【会員限定】“魔法の言葉”を求めて(宮澤夕貴)

宮澤夕貴は今、女子日本代表候補としてヨーロッパ遠征に参加している。本誌でも書いたとおり、今シーズン(もはや昨シーズンといったほうがいいかもしれないが……)のMIP賞と言っても過言でない働き、成長を遂げた宮澤は、日本代表でも3番ポジションを高校時代からのライバルである長岡萌映子と、運動能力に長けた馬瓜エブリンとで争っている。
しかしヨーロッパ遠征の直前におこなわれた公開練習で、トム・ホーバスヘッドコーチは「アース(宮澤のコートネーム)は……ちょっと、まだ力が出せていないね」という辛口な評価を受けていた――。

宮澤の武器は、リーグでその成長をアピールした3ポイントシュートだけではない。高校時代はインサイドでプレーすることが多かった分、リバウンドも彼女の武器だし、ジャンプシュートもそうだった。
今年1月のオールジャパン(全日本総合バスケットボール選手権大会)決勝では、3ポイントシュートが不調に終わるものの(8本中1本成功)、2ポイントシュートで11本中10本決めるという離れ業を見せて、チームの大会4連覇に貢献した。
しかし本人はそれを「たまたまだった」と言う。

「はっきり言ってしまうと、それまではドライブをしても全然得点につながらなかったんです。全部外れていました。実際に入ったのはオールジャパンのときだけで、たまたま……本当にたまたま入ったんだと思っています。実際、それ以降も練習はしているんですけど、全然入らないし……」
これは2月に彼女が口にした「今後の課題」でもあった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について