【全文掲載】女子バスケットのレジェンド初対談!大神雄子×萩原美樹子の「女子バスケ温故知新」④言葉〜本気で海外を目指すなら

「最初は『OK、OK』しか言わないです(笑)」(大神)

――大神さんは英語の勉強をどうしていたの?

大神 2008年にアメリカに行ったときは英会話というか、英語のご挨拶程度でした(笑)。向こうに行って、言葉に壁にぶち当たりまして、スラングなどを使うロッカールームの会話が全然わからなかったです。

萩原 まったくわからないよね。

大神 超速くて、これはヤバいと思って、帰国してから、英会話スクールに通ったんです。でもそのスクールはビジネス英語が中心なんです。すごくレベルが高いなと思って決めたんですけど、ビジネスに使うわけでもないしと思って……でもそういうきっかけで英会話スクールに通って、そこからずっと英語をやるようになったら、JX-ENEOSにトム・ウィスマンがアソシエイツコーチで来たり、トヨタ自動車ではドナルド・ベックやジェームス・ダンカンが来て……日本でも英語で話せる環境ができた分、2008年と比べても、今は問題なく一人でアメリカに行けるようになりました。

――大神さんがすごいのは、日本でも英語をやり続けたこと。WNBAでカットされたあとも続けていました。そのモチベーションは何でしょう?

大神 うーん、なんだろう……2008年以降、3回トライアウトを受けた頃ですよね?

萩原 やっぱり必要だと思ったんじゃないの?

大神 そうだと思います。

萩原 じゃないと続かないもん。

大神 本当にあのとき言葉の壁もそうだけど、環境だとか、正直な話、ホームシック……とは言いたくないけど、孤独感にすごく襲われて、日本から来てくださった方々が神でした。日本語が話せるので。実はあのときくらいから両親をすごく大切にするようになりました(笑)。

萩原 ハハハ。

大神 正直、そこからなんです。

萩原 日本からお客さんが来るとメッチャしゃべるよね?

大神 そうですね。

萩原 バーっとしゃべる。

――萩原さんはどうしていたんですか? 英語はしゃべれたんですか?

萩原 しゃべれないですよ。一緒ですよ、一緒。わからないから、何とかなると思って行くんですよ。でもなんともならないんだよね。

大神 そう。

萩原 行っちゃえば何とかなるのは旅行です。向こうで生活をする、ましてや私たちはコートの中で、たとえば「今のスクリーン、ちょっと遅いから、もう少し速いタイミングで、この角度でかけて」って英語で言えなきゃダメなんです。言えなければ「できない選手」と見なされてしまうから。英語ができないことで自分のポジションもどんどん失われてしまうということがわかって、でもできない。私は自分のなけなしの高校受験英語を駆使して「通訳をつけてくれ」ってチームにお願いしました。でも通訳もコートの中までは入ってこられないから、そこはハンデがあるなとすごく思いました。なんとかなるとよく言われるけど、実際にはなんとかなんて絶対にならない。

大神 私も最初だけ通訳をつけていました。最初のトレーニングキャンプに入れてもらう前のトライアウトからだったので、キャンプの1か月前くらいに行って、時差ボケを解消しながら、コーリー(・ゲインズ)のワークアウトなどを受けて、「いいんじゃない?」って言われて、トレーニングキャンプに入れてもらいました。そこからライバル選手と競り合って、最後にその選手がニューヨークにトレードされて、自分は1シーズン、フェニックスで戦うことができたんです。通訳はシーズンを通していなかったので、まぁ、会話がわかんなかったですね。

――そう考えると渡嘉敷来夢は恵まれているんでしょうか? 彼女は同級生(大西ムーアダイアンまどかさん)が通訳でついてくれました。

萩原 でもコートの中の会話をその場でおこなうっていうのは、さすがに通訳がいても難しいですよ。渡嘉敷はつらいということをあまり人に言いたがらないタイプけど、たぶん苦労はしたと思う。

大神 そう思います。

――そうか、さっきのスクリーンの話でも、そういわれてもとっさにはわからない。

萩原 いや、言われることは意外とわかるんです。バスケット用語だし。こっちが言いたいわけ。「もうちょっとこの角度でかけてほしい」とかってハードルがものすごく高い。

大神 だから最初は「OK、OK」しか言わないです(笑)。

萩原 わかった、わかったってね。

「本気で海外に行きたいと思ったら、語学は絶対」(萩原)

――本当に海外でやろうと思えば、やはり英語は欠かせない。大神さんはそれをずっと言い続けていました。審判に対してのコミュニケーション含めて。アンダーカテゴリーの日本代表でそういう勉強はしていない?

萩原 さすがにやっていない。たださっきの話じゃないけど、自分も含めて本気で必要だと思ったらやらなきゃダメだと思う。今の子たちが海外に興味があるけど、どうしたらいいかわからないというのは、本気じゃないんですよ。日本でやれたらいいと思っているんです。シンみたいに通訳をつけなかったことは本当に偉いと思うんですけど、たとえばしゃべれないと本当に困る人……アメリカに留学する人でも本気で英語を身に着けたい人は日本人の少ない学校に行くって言いますもんね。だから本気で、海外でプレーしたいと思ったら、英語の勉強するはずですよ。それをしないっていうのは、行きたいし、興味はあるけど、別に日本でもいいと思っているんでしょう。だからシンは続けられたんだと思います。できないと本当にすごく困るから。

大神 アメリカではメディアデーとかもあるので、そのときはすごく大変ですよ。カメラの前で何かを言わなければいけないので、最初は本当にちんぷんかんぷんでした(笑)。それ以外にもWNBAはプロなので、WNBA Caresというプログラムの一環で社会貢献活動もします。スポンサーの銀行の前でサイン会をやったり、トークショーをやったり、クリニックもやらなければいけない。もちろん英語で。

萩原 そうだよね。でもヨーロッパから来た選手などは英語がしゃべれるんです。

大神 うん。

萩原 私のときも1年目にロシアの選手がいて、2メートルの……

大神 (マリア・)ステファノーヴァ!

萩原 そう、ステファノーヴァ。

大神 懐かしい……。

萩原 1年目は私と一緒で全然しゃべれなかったのに、2年目に来たときはすごく流ちょうな英語をしゃべっていたの。だから彼女たちもちゃんと(英語の)トレーニングをするんだなって思ったし……あれは私の1年を恥じましたね。こんなにできるようになっているんだって。

大神 私も今回(シーズン終了後)ロシアリーグを見に行ったら、セルビアのシューターの(ソーニャ・)ペトロヴィッチがいたんですよ。彼女は4か国語をしゃべれるらしいんです。ロシア語、セルビア語、スペイン語、英語。びっくり! ああいう環境は本当にすごい。

――そういうところで日本は、行きたいと言ってもまだまだ意識が……

萩原 ないですね。だから本気じゃないんじゃないの? って思いますよ。当然、まだ日本語もしっかり話せない子も多いから。

大神 ハハハ。

萩原 でも本気で海外に行きたいと思ったら、語学は絶対ですよ。

文・三上太 写真・安井麻実