• HOME
  • report
  • W LEAGUE , Column
  • 【全文掲載】女子バスケットのレジェンド初対談! 大神雄子×萩原美樹子の「女子バスケ温故知新」①出会い~朝のジグザグディフェンス

【全文掲載】女子バスケットのレジェンド初対談! 大神雄子×萩原美樹子の「女子バスケ温故知新」①出会い~朝のジグザグディフェンス

「こんな高校生は見たことがない!」(萩原)

――お互いがそれぞれの存在を認識したのはいつですか?

萩原 私はウインターカップで見た時ですね。名前は聞いていたけど、ウインターカップで優勝して、お父さんとお母さんを呼んで、何かパフォーマンスをしたんだよね。あれって3年生のときだっけ?

大神 3年生のときですね。

萩原 たしか叫ぶか何かして、東京体育館が沸いたんですよ。いっぱいの人たちの注目を集めて。そんな高校生は見たことがないから、なんだかすごいのが出て来たな、みたいな。

大神 ハハハ(笑)。

萩原 それが初めての印象です。

――大神さんが萩原さんを初めて認識したのは?

大神 私はジャパンエナジー……共同石油というよりはジャパンエナジーの“オーさん(萩原さんのコートネーム)”として知りました。でも存在自体を認識したのはアトランタオリンピックのときかな。あのときのメンバーに入っていて、その後アメリカ(WNBA)に行った人がいるって感じで。

萩原 ちなみにそのときいくつ?

大神 アトランタ五輪が1996年ですよね? だから中学生?(Spirits註:当時14歳。中学2年) そのころはまだ“オーさん”とは知らないので“萩原さん”。五輪メンバーのなかからアメリカに行った人がいると知って、そのあと勝手ながら経歴などを調べさせてもらったんです。そこで東北の人だと知って、父親と話していたら、実はオーさんは福島の進学校(県立福島女子。現・県立橘)を卒業して、勉強もできるんだよって聞いたんです。そこで自分も勉強をしっかりしなきゃいけないなって思ったんです。

萩原 今、作ったでしょ(笑)?

大神 いや、本当に! すごい進学校で、めちゃめちゃ頭がいいって父から聞いたんです。父はオーさんのバスケットのことはもちろんですが、先に進学校から共同石油に入ったんだよってところから教えてくれたんです。バスケットだけじゃないんだと。だからといって自分の勉強ができるわけじゃないんですけど(笑)、すごく頭のいい人なんだってそのときインプットされました。

萩原 実は私が高校2年のときに(大神さんのお父さんである)大神(訓章)先生から声をかけてもらっているんです。当時は山形大学のヘッドコーチをされていて、私はインターハイの1回戦で負けるようなチームだったから、まさかその後日本一の実業団から声がかかるような選手じゃないと思っていたんです。でも身長は大きかったので、なんとなく地元に残るのではなく、レベルの高い大学でバスケットがしたいなって考えていたときに、最初に声をかけてくださったのが大神先生なんです。「山形大学に来てやらないか?」と。当時山形大学が東北で一番強かったので。

大神 ええ! 聞いたことない。

萩原 「ああ、私は県外でできる可能性があるんだ」って最初に提示してくれたのが大神先生。(大神さんは)その娘っていう感じ。

――では共同石油から声がかからなければ山形大学に行っていた可能性も……

萩原 あります、あります。最初に声をかけてくださったので。

大神 へぇ、すごーい。知らなかった。(その父は)今日、元気にゴルフに行っていますよ(笑)。

「あれでディフェンスの大切さを認識した」(大神)

――その後、2人が直接的に絡むようになったのはいつくらいですか? 大神選手がジャパンエナジーに入社したとき、萩原さんはすでに引退しています。

大神 私がジャパンエナジーに入って3年目くらいかな、女子日本代表のヘッドコーチが北原(憲彦)さんから内海(知秀)さんに代わったときにオーさんがアシスタントコーチに就任されたんです。そのときの強化合宿で毎朝オーさんと、ホテル前の駐車場で「ジグザグディフェンス」をやったことは忘れないです。

萩原 そうそうそう(笑)。

大神 コインパーキングなんですけど、朝だと駐車場に車が停まっていないので、そこでジグザグ……「(大事なのは)ディフェンスなんだよ」って教わって、バスケットはディフェンスが大事なんだって認識したのはそのときの経験が一番大きいです。

萩原 当時のジャパンエナジーは遠征先でホテルに泊まると、必ず朝食前に朝練をしていたんです。体操をしたり、走ったり。たとえば東京で試合があるときはまず朝、皇居の周りを走るわけです。そうした伝統みたいなものがあって、ベテランは免除されることもあったけど、当時のシンは間違いなく“ドペーペー”だったから……

大神 確かに“ドペーペー”でした(笑)。

萩原 だから若手の選手を起こして、駐車場で朝練をするわけです。私のなかでシン(大神さんのコートネーム)はオフェンスが大好きで、いろんなことをやっていたんだけど、ディフェンスはあまりできないかなという印象があったんですね。しかもジャパンエナジーの同期で、当時のアシスタントコーチをしていた中野(明美)とは仲も良かったので「大神の課題はやっぱりディフェンスだよね」という話をして、ホント、毎朝ボール無しのジグザグディフェンスをやっていたよね?

大神 はい。オーさんにつきあってもらっていました。ちょうど朝練をする若手選手が3人だったこともあり、オーさんが私のパートナーになって、ジグザグをひたすらやってくれました。チーム練習で「4対4のシェルディフェンス」をするときも一人余っていたら自分が入っていくようにしていたし、あのときディフェンスの意識が植え付けられたのは、その後の自分にとっても大きかったですね。

文・三上太 写真・安井麻実

こちらもおすすめ

Top