良い流れにつながると思うので、アグレッシブに若い選手が活躍できれば良いと思っています」

若手や新戦力の活躍が光ったが、まだまだ日本代表は藤本選手と香西選手のチームである。だが、世界レベルのその二人とともに戦ったことで、多くのことを吸収しながら大きな成長を見せてくれた。「二人がいてくれて助かっている部分は大きいですが、『彼らだけではないぞ』というのをもっと見せられるようにしたいです」と秋田選手は意気込んでいる。

東京パラリンピックまであと3年。ベテランと若手がライバルとして競い合いながらもしっかりとチームとして融合させ、40分間走るトランジションバスケットを体得できれば、自ずとメダルに届くという期待が高まった。今秋10月に行われる世界選手権へ向けたアジア・オセアニア予選が楽しみである。

日本車椅子バスケットボール連盟

文・写真 泉 誠一