• HOME
  • report
  • W LEAGUE , Column
  • 【全文掲載】女子バスケットのレジェンド初対談!大神雄子×萩原美樹子の「女子バスケ温故知新」③世界〜日本女子の可能性

【全文掲載】女子バスケットのレジェンド初対談!大神雄子×萩原美樹子の「女子バスケ温故知新」③世界〜日本女子の可能性

「女子は可能性が十分にある。世界の2位〜12位は(順位ほどの)差はない」(大神)

――お二人はWNBAを含め、世界のバスケットに精通していると思います。萩原さんはアンダーカテゴリーのヘッドコーチだし、大神さんも今シーズン終了後に女子のロシアリーグを観戦しに行ったと聞きました。今の世界はどんな状況で、日本はそのなかでどのような位置にいますか?

萩原 女子に関していえばそれほど差はないと感じています。戦えない相手ではなくなってきているなと思います。これはアンダーカテゴリーも一緒で、バスケットの中身は違うところもあるんですけど、私たちが現役だったころは世界選手権に行っても16位とか、そのあたりだったから、そのころに比べると今はトップ10に入ってこられるようになってきているし、世界はだいぶん近づいてきていると思います。

大神 自分もそれをすごく感じます。本当に女子は可能性が十分にあると思います。正直に言えばアメリカは頭抜けていると思いますが、2位から、それこそオリンピックに出るなら12チームだから、2位から12位は(順位ほどの)差はないのかなと思います。

萩原 そうだね。

大神 よければ2位だし、でももしかすると12位の可能性もあるというくらい、アメリカ以外の(トップ)チームは拮抗しているのかなって。

萩原 それはそうね。

――日本のどこに、かつてはあった差を縮める要因があるのでしょう?

萩原 たぶん2つあって、1つは人材、つまり選手がいるってこと。間違いなく渡嘉敷来夢の存在は、今の女子日本代表にとって絶対的に大きいんですよ。ただ何となくだけど、渡嘉敷レベルとまではいかないまでも、ちょっとずつ体は大きくなってきていると思うんです。今は180センチ台前半の選手がオールラウンドにプレーできる。そのあたりが変わってきているのかなって。もう1つは、今日のテーマにもつながるんですけど、女子はアトランタに出て、その次のシドニー(2000年)は逃しているけど、その次のアテネ(2004年)に行って、北京やロンドンは逃しているけど、ずっとOQT(世界最終予選)で世界の扉を叩き続けている。そして一昨年のリオデジャネイロでしょ。つまり女子は世界に出るのが当たり前みたいになってきている。そこはすごく大きいと思います。

大神 うん、うん。

――勝てないまでも世界を知るというか、ノックし続けていることが世界との差を縮める要素になっていると。

萩原 そう。北京とロンドンは結果として出られなかったけど、OQTを戦った8年間というのはすごく大きな意味があって、シンたちがトライして、トライして、トライして、最後の最後でダメでという……北京のときは私もアシスタントコーチとして女子日本代表に入っていたんだけど、あれは大きいですよね。あれがあるから今があると思っています。

大神 今、オーさんに言ってもらったことで振り返ると、確かに2008年のOQTでは最後の1枠を争う前の試合、実質的な準決勝でキューバとギリギリの戦いをしたり、私にとって最後となった2012年のOQTでは、それこそ最後の1枠を争う決勝戦でやはりカナダとギリギリの戦いまで持ち込むことができたっていうのは、日本が世界で戦うのは当たり前になってきている証拠というか、あと一歩のところなんだって思えるんですよね。それこそ当時“ドペーペー”だった選手たちが今の日本代表の主力なんです。リュウ(吉田亜沙美)もそうだけど、今の女子日本代表の主力クラスがあのOQTで負けを経験していることを考えると、やっぱり「負けから勝っていく」んだな、あの8年は大きかったんだなって思います。もちろんバスケットスタイルもタク(渡嘉敷)が入ったことで変わったし、最近では宮澤(夕貴)や長岡(萌映子)、馬瓜(エブリン)など、身長が180センチ台でフォワードのできる選手が増えましたよね。

萩原 (赤穂)ひまわりとかね。

大神 そう。あの8年間にも藤吉(佐緒里)など身長が大きくてフォワードのできる選手はいたんですけど、間違いなく今のほうが大きいですよね。そう考えると、渡嘉敷もそうだけど、3番ポジションと4番ポジション……「ストレッチ4(フォー)」を含めて、そのポジションをプレーできる選手が増えたことは、戦術に安定するし、強いですよね。中国は3番から一気に190センチ台になりますから。そこのミスマッチを突かれるとか、世界的にそういう状況なので、今の日本のバスケットでそのポジションの人たちが増えたのは大きいかな。

萩原 ちょっとずつ大きくなってきているんだと思います。内海さんがよく言っていたのは「3番がいない」だったんです。それこそ藤原(有沙)とか内海さんの娘さん(亮子)だと170センチ台。あそこから比べると今はちょっとずつ大きくなってきているんだよね。

大神 今のアンダーカテゴリーだと、奥山(理々嘉・八雲学園3年)や今野(紀花・聖和学園3年)などは170センチ後半で2番をするなど、ガードも少しずつ大きくなってきているし、これからが楽しみですよね。

萩原 そうだと思う。

「U17世界選手権でアメリカの大学から声がかかった選手もいる」(萩原)

――その若い子たちの海外志向はどうでしょう? 男子は渡邊雄太、八村塁、田中力らがアメリカに出ていっています。女子の若い子はどうでしょう?

萩原 いますよ。たとえばU17……前回のスペイン・サラゴサでやったときの話だけど、U17ってアメリカの大学からものすごくたくさんのスカウト陣が見にやってくるの。正直に言うと、日本はガードのスキルがものすごく高いから、アメリカの大学から声がかかった子がいるんです。彼女たちも「ちょっと興味がある」と言う。だから今のアンダーカテゴリーの子たちでも海外に興味があるという子はいるにはいるんです。ただ、それを現実にすると、どうしたらいいかがわからない。ネットワークもないし、どこに、誰に言えばいいの? みたいな。それが現実。

――つなぐ人がいない。

萩原 そう。当然、学校の先生方にもご協力いただかなければいけないのですが、そういうことですよね。一人ひとりに本音を聞けば、興味がありますと答える子は本当にいるんです。ただシンくらい本気で、という子はなかなかいないですよね。本気でやる気があるなら、自分でそういうルートを取っていけばいいわけだから、

――大神さんはそれこそ長岡さんと一緒にアメリカでトレーニングをしていましたよね。彼女たち若い子から相談を受けたりする?

大神 はい。でもまさにオーさんのおっしゃるとおりなんです。行きたいけど、どうやって行けばいいかわからない。オフシーズンにアメリカにトレーニングに行きたいんですけど、どうしたらいいかわからない、という相談がすごく多いです。1つきっかけを作ってあげたら、それからは行けるんじゃないかなと思うので、それこそ一緒にトレーニングに行けたらいいなと思っているんですけど、それでも毎回、私がすべての選手と一緒に行くことはできない。誰かが助けてあげることができれば、オフシーズンの過ごし方、トレーニングの仕方も変わるんじゃないかなと思います。だからオーさんが今おっしゃったように、興味のある人はいるんですよ。実際に口にも出しているので。でもどうしたらいいかがわからないのが現状です。

――今後は大神さん自身もさまざまなことに挑戦するので、彼女たちの挑戦を一手に引き受けるわけにはいかないと思います。どうアドバイスをしますか?

大神 率直に言えば、そこはリーグや協会、チームが少しでも……たとえば自分が今所属しているトヨタ自動車なら、そこの関係者が「こういうところがあるけど行ってみるか?」とか、行動させる力をつけさせるなど、何もないところから何か手を差し伸べてあげることも大事かなと思います。

萩原 一番は英語じゃない?

大神 まぁ、それはそうですね。

萩原 英語ができれば彼女たちだって自分で行動できると思う。英語に自信がないから人に頼るんだと思う。だからどうすればいいかって聞くんです。語学ができれば、たぶんいろんな人をつかまえられると思う。

大神 確かにそうですね。

萩原 それこそアメリカでのワークアウトに連れて行ってもらったときに友だちになることもできるわけです。そこで英語ができれば、その人に来年も「行っていい?」って聞けるんです。英語ですよね。

大神 確かに(ヒル)理奈は今シーズンの途中でヒザを怪我しちゃったんですけど、そのままアメリカにトレーニングに行きました。リーグが終わってからもそうだし、リーグ期間中も、もちろんチームのサポートがあったんですけど、一人でポンと行っていました。彼女は英語も話せるし、向こうでひとりで行動できちゃうから。英語力。確かに必要です。

文・三上太 写真・安井麻実

こちらもおすすめ

Top