MAKE B-BALL MAJOR TALKING NATIONS 矢野良子×平将貴

3W代表、矢野良子スペシャル対談 part1

※本記事はバスケットボールスピリッツのWEB化に伴う、2018年11月発行vol.27からの転載

日本のバスケを盛り上げたい、と毎回熱いコラムを寄稿するNATIONS平将貴氏。今回は3×3で東京オリンピック出場を目指す矢野良子選手を迎えたスペシャルトーキング。知られざる女バスの日常、そしてまだまだ知られていない3×3の現状に迫ります。

Wリーガーの1日(矢野良子スペシャルバージョン)

 今回(2018年11月発行のバスケットボールスピリッツvol.27)はWリーグ特集ということで、その裏側を聞かせてください。施設面の環境が整っていたWリーグ時代はどれくらい練習してましたか?

矢野 寝てる時間以外(笑)。

 Bリーガーではありえないのでは?

矢野 ありえないと思うし、私もありえない時代を過ごしてきたなって思います(笑)。でも、先輩たちは私よりもっとやっていた時代でした。

 ちなみに1日のスケジュールは?

矢野 リーグ中は月曜が休み。火~金は練習で土日が試合。チーム練習は午前が10~12時、午後が3~6時。朝7~8時のシューティングも全員参加なので事実上のチーム練習かな。私の場合は、その前の6時からコーチと一緒に瞬発系の練習をしてました。ん?これは今も変わってない(笑)。朝練、午前、午後がチーム練習の基本。それに加えて朝朝練、朝練後、午前練習後、午後練習前、午後練習後、夕飯を食べてからの夜練。夜11時消灯なのに10時55分前まで練習して、ダッシュでお風呂に入る。5分でどうやって寝る準備しろって言うんだぁ、っていうね(笑)。JOMOでの3年目まではそんな感じでした。

 半端ないですね…(笑)今でもWリーグのトップ選手は同じくらいの練習量でやってるんですか?

矢野 今は朝練がある時点でブーイングが出ます(笑)。

 じゃあ、時間的な総量は減っている?

矢野 今紹介したのはあくまで私の個人的なスケジュールですから。

 普通、それだけ練習したら身体が壊れるような気がしますが?

矢野 昔の人は強いよね、壊れない(笑)。今ほど、前十字靱帯を切るようなケガ人もいなかったです。食べ物が変わったのもあるかもしれません。逆にプレースタイルがアメリカ風になってきているのに、日本人の体のままそれを真似しているからケガをしてしまうのかなぁとも思います。本当に基礎的なトレーニングをしながら、ケガをしない体作りをしていたんだと思います。オフにはマット運動をしたり。何が正解かは分からないです。

 ちなみに、毎日どれくらいシュートを打ってましたか?

矢野 1日500本。

 もちろんイン?

矢野 当たり前!打つだけだったら誰でもできるでしょ(笑)。その500本も3Pシュートだけ。それを達成するためにも練習の合間を埋めていかなければならず、結局は寝る時間以外は練習になってしまったわけです。

 確率は何割くらい?

矢野 最初は散々で倍ぐらい打っていました。5割ですが、毎日1000本ほど打つわけだから、消灯ギリギリまでかかってました。さすがに今は500本も打たないけど、200本ぐらいならば調子が良ければ20分程度で終わるからバァーッて打つこともあります。打つことでタッチの良さを確認し、自分自身を納得させることができます。

 Bリーグのクラブの中には、施設の問題が大きくそもそも自由に練習できる環境がないのが大きな違いだと感じますが?

矢野 環境がないという状況だけで言えば、今の私と変わらないです。でも、探せば練習する場所はいくらでもあります。

プロとしてどうなりたいか?やるかどうかは自分次第

 取捨選択の時代であり、今は情報も多く、環境もなくはないので自己投資をすれば良いと思います。

矢野 竹トレ(※パフォーマンス向上を目指すトップアスリートが集う『竹田塾』)に誘ったりしますが、絶対に男子は「きついからヤダ」って言われます。やはりステップアップするためには練習するしかなく、特に若い選手はその能力だけで今はできてしまっていることに気づいて欲しいのですが。

 プロ選手に対して、メンターやマネジメントする人がいないのでしょうか。サラリーマンでも面倒を見てくれる先輩やコーチングする第三者がいたりするものです。Bリーグになって一気にプロ選手の数が増えた感は否めません。ある意味で、人材の格差は広がっていて、貪欲にやる人は伸びるけど、一方で環境に対してエクスキューズして伸び悩んでいるという側面も男子は多いのかなと。逆に、お話を聞いていて、女子はトップアスリートとしてのいろはを叩き込まれるような環境があるように思います。

矢野 例えば栄養士さんを招いて、ケガをしないための食事の摂り方やサプリメントの情報を聞く機会があったり、違う競技のトレーナーさんから新たなトレーニング方法を取り組んだり、チームの中で試行錯誤していました。Bリーグの事情は分からないけど、結局は自分次第です。自分が何をしたいか、どうなりたいかが大事です。なにかしらのセンスを買われてプロになったわけですから、もう少し自覚を持った方が良いのかなとは思います。高卒でWリーグに入った私たちと違って、Bリーグの選手たちは大学で多くを学び、なにより20歳を越えた大人なわけですから。私が育ってきた時代とは違い、情報がある世の中だからこそ考える機会はいっぱいあると思います。

 

part2へ続く

文 泉誠一
写真 安井麻実

 

3W代表 矢野良子
女子トップリーグで20年プレー(JOMO~富士通~トヨタ)し、リーグ制覇4回、皇后杯優勝6回。日本代表としてアテネ五輪に出場。2017年、3×3へ転向し2度目の五輪出場を目指す。
Twitter: @ryokoyano  Instagram: @tripledouble2018

 

MAKE B-BALL MAJOR
B.LEAGUE、NBA、日本代表、3×3、ストリート、学生バスケ。「すべてのバスケファンが集まるプラットフォームアプリ」 ”NATIONS” を運営する株式会社NATIONSの平将貴社長からスポーツビジネスの最前線にまつわる連載コラムの寄稿をいただきました。この記事はバスケットボールスピリッツフリーペーパーでの連載を転載しています。

株式会社NATIONS 代表取締役社長 平将貴
Twitter: @Masataka_Taira

グリーやメタップスなどITベンチャーでの幅広い経験を活かし、スポーツビジネスに参入。日本のバスケットボールビジネスを底上げすることをミッションとして奔走中

NATIONS
バスケットボール好きは是非ダウンロード!。
さぁ、バスケを盛り上げましょう!
https://www.nations.fun

こちらもおすすめ

Top